陰毛に除毛クリームを使うメリット・デメリット4選|使い方に注意してツルツルになろう!

陰毛に除毛クリームを使用できるのかな?

そのようにお考えではありませんか。

シェーバーで陰毛処理をしていたけどすぐジョリジョリして生えてくる。また処理後チクチクして痒くなるし、肌が荒れて汚い。

もし除毛クリームが陰毛に使うことができ、シェーバーによる処理で起きていた問題を解消できたら理想的ですよね。

そんなあなたに朗報です!
除毛クリームはシェーバーよりも肌荒れのリスクを抑え、陰毛をツルツルにできます。
この記事を読むとそのことがよくわかります。

本記事では以下について解説します。

本記事からわかること
・陰毛に除毛クリームを使用するメリット・デメリット4選
・除毛クリームの選び方
・おすすめの除毛クリーム
・【除毛クリームではない】陰毛をツルツルにする方法2選
この記事を読むと陰毛に除毛クリーム使用すべきかどうかわかり、また陰毛に除毛クリームを使用する場合に肌荒れのリスクを抑えながらツルツルにする方法がわかります。
本記事は3分で読める内容となっているので、ぜひ御一読ください。
\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)

陰毛に除毛クリームを使用するメリット・デメリット4選

陰毛に除毛クリームは使用可能ですが、メリットとデメリットが存在します。

ここではメリットデメリットを詳しく解説していきます。

メリット

陰毛に除毛クリームを使用するメリットは以下の二つです。

  • シェーバーに比べ肌への負担が少ない
  • 毛がチクチクしにくい

シェーバーに比べ肌への負担が少ない

除毛クリームによる陰毛処理は、シェーバーに比べて肌への負担が少ない特徴があります。

シェーバーは陰毛を処理するときに刃が肌に当たってしまうため、肌が傷つき肌荒れが起きてしまいます。

一方除毛クリームは毛のタンパク質を溶かす成分によって、肌の表面に毛を取り除くことが可能なため、直接肌へのほとんどありません。

毛がチクチクしにくい

除毛クリームは皮膚の表面に生えてる毛を溶かし、毛の表面が鋭利に尖ることがないので、肌がチクチクしにくくなります。

そのため陰毛処理後の痒みも起きずらいので、陰毛処理による痒みに困っていた方には、最適な処理方法と言えるでしょう。

デメリット

陰毛に除毛クリームを使うデメリットは以下の二つです。

  • 肌に合わない可能性がある
  • 脱毛はできない

肌に合わない可能性がある

除毛クリームに含まれる成分が肌に合わない時は、肌荒れが起きてしまう可能性があります。

また敏感肌な方は除毛クリームの刺激によって肌が赤くなるケースも。

そのため除毛クリームを使用するときは必ずパッチテストを行い、肌に合うか確認することが大切です。

脱毛効果はない

除毛クリームは皮膚から生えてる毛を溶かせますが、毛根には作用しないので、脱毛効果はありません。

そのため除毛クリーム処理してもすぐに毛は生えてきます。

減毛したいかたや生えるスピードを遅くしてツルツルにしたい方は、サロンやクリニックでの脱毛が良いでしょう。

除毛クリームの選び方

肌荒れを抑え除毛クリームで陰毛をツルツルにしたい方は、以下の3つのポイントをおさえて除毛クリームを選ぶことが大切です。

  • 刺激が少ないものを選ぶ
  • 保湿成分が含まれているものを選ぶ
  • VIO対応しているものを選ぶ

刺激が少ないものを選ぶ

陰毛に使用する除毛クリームを選ぶときは、なるべく低刺激の商品を選ぶことが大切。

陰毛が生える部分はデリケートゾーンなので刺激に敏感です。

そのため刺激が強い除毛クリームを使用すると肌荒れを起こす可能性が高くなります。

保湿成分含まれているものを選ぶ

保湿成分は肌への負担を和らげる効果があるため、除毛クリーム使用後の肌荒れのリスクを軽減する効果があります。

以下のような成分が入っているのかチェックすると良いでしょう。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • 植物エキス

VIO対応しているものを選ぶ

除毛クリームは薬剤が含まれているため、商品によっては皮膚の薄い部分やデリケートな部分には使用できない可能性もあります。

そのため陰毛使用できるかどうか、必ずチェックしましょう。

陰毛につかえるおすすめの除毛クリーム

肌荒れを抑えて陰毛をツルツルにしたい方におすすめなのが「スカルプDリムーバークリーム」。

スカルプDリムーバークリームは高い除毛力と肌への優しくを両立した除毛クリームです。

主に以下の3つの特徴があります。

  1. コラーゲンやヒアルロン酸などの高保湿成分を配合
  2. 複数の項目で肌へのテストを実施(パッチテスト、アレルギー、etc)
  3. セラミド配合による美肌効果

除毛クリームで陰毛を処理を始めたい方は、スカルプDリムーバークリームをぜひお試しください。

 

【除毛クリームだけじゃない】肌荒れのリスクを抑えてツルツルにする方法2選

これまで陰毛の除毛クリームを使用することについて解説してきました。

除毛クリームは陰毛ツルツルにするために効果的な方法ですが、人によっては肌荒れが起きるデメリットが存在します。

そんな方のために肌荒れがなく、陰毛を確実にツルツルにする方法を2つ紹介します。

  • 家庭用脱毛機
  • サロンやクリニックの脱毛

家庭用脱毛機

家庭用脱毛器は、自宅で簡単に脱毛ができる光脱毛器。

医療脱毛や脱毛サロンの脱毛よりは安全面により効果は落ちますが、時間がない方やお金をかけたくない人にはおすすめになります。

■家庭用脱毛器の特徴
  • 好きな時、好きな場所で脱毛ができる
  • 陰毛周りも自分でできるため、恥ずかしくない
  • 医療脱毛やサロンと比べて、脱毛の効果は低い
  • 一時的な減毛効果であることが多く、永久にツルツルにするのは難しい
  • 相場は10,000~70,000円
  • 輪ゴムで弾かれる程度の痛みであることが多い

サロンやクリニックの脱毛

サロンやクリニックでの脱毛は、どんなに陰毛が濃い方でも確実に効果を実感することができます。

また他の陰毛処理方法と比べ、肌荒れのリスクがほとんどありません。

ただしサロンやクリニックの脱毛は料金が高くなるので、お金をかけてでも確実にツルツルな陰部にしたい方にはおすすめになります。

■サロンやクリニックの脱毛の特徴
  • 毛が濃い方でも確実にツルツルにできる
  • 1度脱毛すると生えるスピードが遅くできる
  • 脱毛方法によっては永久脱毛も可能
  • 相場は50,000円〜70,000円
  • 初回体験でお得に脱毛効果を試せる【〜1,000円】
  • 家庭用脱毛機に比べ痛みが強い

\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)

陰毛と除毛クリーム まとめ

陰毛に除毛クリーム使うメリット・デメリットについて詳しく解説しました。

・陰毛に除毛クリームを使用するメリット「シェーバーに比べ肌への負担が少ない」「毛がチクチクしにくい」
・陰毛に除毛クリームを使用するデメリット「肌に合わない可能性がある」「脱毛効果はない」
・除毛クリームの選び方「刺激が少ないものを選ぶ」「保湿成分が含まれているものを選ぶ」「VIO対応しているものを選ぶ」

陰毛に除毛クリームを使用する最も大きなメリットは、シェーバーに比べ肌への負担が少なく、肌荒れが起きにくいことです。

しかし除毛クリームの成分が肌に合わない方は、赤く腫れてしまうことがあるので、使用前は必ずパッチテストを行うことが大切。

肌荒れを確実におさえて、陰毛をツルツルにしたい方は、脱毛がおすすめです。

最近では初回の脱毛体験を1,000円ほどうけられるクリニックやサロンも増えてきています。

当メディアを運営するMen’s Selfは通常価格18,000円する脱毛体験を、初回1,000円で受けることができます。

1回の体験脱毛でも脱毛効果を実感される方も多くいるので、ぜひランチ1回分の値段で陰毛脱毛を体験してみてください。

\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)

PAGE TOP