【もう失敗しない】脱毛クリームの使い方|3つのコツも解説

脱毛クリームの使い方|間違いがちな3つの注意点も解説

  1. クリームを塗る
  2. 5分程待つ
  3. スポンジで毛を取り除く
  4. 水で洗い流す

1.お風呂でクリームを塗る|水気・毛の長さに注意

脱毛クリームに付属しているスポンジを使用し、気になる部位の毛が隠れるまでクリームを均等に塗ります。

この際、髪の毛や爪に脱毛クリームが付着しないよう注意しましょう。

また、最終的に水で流す必要があるため、お風呂などで使用することをおすすめします。

注意点①水気を取ってから使用する
肌に水分が付着しているとクリームが肌に馴染まず、効果的に脱毛をすることができません。
注意点②長い毛は処理してから使用する
毛が長い状態で脱毛クリームを使おうとすると必要なクリームの量が多くなるため、肌荒れをを起こす恐れがあります。

2.5分程待つ

クリームを塗ったら5分程待ちます。待ち時間は商品ごとによって異なりますのでご使用になる商品の時間を確認しましょう。

3.スポンジで除毛する|水だけでは残り毛が!

規定時間待ったら、まずはスポンジを用いてクリームを取り除きましょう

この際、水も流しながら用いることで肌への摩擦を軽減することが可能になります。

注意点③水だけでは除毛できない
脱毛クリームを用いた後は、まだ毛が残っている箇所も存在します。このため、スポンジで擦ることで毛を取り除いてあげる必要があります。

4.水で洗い流す

最後は水またはぬるま湯でクリームを洗い流しましょう。

脱毛クリームが肌にずっと残っていると肌荒れを起こすリスクがあるため、洗い残しがないか確認しましょう。

毛が太い方はメンズ用除毛クリームがおすすめ
メンズ用の除毛クリームは男性の太い毛もしっかりと除毛できるため、正しいやり方をしても毛が残ってしまう方や、毛が太くて心配な方におすすめです。

脱毛クリームは肌荒れを起こす!事前にパッチテストをするのがおすすめ!

脱毛クリームは毛に含まれるタンパク質を溶かすことで、除毛することができます。

ただし、脱毛クリームが毛だけでなく肌にも作用することで肌荒れを起こすことも。特に、肌が弱い方や敏感肌の方は脱毛クリームが肌に合わないケースも多いため注意が必要です。

脱毛クリームを使っても大丈夫かどうかは、パッチテストを行うことで調べることができます。

パッチテストの手順
①クリームを少量(10円玉程度)を脱毛箇所に塗布する
②5分程度待ったら洗い流す
③48時間程度経過して赤み、かゆみなどの異常がないかどうか確認する
https://mensself.jp/8437

肌トラブルを避けるなら脱毛サロンがおすすめ

脱毛クリームは毛を溶かして脱毛する行為のため、肌に負担がかかってしまいます。

肌トラブルは避けたい、という方は脱毛クリームではなく、脱毛サロンでの脱毛に挑戦することをおすすめします。

脱毛サロンなら施術を繰り返すことで徐々に毛が生えてこなくなるため、自己処理の機会が減り、肌に刺激を与える心配がなくなります。

↓↓↓業界最安水準の脱毛サロンはこちら↓↓↓

\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)

 

脱毛クリーム 使い方 まとめ

今回は脱毛クリームの使い方について解説しました。

▼脱毛クリームの手順

  1. クリームを塗る
  2. 5分待つ
  3. スポンジで毛を取り除く
  4. 水で洗い流す

▼脱毛クリームよりも脱毛サロンがおすすめ

脱毛クリーム 脱毛サロン
肌荒れ ×
持続時間 ×
費用(短期) ×
費用(長期) ×

今回は脱毛クリームの使い方について解説しました。ムダ毛を剃り残しなくツルツルにするために、この記事がお役に立っていれば幸いです。

\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)

PAGE TOP