けつ毛脱毛で生活の質がアップ!自己処理や脱毛の方法をご紹介

「濃いけつ毛が気になるから脱毛したい」

あなたは今、そうお考えではありませんか?

「夜の営みの時に濃いけつ毛がパートナーに見られていないか気になる」「けつ毛に排泄物や汗がくっついて汚い」
もしけつ毛を脱毛でなくすことができたら外見的にも衛生的にも嬉しいですよね。

ズバリ申します!
「けつ毛の脱毛はQOL(生活の質)が圧倒的に上がります!」
この記事を読めばそのことが分かります。

確かに、脱毛しなくてもカミソリで剃ったり除毛クリームを使用することはできます。
しかし、これらの方法は一時的な対処になるため面倒な自己処理がずっと続いてしまいます。

さらに、この記事ではけつ毛を脱毛する際の施術の流れや自己処理の方法もしっかり解説しているため初めての脱毛でも戸惑うことがなくなります。

この記事がけつ毛で悩むあなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

けつ毛脱毛の2つのメリット|生活の質がアップする

けつ毛脱毛には以下の2つのメリットがあります。

  • 清潔な状態をキープできる
  • 見た目がスッキリする

清潔な状態をキープできる

けつ毛があると排泄物が着いてしまったり汗で蒸れたりと不衛生になりがちです。

けつ毛を脱毛することによってトイレの後に拭きやすくなり拭く回数も少なくなります。

また、お尻や肛門の周りには汗腺が多いため汗が出やすく蒸れてしまいますが脱毛することで蒸れを抑え臭いの発生を抑えてくれます。

見た目がスッキリする

けつ毛を脱毛すると外見的にもスッキリするため、夜の営みの際にけつ毛が気になることもなくなります。

Panasonicが行った調査によると91%の女性がお尻や肛門の毛が濃い男性を嫌いであると答えています。

パートナーに引かれないためにもけつ毛をしっかり脱毛しましょう。

市販のワックスや除毛クリーム、家庭用脱毛器での自己処理は難しい

お尻の毛は自分で見ることが難しく、特に肛門周りの皮膚は薄いため自分で処理するのはかなり難しいです。

うまく処理ができないと出血や肌荒れなどのトラブルを引き起こすこともあります。

さらに、これらの方法は一時的な処置のためすぐに生えてきてチクチクしてしまい不快に感じることがあります。

これらのことを考えると自己処理ではなく脱毛で根本的にけつ毛をなくすようにしましょう。

3種類の脱毛を徹底比較!自分に合った脱毛を選ぶポイント

脱毛の施術には大きく分けて「光脱毛」「ニードル脱毛」の3つがありそれぞれ特徴が異なります。

それぞれの脱毛方法のメリットとデメリットをしっかりと知った上で最適な脱毛方法を選びましょう。

      光脱毛    医療レーザー脱毛     ニードル脱毛
    脱毛の仕組み フラッシュの熱を使用して毛根の細胞に作用させる レーザーの熱を使用して毛根の細胞に作用させる 電流の通った器具を毛穴一つ一つに挿入する方法
      痛み 他の施術方法に比べて痛みが少ない 肌への負担が大きく痛みを感じやすい 最も強い痛みを感じる
    回数の目安 12~18回(2年~3年) 5~8回(1年半~2年) 5~18回(1年~2年)
      値段 最も安く施術できる 光脱毛より高い 最も高い

光脱毛の特徴

光脱毛は、ムダ毛が生える根本的な原因である毛根・毛乳頭・毛母細胞といった発毛組織に直接光を当てて脱毛していく施術方法で主にエステサロンや脱毛サロンで受けることができます。

光脱毛のメリットは、痛みが少なく料金が比較的に安いことです。

光脱毛は痛みに弱い方、脱毛の料金を低く抑えたい方におすすめの施術方法です。

光脱毛のデメリット
光脱毛は他の方法に比べてツルツルになるまで最も時間がかかる脱毛方法になります。
高いをお金を払ってでもすぐツルツルになりたい人には向かない脱毛方法になります

医療レーザー脱毛の特徴

医療レーザー脱毛は、光より強い出力のレーザーを発毛組織に当てて脱毛する施術方法のことです。

医療レーザー脱毛の特徴は光脱毛に比べてツルツルになるのが早いことです。

脱毛にしっかり予算をかけれる人、肌が強く痛みに耐えれる人は医療レーザー脱毛がおすすめです。

医療脱毛のデメリット
医療脱毛は、光脱毛に比べて痛みを感じやすく肌への負担もかかる施術方法になります。
痛みに弱い方、肌が敏感な方には向かない脱毛方法になります。

ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛は毛穴に金属の針を差し込み、電流を流して発毛細胞を破壊する施術方法です。

施術をした毛穴からはけが再生することがないため確実に脱毛することができます。

ニードル脱毛のメリットは、レーザーや光を当てることができない白髪や日焼けした肌にも施術ができる点です。

ニードル脱毛は、脱毛する毛の量が少ない部分的な脱毛をしたい人におすすめな脱毛方法になります。

ニードル脱毛のデメリット
ニードル脱毛のデメリットは他の方法に比べて圧倒的に高いことです。お金に余裕があり、脱毛にしっかりとお金をかけれる人以外おすすめしない脱毛ほうほうになります

まずはMen’s Self(メンズセルフ)の1000円でできる脱毛体験がおすすめ

けつ毛を脱毛したいと考えている方に注意していただきたいのが、「いきなり高い金額を払って契約しないでください!」。

今の脱毛業界は競争が激しいため、強い勧誘で高い金額の契約をしようとします。

なかには30万円の契約をしてプランを完了したのに毛がなくならないという人もいます。

そこでおすすめなのがMen’s Self(メンズセルフ)の1000円でできる脱毛体験です。

 

Men’s Self(メンズセルフ)の脱毛体験をおすすめする理由は以下の3つです。

セルフで脱毛するから恥ずかしくない

Men’s Self(メンズセルフ)の脱毛はセルフ(自分自身)で脱毛するためけつ毛脱毛などの際に人に見られて恥ずかしいということがないです。

また、自分の毛が濃くて気になる部位のみを脱毛できます。

他の脱毛サロンだとどうしても部位ごとに料金が違ったり、セットになっていることがあるので気にならない部位にもお金をかけないといけない場合があります。

セルフでやるからとにかく安い

Men’s Self(メンズセルフ)の脱毛には施術スタッフがいないため人件費がかからないので値段を安く提供することができます。

脱毛体験が1000円でできるのもそれが理由です。

この機会にぜひ格安で脱毛体験をしてみましょう。

男性の根強い毛に特化した機器を使用している

Men’s Self(メンズセルフ)の脱毛機器は男性の根強い毛に効果があるように特化して開発されています。

そのため、最大で大手他社の2倍の出力で施術することができます。

たった一回の脱毛体験でも効果を実感していただける強さです。

痛みが気になる方は、弱めて施術することもできます。

 

けつ毛を脱毛する前の自己処理の手順

脱毛する前には脱毛箇所を自己処理する必要があります。

他の部位に比べてけつ毛は自己処理が難しいため、トラブルのリスクを減らせる自己処理の手順を紹介します。

けつ毛を自己処理する際には以下のアイテムを揃えるようにしましょう。

けつ毛の自己処理に必要な物
・鏡
・電気シェーバー(カミソリに比べて安全に自己処理できる)
・蒸しタオル
・保湿クリーム
これらのアイテムを揃えたら自己処理を行なっていきます。
けつ毛の自己処理6ステップ
①お風呂に入り毛や皮膚を柔らかくする
②水分をしっかりと拭く
③蒸しタオルでさらに毛や皮膚を温める
④片方の膝を立てて毛の流れい沿って電気シェーバーを当てていく
⑤鏡にまたがり剃り残しがないか確認しながら処理していく
⑥処理後はしっかり保湿クリームを塗りケアする

 

けつ毛脱毛 まとめ

今回はけつ毛の脱毛について詳しく解説してきました。

  • けつ毛脱毛には、「清潔な状態をキープできる」「見た目がスッキリする」という2つのメリットがある
  • けつ毛は安くて痛みがすくない光脱毛がおすすめ!

この記事がけつ毛で悩む方のお役に立てれば幸いです。

PAGE TOP