「ほくろに生えた毛」「ほくろ周辺の毛」タイプ別の脱毛法を紹介!

ほくろに生えている毛・ほくろ周辺の毛を脱毛する方法を知りたい。」

そのようにお考えではありませんか。

「ほくろに生えてる毛」「ほくろ周辺の毛の脱毛」について様々な情報がありますが、誤った情報が多いのでどの情報が正しいのかわからないですよね。

この記事を読めばほくろの毛・ほくろ周辺の毛を脱毛するための方法を知ることできるので、ほくろの脱毛に関して正しい知識を得ることが可能です。

3分で読める内容となっているので、是非ご一読ください。

本記事から分かること
・「ほくろに生えてる毛」を脱毛する3つの方法
・「ほくろ周辺の毛」を脱毛する方法
・費用を抑えて「ほくろに生えてる毛」と「ほくろ周辺の毛」を脱毛する方法
・ほくろの脱毛に関してよくある質問

「ほくろに生えた毛」を脱毛する2つの方法

ほくろに生えた毛は、一般的なサロンやクリニックで用いられる光脱毛や医療レーザー脱毛では脱毛することはできません。

光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛のメラニン色素に反応するレーザーによって毛根にダメージを与えて脱毛します。

しかしほくろはメラニン色素によってできているため、一般的に用いられるレーザーを照射してしまうほくろにダメージを与えてしまいます。

そのため「ほくろに生えた毛」は特殊な脱毛法を用いる必要があります。

ここではほくろに生えた毛を脱毛できる2つの脱毛法についてご紹介します。

  • ニードル脱毛
  • 蓄熱式脱毛

ニードル脱毛

美容電気脱毛

ニードル脱毛とは毛穴一本ずつに針をさし、電気を流すことで毛根にダメージを与える脱毛法。

医療レーザ脱毛や光脱毛と違い、メラニン色素があるほくろにも脱毛可能となっています。

メリット

ニードル脱毛のメリットは以下の三つとなります。

・一回の施術で脱毛完了
・どんな肌・毛でも施術できる
・施術前に毛を剃る必要がない

ニードル脱毛の1番のメリットはどんな肌・毛でも施術できるため、ほくろがある部位に限らず、シミ・日焼けした肌・白髪などでも脱毛可能です。

また一回の施術で脱毛完了できるため、短期間で脱毛完了できます。

デメリット

ニードルの脱毛のデメリットは以下の2つになります。

・料金が高い
・痛みが強い

ニードル脱毛の1番のデメリットは、料金が高いこと。

ニードル脱毛は毛穴に針を一本一本に刺していくため、他の脱毛法に比べ時間と労力がかかってしまいます。

そのため料金プランは「一本あたり○円」と設定されていることが多いです。

一本あたりの費用相場は500円とされており、仮に髭(2万本〜2万本)を脱毛する場合は、総額で200万円ほどかかります。

また脱毛の種類の中で1番痛みが強いのが特徴。

蓄熱式脱毛

光脱毛

蓄熱式脱毛とはメラニン色素に反応しにくい特殊なレーザーを用いて毛に直接作用するのではなく、毛を生やす指令を出す「バルジ領域」を破壊する脱毛法。

バルジ領域を破壊することで、毛が生えないようにすることが可能です。

メリット

蓄熱式脱毛のメリットは以下の3つとなります。

・どんな肌や毛に施術可能
・副作用のリスクがほとんどない
・痛みが少ない

蓄熱式脱毛もニードル脱毛同様、ホクロ以外にも「シミ・日焼けした肌・白髪」などのどんな肌や毛でも施術可能です。

加えて特殊なレーザーを用いるため、痛みも少なく副作用のリスクがほとんどないことも特徴。

デメリット

蓄熱式脱毛のデメリットは以下の3つになります。

・脱毛効果が弱い
・他の脱毛の種類よりも実績が少ない
・導入されている「サロン」「クリニック」が少ない
蓄熱式脱毛の1番のデメリットは脱毛効果が弱いこと
加えて脱毛効果が出るまでも時間がかかりやすいと言われています。
またバルジ領域を破壊する蓄熱式脱毛は最新の理論のため、脱毛の実績が少ないです。
そのため蓄熱式脱毛を導入されている「サロン」「クリニック」はあまり多くないとされています。

「ほくろの周辺の毛」を脱毛する方法

ほくろの周辺箇所だけ脱毛したい方は、一般的な脱毛法である「光脱毛」「医療レーザー脱毛」で施術することが可能です。

ただしほくろにレーザーによる影響が出ないように、対策を行う必要があります。

  • シールでほくろを保護する
  • 照射の出力を下げる

ほくろをシールで保護する

万が一ほくろにレーザーが当たってもいいように、白い保護シールを使用します。

レーザーはメラニン色素に反応するため、保護シールを使用することで、レーザーがほくろに反応するのを防ぎます。

そのためほくろ周辺の脱毛をお考えの方は、サロンやクリニックが保護シールを用意しているのかカウンセリングで伺っておくと良いでしょう。

照射の出力を下げる

フラッシュ式のレーザー脱毛

ホクロへの影響を抑えるためにレーザーの照射出力を下げるケースがあります。

そうすることでホクロにレーザーが反応しても、ダメージを抑えることができます。

ただし照射出力を下げると脱毛効果も下がってしまうデメリットも。

そのため短期間でホクロ周辺の毛を脱毛したい方は、保護シールを使用する方が良いでしょう。脱毛回数・脱毛にかかる時間を減らせます。

脱毛とほくろに関してよくある質問

脱毛でほくろは消える?

医療レーザーや光脱毛(SHR方式以外)などのメラニン色素に反応するレーザーによってダメージを与える脱毛法は、ほくろを消してしまう可能性があります。

出力は違いますがほくろ除去に用いれるレーザーも、脱毛で用いられるレーザーと同じとなっています。

ただし基本的にほくろに生えている毛を脱毛する時は、「ニードル脱毛」「蓄熱式脱毛」を用いると誤ってほくろが消えることを防げます。

脱毛でほくろは濃くなる?

医療脱毛や光脱毛のレーザーがほくろに当たると、ほくろ除去用のレーザーと出力が異なるため、ほくろが濃くなる可能性があります。

ただし一時的なものが多いので、時間の経過ととも元の色に戻ります。

脱毛でほくろは増える?

脱毛の直接的影響でほくろが増えることはありません。

ただし脱毛後に保湿によってスキンケアを行っていない場合は、ほくろが増える可能性があります。

脱毛後の肌は軽い火傷が起きてる状態のため炎症しやすい状態。

そのため炎症がひどくなるとメラニン色素が大量に分泌されてしまい、ほくろができることも。

そのため脱毛後の保湿は必ず行うことが大切です。

脱毛でほくろは膨らむ?

医療脱毛や光脱毛のレーザーがほくろに反応して焦げてかさぶたになることで、ほくろが膨らむことがあります。時間の経過とともに落ち着いてくるので心配する必要はないでしょう。

脱毛とほくろ まとめ

今回は脱毛とホクロについて解説しました。

ほくろに生えている毛を脱毛できる2つの脱毛法
・ニードル脱毛
・蓄熱式脱毛
ほくろ周辺の毛を脱毛するため2つの対策
・保護シールを使用する
・照射の出力を下げる

ほくろに生えている毛を脱毛できないという情報は多いですが、ニードル脱毛や蓄熱式脱毛を用いればしっかりと脱毛することは可能です。

またほくろ周辺の毛はしっかりと対策することで、通常の光や医療のレーザー脱毛でしっかりと脱毛することができます。

「ほくろに生えている毛」とほ「くろ周辺の毛」を費用を抑えて短期間で脱毛したい方は、ニードル脱毛でほくろの毛を施術し、光脱毛でほくろ周辺の毛を脱毛すると良いでしょう。

ニードル脱毛は毛一本あたりの料金プランとなっていることが多いので、ほくろに生えた毛だけなら費用を抑えて短期間で施術を終えることができます。
また光脱毛は医療レーザー脱毛に比べ、費用を抑えて脱毛することが可能です。

当メディアを運営する脱毛サロン「Men’s Self」は3億円で脱毛効果を高めた最新の光脱毛の機械を開発しているので、通常の一年半かかる脱毛を最短半年で完了することができます。

もし気になった方は1000円で受けられる脱毛体験と無料相談を受け付けてるので、下記のURLから気軽にお申し込みください。

PAGE TOP