ヒゲ脱毛中に日焼けはNG?海やプールにも行ける対策4選をご紹介

ヒゲ脱毛中って日焼けをしてはいけないの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

脱毛をしようとネットで検索をしていると、ヒゲ脱毛中は日焼けをしてはいけないと書かれていた。
もし、ヒゲ脱毛中でも日焼けをして、海やプールに行けたら理想的ですよね。

結論から申し上げますと、過度な日焼けではない限りヒゲ脱毛をすることが可能です。

この記事を読むことで、ヒゲ脱毛中でも海やプールにも行ける方法を知ることができます

他にも「ヒゲ脱毛におすすめのサロン」や「万が一日焼けをしてしまった場合の対処方法」もご紹介するため、日差しを浴びながら理想のツルスベ肌を実現します。

脱毛期間中に日焼けをしてもいいかお悩みの方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

  • ヒゲ脱毛中に日焼けができない理由は「肌トラブルが起きやくなる」「脱毛の痛みが強くなる」「脱毛効果が減る」
  • 日焼けを防ぎながら脱毛をする方法はTop3は「日焼け止めクリームを使う」「薄着の長袖長ズボンを着る」「ファイスガードや日傘を使う」
  • ヒゲ脱毛を行うなら、安くて早い「Men’s Self(メンズセルフ)」
  • ヒゲ脱毛期間に日焼けをした場合の対処方法は「日焼け部分を冷やす」「保湿ケアをする」「ビタミンCを摂取する」

\最短4ヶ月で髭脱毛が完了!
【先着30名】脱毛の体験申し込み!

ヒゲ脱毛中に過度な日焼けができない3つの理由|メラニン色素に原因あり!

髭脱毛中に日焼けができない3つの理由

ここでは、そもそもなぜヒゲ脱毛中に過度な日焼けができないかを解説します。

ヒゲ脱毛は、光・レーザー脱毛で行うことが一般的です。

光・レーザー脱毛は、毛のメラニン色素(黒い部分)を通し、毛根に熱を与えて脱毛しています。

日焼けをした黒い部分は「メラニン色素」でできているため、ヒゲ脱毛中に日焼けをしてしまうと、以下の3つが起こる可能性があります。

  • 肌トラブルが起きやすくなる
  • 脱毛時の痛みが強くなる
  • 脱毛効果が減る

肌トラブルが起きやすくなる

日焼けしている腕

日焼けをしてしまうと、脱毛中に肌トラブルが起きやすくなります。

紫外線を浴びると、肌は刺激から身を守るためにメラニン色素(黒い色素)を分泌

そのため、日焼け止めをつけないでプールなどに行くと、肌が黒くなってしまうのです。

光・レーザー脱毛はメラニン色素を通して毛根に熱ダメージを与えています。

そのため、日焼けによって黒くなった肌に反応してしまい、やけどなどの肌トラブルが起きやすくなってしまいます

脱毛時の痛みが強くなる

髭脱毛を痛がる男性

脱毛は毛のメラニン色素を通じて、毛根に熱を与えています。

しかし毛の一本一本に光・レーザーを照射するわけではないため、肌にも熱が加わります。

そのため、脱毛時には熱による痛みがあることが一般的です。

日焼け部分はメラニン色素があるため、熱を吸収しやすい特徴があります。

それゆえ日焼けをすると、脱毛時の痛みが強くなってしまうのです。

脱毛効果が減る

脱毛効果が弱くなる

上記で解説した通り、日焼けをしてしまうと「肌トラブルが起きやすく」「脱毛時の痛みが強く」なってしまいます

そのため光・レーザーの照射レベルを弱めて脱毛をする必要があります。

その結果、脱毛の効果が減ってしまい、脱毛が完了するまでの時間が長くなってしまうのです。

ヒゲ脱毛中にどの程度まで日焼けをしていいのか?

基本的にヒゲ脱毛中は日焼けをしてはいけませんが、以下の肌の色を目安に考えるといいでしょう。

OK OK OK OK 要注意 不可
肌の色 明るい肌色 やや明るい肌色 淡黄白色
標準的な色
小麦色
茶褐色
褐色 濃褐色
黒褐色

(※肌の色はイメージです)

実際、少しの日焼け程度であれば、ヒゲ脱毛をできることが多いです。

そのため海やプールなどでガッツリと日焼けをしない限りは脱毛をできると考えて大丈夫です。

しかし元々色黒だったり、日サロで日頃から肌を焼いている人は、脱毛ができない可能性があります。

自分で判断できない場合は、脱毛サロンやクリニックのスタッフにお尋ねください。

日焼けを防ぎながらヒゲ脱毛をする4つの方法|これをすれば光脱毛もできる!

ここでは日焼けを防ぎながら、ヒゲ脱毛をする4つの方法をご紹介します。

  • 日焼け止めクリームを使う
  • 薄着の長袖長ズボンの服を着る
  • フェイスガードや日差しを使用する
  • 紫外線の強い時間帯の外出を控える

上記でご紹介したニードル脱毛とSHR脱毛にはデメリットがありました。

しかし日焼けをしっかりすることで光脱毛も可能人なり、日差しがある場所でも自由に行動することができます。

日焼け止めクリームを使う      

日焼け止めクリーム  

日焼け止めクリームを使うことで、日焼けを防ぐことができます。

日焼け止めは、メラニン色素の生成に関係ある「紫外線」を大きくカット

そのため、日頃から日焼け止めを使うことで、ヒゲ脱毛中でも海やプール、バーベーキューなどにも行くことも可能です。

日焼け止めの選び方
・普段の生活で使う場合:「SPA20/PA++」
・日常で日差しを浴びる人:「SPA20~50/PA+++」〜「PA++++」
(SPAの数とPAの+が多いほど、紫外線のカット率が高い)

近年、飲むタイプの日焼け止めも販売されています。

そのため、日焼け止めを塗るのが面倒という方は、飲むタイプの日焼け止めを使ってみるのもいいでしょう。

また日焼け止めクリームだけでなく、以下にご紹介する方法もあわせると日焼け止め対策をしっかりとできます

薄着の長袖長ズボンの服を着る

黒の長袖長ズボンを履いている女性

薄着の長袖長ズボンの服を着て、日焼けを予防しましょう。

服を着ることで、紫外線から肌を守ることができます。

しかし白っぽい色の場合、紫外線を十分にカットすることができません。

そのため光を吸収しやすい、黒色の服を着るようにしましょう。

黒の服以外にも、紫外線をカットする繊維が含まれた服もあるため、しっかりと日焼け対策をしたい方は購入することをおすすめします。

フェイスガードや日傘を使用する

日傘

紫外線カットのフェイスガードや日傘を使用することで、日焼けを防ぐことができます。

日焼け止めをつけるのが面倒な時や、短時間の移動の時に使うのがおすすめです。

フェイスガードや日傘によって、紫外線のカット率が異なります。

そのため、紫外線カット率が高いフェイスガードや日傘を選ぶようにしましょう。

紫外線の強い時間帯の外出を控える

つくば市の時間別の紫外線量

(月最大UVインデックス(つくば市)の時別累年平均値グラフ)

朝の8時近くから紫外線が強くなり始め、10~14時がピークに。

そして、15時以降は紫外線が弱くなっていきます。

そのため、8~14時の間はできるだけ外出を控え、それ以外の時間帯に外に出るようにするといいでしょう。

紫外線がピークの10~14時に外出をする際には、紫外線対策を徹底して行うようにしましょう。

最短4ヶ月で脱毛を終わらせたい人はMen’s Self|1,000円で体験脱毛ができる!

日常生活で日焼けを防ぎながら行動することで、プールなどの日差しが強い場所にいても脱毛することが可能でした。

そのため、本来日焼けをした肌ではできなかった、光・レーザー脱毛もすることができます。

そこでおすすめなのが髭を含めた顔全体を脱毛できる脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」です。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は、最短4ヶ月でで顔全体の毛をツルツルにします。

また3億円をかけて開発したヒゲ専用の光脱毛機を使用しているため、5段階の照射レベルを変更して、痛みの少ない脱毛を実現。

そのため万が一軽い日焼けをしても、照射レベルを落として「痛みの少ない」脱毛をすることが可能です。

もし施術中にやけどなどが起きた場合でも、医療クリニックと連携しているため、すぐに診療をすることができます。

初回限定、先着で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、髭脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください。

 
Men’s Selfの特徴
  • セルフ脱毛のため、1回の施術が20分で終わり、最短4ヶ月でツルスベ素肌に
  • 痛みが少ない脱毛(5段階の照射レベル)
  • 顔全体の脱毛を行える

ヒゲ脱毛期間に日焼けをした時の3つの対処法

ここでは、万が一ヒゲ脱毛期間に日焼けをした時の3つの対処方法をご紹介します。

  • 日焼け部分を冷やす
  • 保湿ケアをする
  • ビタミンCを摂取する

※日焼けをした場合は2週間近く期間を空けて脱毛をすることを推奨しています。
※赤みがひかない、肌が黒くなっている場合、スタッフにご相談ください。

日焼け部分を冷やす

氷

日焼けをした部分は、紫外線によって熱を帯びています

肌が熱を帯びた状態でいると、常に肌へ刺激が与えられている状態に。

メラニンは刺激から肌を守るために分泌されるため、熱を帯びているとメラニンを生成してしまいます。

そのため、日焼け部分をできるだけ冷やすようにして、メラニンの生成を防ぐようにしましょう。

保湿ケアをする

保湿剤

肌の表面は日々新しく生成されており、ある一定の周期で生まれ変わります(ターンオーバー )。

そのためメラニン色素によって肌が黒くなっても、時間が経つと皮膚から剥がれ落ちて、元の肌に戻ります

日焼けをした肌は熱によって乾燥している状態。

乾燥している肌は、ターンオーバが正常に行われないことが多くあります。

そのため日焼けした肌が新しい肌に生まれ変わるスピードが、遅くなる可能性が高まります。

保湿をしっかりとすることで、肌のターンオーバーが正常化し、日焼け部分が生まれ変わりやすくなります。

ビタミンCを摂取する

ビタミンCが豊富なレモン

ビタミンCを摂取すると、肌のターンオーバーが促進されます。

肌のターンオーバーが促進されると、肌が生まれ変わるスピードが早くなります。

その結果、黒くなった肌部分が早く元に戻り、脱毛ができる状態になります

ビタミンCの摂取について
・1日のビタミン摂取量は100mg(レモン1個分)
・「イチゴ2個」「キウイフルーツ1個」で1日分のビタミンCを摂取可能
・果物以外は、安くて手軽なサプリメントによる摂取がおすすめ

ヒゲ脱毛 日焼け止め まとめ

この記事では、「ヒゲ脱毛中に日焼けをしてはいけない3つの理由」「日焼けを防ぐ方法」「おすすめの脱毛サロン」などをご紹介しました。

  • ヒゲ脱毛中に日焼けができない理由は「肌トラブルが起きやくなる」「脱毛の痛みが強くなる」「脱毛効果が減る」
  • 日焼けを防ぎながら脱毛をする方法はTop3は「日焼け止めクリームを使う」「薄着の長袖長ズボンを着る」「ファイスガードや日傘を使う」
  • ヒゲ脱毛を行うなら、安くて早い「Men’s Self(メンズセルフ)」
  • ヒゲ脱毛期間に日焼けをした場合の対処方法は「日焼け部分を冷やす」「保湿ケアをする」「ビタミンCを摂取する」

ヒゲ脱毛中は日焼けをすることはできませんが、日焼けを防ぎながらは脱毛することが可能です。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は、3億円かけて開発した「ヒゲ専用の脱毛器」を扱っています。

最短4ヶ月で脱毛が完了し初回の場合「1,000円」から顔全体の脱毛体験が可能なため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

\最短4ヶ月で髭脱毛が完了!
【先着30名】脱毛の体験申し込み!
 
Men’s Selfの特徴
PAGE TOP