髭剃りのコツを大公開!剃り残し・剃刀負けをしない方法をご紹介

髭剃りのコツを知りたい!
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

髭剃りで剃り残しやカミソリ負けがよく起きてしまう。もし、髭剃りのコツを知って、カミソリ負けが起こらない髭剃りができたら理想的ですよね。

そのようにお悩みを抱えている方に「髭剃りのコツ」をご紹介します

また「髭剃りの事前準備の方法」や「シェーバーの選び方」もご紹介するため、剃り残しや髭剃り負けがない、正しい髭剃りをしっかりと理解することができます

髭剃りのコツを知りたい方にとって、この記事がお役に立てれば幸いです。

  • 髭剃り前のポイントは「起床10〜20分後に髭を剃る」「刃の手入れをする」「髭を柔らかくする」「洗顔をする」「深酒後に髭を剃らない」
  • カミソリでの髭剃りのコツは「シェービングクリームを塗る」「優しく髭を剃る」「刃を頻繁に洗う」「冷水で綺麗に洗い流す」「保湿剤をつける」
  • 電気シェーバーでの髭剃りのコツは「プレシェービングローションを塗る」「肌を伸ばしながら逆剃りをする」「軽く水で洗う」「保湿剤をつける」
  • カミソリは「重くて刃が多い」「首振り機能」があるものを選ぶ
  • 電気シェーバーは「3枚刃以上」「毛が濃い人は往復式・肌が敏感な人は回転式」のものを選ぶ

\最短4ヶ月で脱毛完了!/
【先着30名】脱毛の体験申し込み!

髭剃りのコツは「朝の事前準備」が肝心!

髭剃りの5つのコツ

ここでは髭剃りを始める前に、重要なポイントをご紹介します。

以下のことをするだけで、髭を剃る時に剃刀負けや剃り残しのなりやすさが大きく変わってきます。

  • 起床10~20分後に髭を剃る
  • 刃の手入れをする
  • 髭を柔らかくする
  • 洗顔をする
  • 【番外編】深酒後に髭を剃らない

起床10~20分後に髭剃る

起床した人

髭剃りの最も効果的なタイミングは、起床10〜20分後です。

起きた直後は、肌のむくみがあるだけでなく、血行が悪い状態。

朝のむくみのある肌はデリケートな状態なので、カミソリ負けが起きる可能性が高いです。

しかし起床から10〜20分経つと、血液が体を正常に回り始めてむくみや肌の張りが良くなります

そのため起床10~20分後に髭を剃りようにして、カミソリ負けが起こらないようにしましょう。

朝のむくみが取れない時の対処法
・首を左右に2,3回ずつし、鎖骨の凹みを左右5回ずつ押しましす。その後、鎖骨から耳元までリンパを流す。
・顎から耳の裏までのフェイスラインを、親指以外の指で滑らすように押します(左右10回ずづ)。

刃の手入れをする

カミソリの刃は薄いため、すぐに切れ味が落ちてしまいます。

切れ味が悪い刃では、髭の剃り残しやカミソリ負けが起きやすくなります。

そのため、カミソリの刃は2週間ごと(※カミソリメーカー推奨)に交換しましょう。

電気シェーバーの場合、日頃からオイルを刺したり、きちんと洗浄するようにすることで切れ味が長持ちします。

外刃は1年、内刃は2年経ったら、電気シェーバーの刃は替え時です。

刃の交換時期
カミソリ:
2週間
電気シェーバー:
外刃1年、内刃2年

髭を柔らかくする

ホットタオルで髭を柔らかくしている男性

髭に水分を含ませて柔らかくすることで、刃をスムーズに動かすことができます

その結果、カミソリ負けや髭剃り残しを防ぐことが可能です。

髭を柔らかくするためには、髭にぬるま湯をかけたり、ホットタオルを当てる2つの方法があります。

どちらも髭を柔らかくするだけでなく、毛穴も広げられるため洗顔による汚れの洗浄もしやすくなります。

蒸しタオルの作り方

  1. タオルを水に濡らし、水が垂れない程度まで絞る
  2. レンジで1分温める
  3. タオルをほぐし、髭に乗せる

洗顔をする

冷水で顔を洗っている人

寝ている間に汗や皮脂が分泌されるため、朝は顔が汚れています。

またホコリなども、多く顔に付着しています。

汚れやホコリは肌を凹凸にするため、そのまま髭剃りをしてしまうと剃り残りやカミソリ負けが起きる可能性が。

そのため髭剃り前は洗顔をし、肌を綺麗にしてから髭を剃るようにしましょう

【番外編】深酒後に髭を剃らない

泥酔しいている人

深酒をした次の日は、肌がデリケートな状態になっています。

なぜならアルコールの分解や利尿効果によって、肌が乾燥しやすくなっているからです。

また深酒は、肌をむくませてしまうため、さらに肌が傷つきやなってしまう可能性も。

もし深酒をしてしまった後は、できるだけを髭を剃らないようにするか、いつも以上に丁寧に髭を剃るようにしましょう

剃り残しゼロ!髭剃りのコツをカミソリ・電気シェーバーに分けてご紹介!

ここでは、髭を剃る時のコツをカミソリ・電気シェーバーに分けてご紹介します。

カミソリ編5ステップ

カミソリ編5ステップ

カミソリを使った髭剃りのコツは、以下の5つのステップになります。

  • シェービングクリームを塗る
  • 優しく髭を剃る
  • 刃を頻繁に洗う
  • 冷水で綺麗に洗い流す
  • 保湿剤をつける

シェービングクリームを塗る

シェービングクリーム

髭を剃るために、まず初めにシェービングクリームを顔に塗ります。

シェービングクリームを塗ることで、カミソリの滑りが良くなります。

その結果、カミソリ負けや肌のヒリヒリ感を防ぐことが可能です。

シェービング剤の選び方
・髭が薄くてさっと髭をしたい人は、フォームタイプ
→洗い流しやすい
・髭が濃くて深剃りしたい人は、ジェルフォームタイプ
→液体に近い泡なため、髭の根元までしっかりと塗れる

優しく髭を剃る

カミソリで髭を剃っている人

シェービングを髭を剃る部分に塗った後は、順剃り(髭の生える方向に沿って剃る)で優しく全ての髭を剃ります

この時に、カミソリには力を入れず、軽く肌に沿わすようにして動かしましょう。

全体的に順剃りが終わったら、剃り切れていない部分を逆剃り(髭の生える方向と逆に剃る)をします

逆剃りは深剃りがしやすい反面、肌に負担がかかりやすいことが特徴です。

そのため、一度順剃りで髭を剃った後に、逆剃りをするようにしましょう。

刃を頻繁に洗う

カミソリを洗っている人

特に長い髭の場合、刃に髭が残ることがあります。

刃に髭が残ると、カミソリがスムーズに動かせなくなり、剃刀負けなどの原因になってしまいます。

そのため髭を剃っている時は、頻繁に刃を洗うようにしましょう。

冷水で綺麗に洗い流す

冷水で顔を洗っている男性

髭を剃り終わったら、冷水でシェービング剤を綺麗に洗い流しましょう。

この時、熱いお湯で洗い流してしまうと、髭剃りで刺激を受けた肌が熱によって炎症を起こして可能性が高まります。

刺激で敏感になった肌を落ち着かせるために、冷水で洗い流すことがおすすめです。

保湿剤をつける

保湿をしている男性

髭剃りの最後には、保湿剤をつけるようにしましょう。

髭剃りをすると肌の角質層(保湿や吸水をする役割)も一緒に削られてしまいます

そのため、肌が乾燥しやすい状態になってしまうのです。

また、ヒリヒリ感や痛みも感じやすくなってしまうため、保湿剤つけて肌を補修しましょう。

電気シェーバー編4ステップ

電気シェーバー編4ステップ

電気シェーバーを使った髭剃りのコツは、以下の4つのステップになります。

  • プレシェービングローションを塗る
  • 肌を伸ばしながらゆっくり逆剃りをする
  • 冷水で顔を洗う
  • 保湿剤をつける

プレシェービングローションを塗る

プレシェービングローションを塗っている男性

プレシェービングローションとは、電気シェーバーを使用する時に用いるシェービング剤です。

電気シェーバーは肌に何もつけずに使用することができます。

しかしプレシェービングローションを使うことで、髭剃りによる肌の負担を軽減するだけでなく、滑りをよくして剃り残しも少なくします

プレシェービングローションの選び方
・髭をしっかりと剃りたい方はローションタイプ

→電気シェーバーは髭がドライの状態の方が剃りやすいため、毛が乾いた状態で剃れるローションタイプがおすすめ
・敏感肌の人は、ジェルタイプ or オイルタイプ
→切れ味は低下するけども、ローションタイプより肌を守りながら髭剃りが可能。

肌を伸ばしながらゆっくり逆剃りをする

電気シェーバーで髭を剃っている男性

電気シェーバーは、2つの刃を交差させて髭を剃っています。

そのため、順剃りで剃ってしまうと髭を上手く挟めず、剃り残しが多くなることに。

逆剃りにすると髭の流れに逆らっているため、髭が直角に立つようになります

そうすることで、電気シェーバーでも髭を上手く剃れるようになります。

下記は、電気シェーバーの髭の剃り方の動画です。

電気シェーバーで髭を剃る時には、肌に押し付けず、優しく逆剃りをするようにしましょう。

髭が剃りづらい顎やフェイスラインは、「肌を伸ばすと」髭が立つので剃りやすくなります

冷水で顔を洗う

冷水で顔を洗っている男性

電気シェーバーで髭を剃り終えたら、冷水で軽く水を洗い流します。

プレシェービングローションをしっかりと落とし、洗い残しがないようにしましょう。

熱いお湯で顔を洗うと、髭剃りによって傷ついた肌が炎症を起こす可能性があるため、できるだけ冷水をおすすめします。

保湿剤をつける

保湿している男性

冷水で顔を洗い流した後は、保湿剤をつけます。

髭剃りは、髭だけでなく「肌の角質層(保湿や吸水をする役割)」も一緒に削ってしまいます

肌の乾燥や肌荒れが起こりやすくなるため、保湿剤をつけて肌を補修するようにしましょう。

カミソリ・電気シェーバーの正しい選び方

髭剃りのコツ以外にも、カミソリ・電気シェーバー自体も重要になってきます。

ここでは、髭剃りを快適にするカミソリ・電気シェーバーの選び方をご紹介します。

カミソリ編

カミソリの選び方は、以下の2つになります。

  • 重くて刃が多いカミソリを選ぶ
  • 首振り機能があるカミソリを選ぶ

重くて刃が多いカミソリを選ぶ

3枚刃以上あるカミソリ

カミソリの刃が多いと、一枚の刃にかかる圧力が分散されます。

複数の刃に圧力が分散されると、肌へのダメージが減り、剃刀負けを予防できます。

またカミソリ自体が重いと、それ自体の重さで刃を動かせ、余計に力を加えないで済むのでおすすめです。

おすすめの刃の枚数
髭が濃い人
:5~6枚
髭が薄い人
:2~3枚

首振り機能があるカミソリを選ぶ

首振り機能があるカミソリ

カミソリに首振り機能があると、剃りづらい「顔の曲面の髭」が剃りやすくなります

そのため、剃り残しが少ない髭剃りをすることができます。

また無駄な力を入れずに顔の曲面を剃ることができるため、剃刀負けも防ぐことが可能です。

電気シェーバー編

電気シェーバーの選び方は、以下の2つになります。

  • 毛が濃い人は往復式・肌が敏感な人は回転式を選ぶ
  • 3枚刃以上のシェーバーを選ぶ

毛が濃い人は往復式・肌が敏感な人は回転式を選ぶ

電気シェーバーには、上記のように「回転式」「往復式」の2種類があります。

電気シェーバーの種類 深剃り度合い 肌へのダメージ 髭剃りにかかる時間
回転式 少ない 長い
往復式 大きい 短い

回転式の電気シェーバは、深剃りはしにくいですが、肌へのダメージが少ないことが特徴です。

一方、往復式の電気シェーバーは、深剃りをしやすい反面「肌へのダメージが大きい」特徴があります。

また往復式は、刃の面積が広いため、髭剃りにかかる時間が短いです。

肌が敏感・肌荒れがしやすい人は、回転式電気シェーバーがおすすめ
髭が濃く、深剃りをしたい人は、往復式電気シェーバーがおすすめ

3枚刃以上のシェーバーを選ぶ

3枚刃の電気シェーバー

往復式の電気シェーバーの場合、刃が多いほど切れ味が良くなります。

また髭が剃れる面積も増えるため、一度に剃れる髭が多くなり、短時間で髭を剃ることが可能です。

朝の髭剃りから解放!おすすめ脱毛サロンのご紹介

ここまで髭剃りのコツなどをご紹介してきましたが、カミソリ負けや肌荒れを確実に防ぐことはできません。

しかし脱毛を行うことで、髭剃りによる肌荒れ等を無くし、面倒な髭剃りからも開放されます。

そこでおすすめなのが髭を含めた顔全体を脱毛できる脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」です。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は、最短4ヶ月からと、業界最安水準でヒゲを含めた顔全体の毛をツルツルにすることができます。

鼻下や口下、顎の毛も全て脱毛することが可能。

その結果、髭剃りによって悩まされていたカミソリ負けや肌荒れから解放されます。

Men’s Self(メンズセルフ)では、3億円をかけて開発したヒゲ専用の光脱毛機を使用しているため、より効果的な脱毛を実現。

医療クリニックと連携しているため、施術中にやけどなどが起きた場合でも、すぐに診療を受けることができます。

初回限定、先着で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、髭脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください。

&nsbp;
Men’s Selfの特徴
・セルフ脱毛のため、1回の施術が20分で終わり、最短4ヶ月でツルスベ肌に
・痛みが少ない脱毛(5段階の照射レベル)
・顔全体の脱毛を行える

髭剃り コツ まとめ

この記事では、「髭剃り前の5つのポイント」や「髭の剃り方のコツ」、「シェーバーの選び方」などをご紹介しました。

  • 髭剃り前のポイントは「起床10〜20分後に髭を剃る」「刃の手入れをする」「髭を柔らかくする」「洗顔をする」「深酒後に髭を剃らない」
  • カミソリでの髭剃りのコツは「シェービングクリームを塗る」「優しく髭を剃る」「刃を頻繁に洗う」「冷水で綺麗に洗い流す」「保湿剤をつける」
  • 電気シェーバーでの髭剃りのコツは「プレシェービングローションを塗る」「肌を伸ばしながら逆剃りをする」「軽く水で洗う」「保湿剤をつける」
  • カミソリは「重くて刃が多い」「首振り機能」があるものを選ぶ
  • 電気シェーバーは「3枚刃以上」「毛が濃い人は往復式・肌が敏感な人は回転式」のものを選ぶ

髭剃りは正しいコツを掴むことで、カミソリ負けや剃り残しを防ぐことができました。

しかし毎日の髭剃りの手間は変わらないため、完全にカミソリ負けなどを防ぎたい場合は、脱毛がおすすめです。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は、3億円かけて開発した「ヒゲ専用の脱毛器」を扱っています。

そのため、効果のある脱毛を実感でき、毎日の面倒な髭剃りから解放されます。

最短4ヶ月で脱毛が完了し初回の場合「1,000円」から顔全体の脱毛体験が可能なため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

PAGE TOP