バルジ領域とは?バルジ領域を破壊できる2つの脱毛法を紹介します!

バルジ領域って何?」「永久脱毛との関係性は?」

そのようにお考えではありませんか。

レーザー脱毛やニードル脱毛のように脱毛効果が高く、永久脱毛できる脱毛法を試してみたいけど、痛みが強いらしい。

もしバルジ領域を破壊することで痛みを減らして、レーザーやニードルのような高い脱毛効果があるなら理想的ですよね。

バルジ領域の破壊による脱毛法は最近発見された理論で、正しい情報が少ないです。

そのため本記事では以下の4つのポイントを順を追って説明します。

本記事から分かること
・バルジ領域の破壊で永久脱毛できるのか
・バルジ領域を破壊できる脱毛法
・バルジ領域破壊の副作用
・バルジ領域を破壊する脱毛のデメリット

この記事を読むとバルジ領域の脱毛について正しい知識が身につき、バルジ領域を破壊する脱毛法を行うべか判断できるようになります。

3分で読める内容となっているので是非ご一読ください!

バルジ領域を破壊する脱毛をお考えの方に本記事が参考になれば幸いです。

バルジ領域って何?

バルジ領域とは「毛を生成をする細胞を作り出す働きを持った幹細胞が集まった領域」のことを指します。

バルジ領域から作られた発毛因子である細胞が、毛を生やす役割がある「毛乳頭」に送られることで毛が生えてきます。

つまりバルジ領域の発毛の指令を出す領域であるといえます。

バルジ領域と永久脱毛の関係性

従来考えられていた永久脱毛は毛を生やす役割がある毛乳頭を破壊する方法でした。

しかし「バルジ領域を破壊し発毛する指令を断つことで完全に毛が生えなくなる」というのが近年発見された理論です。

そのためバルジ領域の破壊は理論上、永久脱毛が可能となっています。

バルジ領域を破壊できる2つの脱毛法

一般的にクリニックやサロンで用いられている脱毛法では、バルジ領域を破壊することは難しいです。

バルジ領域はレーザーをバルジ領域に直接当て、摂氏 65度にすることで破壊できると言われています。

今回はバルジ領域を破壊するために開発された最新の脱毛法を2つご紹介します。

  • 蓄熱式レーザー脱毛
  • SHR脱毛

蓄熱式レーザー脱毛

蓄熱式脱毛は医療脱毛の一種で、低い出力のダイオードレーザーを短時間で連続で照射しバルジ領域にじんわり熱を与え破壊する脱毛法です。

そのため一般的に用いられている医療レーザー脱毛よりも痛みが少なく施術を行うことができます。

照射出力が弱いのでメラニン色素が濃い焼けた肌でも、施術を受けることが可能に。

また毛根にダメージを与える従来の脱毛法と異なり、毛周期の間隔を空けずに施術できる特徴があります。

SHR脱毛

SHR脱毛とは光脱毛の一種で、蓄熱レーザー脱毛と同様にメラニン色素に作用する従来の脱毛と違い、バルジ領域に直接作用する脱毛法です。

ほとんど蓄熱式レーザー脱毛と同じ仕組みの脱毛法ですが、クリニックではなくサロンで施術を受けることができるのが特徴。

そのため医療脱毛ではないので蓄熱式レーザー脱毛と比べて費用が安くなることが多いです。

バルジ領域破壊の副作用

バルジ領域破壊に関しての副作用は現在のところ見つかってません。

ただし出力が弱いレーザーを用いてバルジ領域を破壊すると行っても、通常の脱毛法と同じく、施術による副作用が存在します。

そのためバルジ領域の破壊によって「やけど」「肌の赤み」「色素沈着」などが起きる可能性があります。

バルジ領域破壊の副作用の有無
・バルジ領域破壊による副作用は存在しないが、脱毛のレーザーによる副作用がある

バルジ領域は復活する?

一度破壊したバルジ領域は理論上は復活することはないと言われています。

ただしバルジ領域のだいたいの場所は判明しているのですが、現在の医学では確実に場所を特定できているわけないです。

そのためレーザーで完全に破壊できてなかった場合は毛が生えてくることがあるので、バルジ領域が復活したと間違えてしまうケースもあります。

バルジ領域を破壊する脱毛の2つのデメリット

バルジ領域を破壊による脱毛は革新的な理論ですが、デメリットも存在します。

ここではバルジ領域の破壊による脱毛のデメリットを2つご紹介します。

  • 効果が出るまでが遅い
  • 効果がない場合がある

効果が出るまで遅い

バルジ領域を破壊する脱毛法は、毛が生え変わる周期で抜けて、次に毛が生える周期では生えにくなる脱毛法です。

そのため通常の脱毛法よりも効果が出るまで遅いと言われています。

レーザーで毛根にダメージを与える一般的な脱毛は、施術後1週間で毛が抜け始めるのに対して、バルジ領域に作用する脱毛は施術後2週間〜1ヶ月から脱毛効果が現れます。

効果がない場合がある

バルジ領域に作用する脱毛の理論は発見されてあまり時間がたっていないため、不確かなことが多く、脱毛効果がないと考えている医者もいます。

正確にバルジ領域の場所を特定できてないため、レーザーで破壊できているのか確認できないという問題があります。

そのため施術でバルジ領域の破壊したはずなのに、毛が生えてくるケースも。

バルジ領域を特定し確実に破壊することができれば革新的な脱毛法ですが、現段階では確実に効果が出る脱毛法とは言えないかもしれません。

バルジ領域 まとめ

今回はバルジ領域について詳しく解説しました。

・バルジ領域とは毛を生やす指令を出す幹細胞のが集まった領域
・バルジ領域の破壊で永久脱毛は「理論上可能」
・バルジ領域を破壊できる脱毛法は2つ「蓄熱式レーザー脱毛」「SHR脱毛」

バルジ領域を確実に破壊することができれば、永久脱毛は可能です。

しかしまだバルジ領域による脱毛は不確かなことが多いので、脱毛効果出ないことがあります。

そのためもし脱毛してツルツルした肌を手に入れたい方は、従来のクリニックやサロンによる脱毛を選ぶ方が良いでしょう。

「脱毛したいけど、どの脱毛サロンを選べば良いのかわからない」そのようにお考えの方には、当メディアを運営するMen’s Selfをオススメします。

Men’s Selfは3億円で髭に特化した脱毛機を開発しており、通常1年半〜2年かかる髭脱毛を最短半年で完了することができます。

今だけ18,000円の脱毛体験を初回限定の1,000円でお試しすることができるので、ランチ一回分の費用で脱毛効果を実感してみてください。

まずは体験申し込み!(30秒)

PAGE TOP