髭脱毛の後にやるべき4つのこと|安心して早く脱毛を終わらせる方法をご紹介

髭脱毛の後って何をすればいいの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

初めての髭脱毛を終えて、顔まわりが少しヒリヒリする。もし、どんなケアをしたらいいのかが分かれば理想的ですよね。

そのようなお悩みを抱えている方に「髭脱毛後にやるべき4つのこと」をご紹介します。

また「髭脱毛後に起きる可能性があること」や「髭脱毛後に絶対にやってはいけないこと」もご紹介するので、ツルスベになるまで安心安全に脱毛を行うことができます

髭脱毛後に何をするべきか悩んでいる方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

  • 髭脱毛後に起きる可能性がある現象は「泥棒ひげ」「色素沈着」「毛嚢炎」「肌の赤み」
  • 脱毛後にやるべきことは「肌の保湿」「肌を清潔に保つ」「脱毛部位を冷やす」「外用薬を塗る」
  • 髭脱毛後にやってはいけないことTop4は「当日の髭剃り」「毛抜きで毛を抜く」「日焼けをする」「当日の入浴」

\格安脱毛サロンに乗り換えたい方へ!/
脱毛の体験申し込みはこちら(1,000円)

髭脱毛の後に起きる副作用?注意すべき4つの現象をご紹介

髭脱毛後にやるべきことをご紹介する前に、髭脱毛後に起きる可能性がある4つの現象をご紹介します。

以下の4つの中には、髭脱毛の後にケアをしない場合、発生しやすくなるものもあります。

  • 肌の赤み
  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 泥棒ひげ
  • 色素沈着

肌の赤み

肌の赤み

ヒゲ脱毛の後、最も起こりやすい現象は「肌の赤み」です。

脱毛部分が軽い火傷状態になり、ヒリヒリ感を感じることも。

どの脱毛の種類でも起きることが多く、一般的にはすぐに肌の赤みは治ります

肌が敏感な人などは数日の間、肌の赤みやピリつきが残ることも。

肌が赤くなる最も大きな原因は、以下の2つです。

肌が赤くなる原因

  • 脱毛による肌の刺激
  • 肌の乾燥

脱毛の効果が強ければ強いほど、肌への刺激が強くなります

それに伴い、肌の赤みやピリつきが起きる可能性が高くなり、肌が乾燥しているとさらに起こりやすくなります。

そのため日頃から保湿をしておくことと、乾燥しやすい肌の人は「脱毛の強度を変えられる脱毛器」を使用することがおすすめです。

 毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎

毛嚢炎とは、白いニキビのように、顔に「発疹」や「膿」ができることです。

主な原因は、脱毛による肌のダメージです。

毛嚢炎は、肌に常に存在しているブドウ球菌が、傷ついた肌の部分に張り込むことで発症。

脱毛以外にも、カミソリや毛抜きにより肌のダメージでも毛嚢炎は起こることがあり、肌の乾燥も原因の1つです。

ニキビのように毛嚢炎は一時的に発症することが多く、外服薬や内服薬で治ることがほとんどです。

泥棒ひげ

泥棒髭

泥棒ヒゲとは、「皮膚の下にあるヒゲが脱毛の熱によって膨張し、皮膚表面が黒く見えてしまう状態」のことです。

永遠に皮膚の下に残ってしまうわけではなく、普通の毛と同様に脱毛時から2週間程度で抜け落ちます

しかし髭が濃い人は、最大3週間もかかることも。

そのため、泥棒ひげになった場合は、抜け落ちるまで以下のように対処するといいでしょう。。

  • マスクで隠す
  • ファンデーションで隠す
  • 丁寧に髭を剃る(脱毛翌日以降)

脱毛当日は髭を剃ってはいけないため、マスクで隠したり、ファンデーションで隠したりする必要があります。

翌日以降は髭を剃っても問題はありません。

色素沈着

色素沈着

色素沈着とは「脱毛によって炎症した部分が黒ずむこと」です。

肌の赤みや火傷などが脱毛によって起きると、皮膚はメラニン色素を生成して、肌を守ろうとします。

生成されたメラニン色素が炎症を起こした部分に沈着することで、肌が黒ずみ、色素沈着が発生。

色素沈着の根本原因を防いだり、黒ずんだ肌を元に戻すことは難しいです。

しかし、スキンケアや食事などで肌のターンオーバーを促進したり、レーザー治療を行ったりすることで元の肌に近づけることはできます。

【重要】髭脱毛の後にやるべき4つのこと

肌の赤みや毛嚢炎にならないために、髭脱毛後にやるべき4つのことをご紹介します。

  • 肌の保湿
  • 肌を清潔に保つ
  • 脱毛部位を冷やす
  • 外用薬を塗る

肌の保湿

保湿をしている男性

脱毛後に保湿をすることによって、毛嚢炎の原因である乾燥を防ぎます

また脱毛による肌のダメージも修復させることができるため、肌の赤みを抑えることも可能です。

肌の保湿に使用する化粧水や美容液は、肌の角質層までしっとりと浸透する「刺激の少ないタイプのスキンケアグッズ」を使うことがおすすめ。

逆に、テカリを抑える成分が入ってる「刺激の強いタイプ」の化粧水等は、肌への刺激が強いため控えるようにしましょう。

また脱毛後の肌は炎症を起こしているため、化粧水を冷蔵庫で冷やしてアイシング代わりにするのもおすすめです。

有効な現象:肌の赤み,毛嚢炎,泥棒髭.色素沈着

肌を清潔に保つ

洗顔をしている男性

汗や余分な皮脂が付着していない「清潔な肌」を保つことが重要です。

肌を清潔に保つことで、肌の細菌によって発生する「毛嚢炎」や「泥棒ひげ」などを予防。

脱毛後は1日2回は洗顔をするようにし、余分な皮脂と汗を綺麗に落としましょう。

顔を拭くタオルも毎日変えるようにして、肌の清潔を保つのも重要です。

有効な現象:肌の赤み,毛嚢炎,泥棒髭,色素沈着

脱毛部位を冷やす

アイシング

脱毛によって熱を持った脱毛部分を冷やすことで、肌の炎症を抑えることができます

それにより、熱によって発生しやすくなる「肌の赤み」や「毛嚢炎」を防ぎます。

脱毛サロンやクリニックなどでは脱毛部位を冷やすことがあると思いますが、自宅に帰ってからも冷やすようにしましょう。

保冷剤や氷をタオルに巻いて、10分程度冷やすことが特におすすめ。

冷やしすぎは血行に悪いため、時間をきちんと守って冷やすようにしましょう。

有効な現象:肌の赤み,毛嚢炎

外用薬を塗る        

外服薬

脱毛直後に肌の痛みがある場合、脱毛クリニックやサロンによっては、提携先の病院から外用薬をもらうことが可能です。

市販の薬の場合、脱毛による肌の症状を悪化させる場合があるため、医師から処方された薬を使うようにしましょう。

有効な現象:肌の赤み,毛嚢炎

これだけはNG!髭脱毛の後にやってはいけない8つの行動

脱毛後にやってはいけない8つの行動をご紹介しまします。

もし下記のことを行ってしまうと、肌の赤みや毛嚢炎などが起こる可能性が上がってしまいます。

  • 当日の髭剃り
  • 毛抜きで毛を抜く
  • 日焼けをする
  • 当日の入浴
  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 顔を強く擦る
  • 予防接種

当日の髭剃り

当日の髭剃り

髭脱毛の後は、髭がすぐに抜け落ちないだけでなく、毛が膨張して髭が濃くなって見える時があります。

抜け落ちない髭や膨張している髭が気になり、髭を剃りたくなることも。

しかし脱毛後は、肌にダメージがある状態です。

そのため当日に髭を剃ると、さらに肌にダメージを与えてしまい、その結果「肌の赤み」や「泥棒ひげ」などが起きやすくなってしまうのです。

最低でも、脱毛後1日以上経ってから髭を剃るようにしましょう。

肌への負担を減らすポイント
・ホットタオルで髭を柔らかくする
・電気シェーバーで髭を剃る

毛抜きで毛を抜く

毛を抜いている男性

脱毛後の髭が気になって、つい毛を抜きたくなる時があります。

しかし、毛抜きや指で髭を抜いてはいけません。

髭を抜くと肌にダメージが与えられ、毛嚢炎や埋没毛、色素沈着などが起こりやすくなってしまいます

そのため毛を抜かずに、我慢するようにしましょう。

脱毛クリームも肌へのダメージが強いため、控えるようにしましょう。

日焼けをする

日焼けをしている男性

脱毛後に限らず、脱毛期間中は日焼けをしてはいけません。

光・レーザー脱毛の場合 、毛のメラニン色素を通して脱毛を行っています。

そのため、日焼けによってできるメラニン色素(肌が黒い部分)にも脱毛器が反応。

結果、日焼けをすると脱毛時に肌が赤くなりやすく、最悪の場合脱毛を中止する必要があります

脱毛期間中は日焼けを絶対しないようにして、日焼け止めをつけるようにしましょう

日焼け止めの選び方
・屋内で1日を過ごすことが多い方:「SPA20/PA++」
・屋外で1日を過ごすことが多い方:「SPA20~50/PA+++」〜「PA++++」
(SPAの数とPAの+が多いほど、紫外線のカット率が高い)

当日の入浴

入浴

脱毛後は肌が熱を持っているため、当日の入浴を禁止していることが多いです。

熱を持った肌が、入浴よってがさらに熱くなってしまいます。

それにより、毛嚢炎になりやすくなったり、肌の赤みが強くなったりすることも。

そのため脱毛後はシャワーだけにするようにしましょう。

飲酒

飲酒

飲酒をすると血行が良くなり、体温が上昇してしまいます。

熱を持った肌が敏感になってしまうため、痛みが出たり、赤みが増す可能性が出てきます

そのため、脱毛後12時間は飲酒を控えるようにしましょう

脱毛前も、飲酒をしてはいけないことが一般的です。

 激しい運動

運動をしている男性

 飲酒と同じく、激しい運動をしてしまうと、血流がよくなり体温が上昇してしまいます。

その結果、肌の赤みがひどくなったり、痛みが強くなったりすることがあります

そのため脱毛後1日以上経ってから、運動をするようにしましょう

顔を強くこする

顔を強く拭いている男性

髭脱毛後に、タオルで顔を強く擦ってしまうのは控えましょう

脱毛後の肌は、熱によって敏感になっています。

そこで顔を強く擦ってしまうと、肌にさらにダメージが加わってしまいます。

その結果、色素沈着や肌の赤みが起こりやすくなります

予防接種

予防接種

髭脱毛後は、肌が敏感な状態になっています。

そのため予防接種を受けると、肌の赤みが出るなどのトラブルが起きてしまうことも。

多くの脱毛サロンでは、脱毛後すぐに予防接種を受けることを控えてもらっていることが多いです。

最低でも脱毛をしてから1週間経ってから、予防接種を受けるようにしましょう。

髭脱毛の効果はどれくらいある?

脱毛の効果はどれぐらいある?

脱毛の種類よって脱毛の効果は異なりますが、回数を重ねるごとに以下の表のように変化します。

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
効果がでる回数 8~10回 5~6回 5~6回
ツルツルになる回数 ~25回 ~13回 ~15回
脱毛期間 2年~2年半 1年~2年半 1年~2年半
痛み
弱い

強い(麻酔可能)
×
強い

レーザー脱毛や美容電気脱毛は、効果の出始めが早く、脱毛期間は最短1年で終わることがあります。

しかしその分、痛みが強いことが大きな特徴。

一方、光脱毛は効果の出始めは少し遅いことが特徴ですが、痛みが弱いため人気の脱毛になっています。

より詳しく効果を知りたい方は、以下をご参照ください。

髭脱毛 後 まとめ

この記事では「髭脱毛後に起きる可能性がある現象」「髭脱毛後にやるべきこと」「絶対にやってはいけないこと」などを解説しました。

  • 髭脱毛後に起きる可能性がある現象は「泥棒ひげ」「色素沈着」「毛嚢炎」「肌の赤み」
  • 脱毛後にやるべきことは「肌の保湿」「肌を清潔に保つ」「脱毛部位を冷やす」「外用薬を塗る」
  • 髭脱毛後にやってはいけないことTop4は「当日の髭剃り」「毛抜きで毛を抜く」「日焼けをする」「当日の入浴」

髭脱毛後に、肌のケアをすることは重要です。

ケアをしないと肌のやけどに繋がったり、脱毛の効果が弱まる可能性があります。

もし以下に当てはまる場合、ヒゲ専用脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」がおすすめです。

  • 現在の脱毛器が肌に合わない
  • 効果が実感できない

Men’s Self(メンズセルフ)の光脱毛マシンは、3億円かけて開発した「最新のヒゲ専用の脱毛器」であるため、出力の5段階調節で痛みと副作用を最小限に抑えます。

最短4ヶ月脱毛が完了し、初回の場合「1,000円」から顔全体の脱毛体験が可能なため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

まずは体験申し込み!(30秒)

PAGE TOP