脱毛によるやけどの原因は5つ!リスクを減らす4つの予防法を紹介

脱毛によるやけどのリスクってどれくらいある?

そのようにお考えではありませんか。

脱毛でやけどする可能性があると聞いて怖い。万が一やけどしたらどうすればいいんだろう。

そんなあなたに朗報です!
脱毛によるやけどはしっかり対策をすることで、リスクをほとんどなくすことができます。
この記事を読めばそのことがよくわかります。

本記事では以下の6つのポイントを詳しく解説します!

本記事でわかること
・脱毛によるやけどのリスク
・脱毛でやけどする原因
・脱毛でやけどしやすい人の特徴
・脱毛でやけどを予防する方法
・脱毛後にやけどしてしまった時の対処法
・やけどしないサロンの選び方

本記事を読むと脱毛にやけどについて詳しく知ることができ、やけどのリスクを最小限に抑えて脱毛する方法がわかります。

3分で読める内容となっているので、是非御一読ください!

脱毛後のやけどを心配している方に、この記事が悩みの解消にお役に立てると幸いです。

\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)

脱毛のやけどのリスク

脱毛でやけどするリスクはあまり高くありませんが、やけどの可能性はあります。

サロンやクリニックで使用されている脱毛器は毛根に熱によるダメージを与えて脱毛する仕組み。

そのため熱を持った毛が肌に触れてしまうと、やけどしてしまいます。

熱を持った毛が少し肌に当たる程度ではあまり影響がないことが多いですが、敏感肌の時などは少しの熱でもやけどを負ってしまう恐れも。

ただし適切な対処をするとすぐに治すことができ、やけど跡も防ぐことができます。

また脱毛前後のケアをしっかり行うことでやけどのリスクを下げられるので、恐れる必要はありません。

脱毛でやけどする5つの原因

脱毛によるやけどには、5つの原因があります。

  • レーザーの照射レベルが高い
  • 中古・旧式の脱毛機を使用している
  • 脱毛前に毛の処理を行っていない
  • 脱毛後に運動・入浴・飲酒をしている
  • 脱毛前後の日焼け

レーザーの照射レベルが高い

レーザーの照射レベルが高すぎると、毛根に与える熱も高くなってしまうので、やけどしやすくなってしまいます。

レーザーの出力を上げる方が脱毛効果が高まりますが、痛みを我慢してやけどしてしまうと、施術を続けられなくなり脱毛期間が長引いてしまう可能性も。

そのため施術の最中に痛みを痛みを感じたら、すぐにスタッフに相談して照射のレベルを下げてもらいましょう。

耐えられる照射のレベルには個人差があるので、施術前にしっかりと自分の肌タイプを伝えておくことが大切。

中古・旧式の脱毛機を使用している

クリニックやサロンによっては、肌への負担を考慮してない古い脱毛機を使用しているケースがあります。

最新の脱毛機は、脱毛効果を高くすると同時に肌への負担を考慮して作られているので、やけどのリスクを下げることが可能です。

しかし古い脱毛器は、脱毛だけに特化されているケースが多いので、肌への負担が大きくなりやけどする可能性が高くなります。

脱毛前に毛の処理を行ってない

ムダ毛がある状態でレーザーが分散して毛の根本以外も熱を持ってしまいます。

その結果熱を持ったムダ毛が肌に触れるとやけどの原因に。

ただし脱毛前にスタッフがチェックすることが多いので、ムダ毛が残っているまま施術することはほとんどないです。

しかし万が一チェックされないこともあるので、事前にムダ毛の処理を行うことは大切です。

脱毛後に運動・入浴・飲酒している

脱毛後の肌は軽いやけどが起きている状態。

そのため運動・入浴・飲酒などの体温を上がる行為をし血流が良くなると、炎症が悪化してしまいます。

これらの行為は日常的に行うことが多いので、意識して避けることが大切です。

脱毛前後の日焼け

脱毛前後の日焼けはやけどのリスクを上げる要因になります。

日焼けを脱毛前にしてしまうと、メラニン色素が増えてしまい肌が黒くなってしまうので、レーザーが肌にも反応してしまう可能性があります。

また脱毛後の肌は敏感になっているので、紫外線を浴びてしまうと普段より多くダメージを受けてしまいます。

そのため脱毛前〜脱毛期間中は紫外線対策を行うことを大切です。

脱毛でやけどしやすい人の5つの特徴

脱毛で火傷しやすい人には5つの特徴があります。

  • 肌が黒い人
  • 乾燥肌の人
  • 光過敏症の人
  • ほくろや色素沈着がある部位を脱毛する人
  • 麻酔クリームを使用した人

肌が黒い人

サロンやクリニックで使用されている脱毛機の多くが、毛の黒い色(メラニン色素)に反応するレーザーの照射によって、毛根にダメージを与える脱毛法です。

「日焼けによって肌が黒い方」「地黒な方」は、肌にメラニン色素の量が多く含まれているので、レーザーが肌に反応してしまう可能性も。

そのため肌が白い方に比べやけどのリスクが上がります。

乾燥肌の人

乾燥肌の人は肌のバリア機能が低下している傾向があるため、外部からの刺激から肌をまもりずらくなっています。

そのため脱毛による熱や刺激によって肌が敏感に反応してしまうため、火傷になってしまう恐れがあります。

光過敏症の人

光過敏症の方は、紫外線でも日焼けがひどい状態になります。

そのため紫外線よりも強い脱毛のレーザーを肌に当てるとやけどする可能性が極めて高い傾向に。

そのため光過敏症で脱毛をお考えの方は、専門的な医師がいるクリニックで必ず事前に相談をしましょう。

ほくろ・シミがある部位を脱毛したい人

ほくろやシミはメラニン色素量が多いので、通常のレーザーによる脱毛を行うとやけどするリスクが高くなります。

そのためほくろやシミ周辺の部位を脱毛したいときは、白い保護シールを使用しレーザーが当たらないようにする必要があります。

またほくろやしみがある箇所の毛を脱毛したいときは、「ニードル脱毛・蓄熱式脱毛」などの特殊な脱毛法を用いることが多いです。

麻酔クリームを使用した人

脱毛の痛みを軽減するために麻酔クリームを使用するケースがあります。

「痛みが怖い方」「痛みに耐えられない方」でも、麻酔クリームを使用すると痛みを感じずに楽な気持ちで施術を受けることができます。

ただし麻酔クリームを使用すると痛みを感じにくくなるため、レーザーの出力をあげてしまうため、やけど可能性が上がります。

もし麻酔クリームや痛み止めを利用して脱毛される方は、事前にスタッフとレーザーの照射レベルについて相談しておく良いでしょう。

脱毛のやけどを予防する4つの方法

脱毛によるやけどはしっかり対策することで、リスクを大幅に減らすことができます。

以下の4つのポイントを抑えることが大切です。

  • 紫外線対策を行う
  • しっかりと肌を保湿をする
  • 脱毛後に体温が上がるような行為を避ける
  • 脱毛当日の肌の調子によって施術を行うか決める

紫外線対策を行う

脱毛前や脱毛期間中に日焼けすると、やけどのリスクが上がり、肌の色がもとに戻るまで施術を受けられなくなる可能性があります。

そのため必ず外出するときは日焼け止めを使用しましょう。

室内でも紫外線の70%は入ってくると言われているので、室内でも日焼け止めを使用することをおすすめ

また目に紫外線が入ることで肌のメラニン色素が分泌量が増えるので、サングラスの着用も効果的です。

肌を保湿する

脱毛前の肌をしっかりと保湿することで、肌への負担を減らすことが可能です。

また水分がしっかり浸透した肌の方が、脱毛効果が高くなります。

また脱毛後は肌が炎症を起こしやすく乾燥している状態のため、しっかりと保湿をしてあげることが大切。

そのため脱毛前後は必ず保湿を忘れないようにしましょう。

脱毛後に体温が上がるような行為を避ける

脱毛後に体温が上がるような行為を避けることで、炎症を防ぐことが可能です。

そのため脱毛当日の入浴は避けることが大切。

一般的に脱毛の翌日から入浴可能とされています。

また飲酒や運動も控えることがポイント。脱毛後は赤み引くまでは飲酒や運動は避けましょう。

脱毛当日の肌の調子によって施術を行うか決める

施術当日の肌の調子が悪いときは、迷わず施術を控えるべきです。

肌の調子によってやけどのリスクは大きく変わります。

そのため「肌の乾燥がひどい」「肌がピリピリ」するなど調子が悪いときは、事前にスタッフに相談しましょう。

脱毛後にやけどしてしまった時「症状別の対処方法」

脱毛でやけどしてしまった時は、すぐに処置することで傷をすぐに治すことができ、「やけど跡」を防ぐことが可能です。

今回はやけどの症状別の対処法をご紹介します。

  • 痛みがある場合
  • 水ぶくれがある場合
  • 痛みがある場合

痒みがある場合

施術後の痒みは、乾燥することによって起きます。

脱毛後の肌はレーザーの熱によって水分を失い、またバリア機能が低下するため乾燥しやすい状態に。

そのため痒みを防ぐには保湿を行うことが大切

化粧水・乳液・クリームを使用し、しっかりと保湿することで、痒みを抑えることができます。

痒みが強くついかきむしりたくなることもありますが、やけど跡の原因になるので注意が必要。

3日間以上痒みが続く時は、皮膚科を受診しましょう。

痒み止めや炎症を鎮静する軟膏を処方されるので、痒みを確実に治すことができます。

水ぶくれがある場合

脱毛によるやけどの程度が中程度の時、水ぶくれができてしまいます。

水ぶくれがある時はすぐに皮膚科を受診しましょう。

また潰すとやけど跡の原因となるので、清潔に保ちなるべく触れないことが大切です。

痛みがある場合

脱毛直後に痛みがある場合は、やけどの炎症が起きてる証拠となります。

炎症を鎮静化するために応急処置として「流水」「冷えたタオル」などで冷やす必要があります。

流水をかけるときは直接炎症部位にかけるのではなく、周りの部位から優しくかけることが大切。

またタオルを使用する際は必ず清潔なタオルを使用してください。

保冷剤を直接肌に当てると凍傷の恐れがあるので避けましょう。

冷やしても痛みが治らない時は、皮膚科を受診しましょう。

またサロンやクリニックによってはアフターケアがあるので、ドクターサポートを受けれるか確認すると良いでしょう。

やけどしないサロンの選び方

最新の脱毛器を使用している

脱毛サロンを探す時に最も大切なのは、最新の脱毛機を使用しているサロンを選ぶことです。

最新の脱毛機は肌への負担を最小限に抑えながら脱毛効果を高める仕様になっていますが、古い脱毛機では最新のものと比べ、肌の負担が大きくなりやけどのリスクが高くなります。

そのため脱毛サロンを探すときは、どのような脱毛機を使用しているのかチェックすると良いでしょう。

施術前にしっかりとカウンセリングできる

施術前にドクターやスタッフと事前相談できる脱毛サロンを選ぶことで、肌の状態に合わせた脱毛プランを組むことが可能となります。

そのため無料相談などでスタッフや常駐している医師に、事前相談できるサロンを選ぶと良いでしょう。

アフターケアがついている

万が一やけどしてしまった時に、アフターケアがあるとすぐに適切な対処でき、やけど跡を防ぐことができます。

そのため医師によるアフターケアがあるサロンを選ぶことが重要です。

やけどのリスクを抑えて髭脱毛したい方はMen’s Selfがおすすめ

「やけどのリスクを抑えて脱毛したい」「でもなるべく早く髭脱毛したい」そのようにお考えの方におすすめなのがMen’s Selfです。

Men’s SelfはIPL脱毛を採用しており、以下の3つの特徴があります。

3億円で開発した髭専用の最新機器を使用

Men’s Selfは3億円で髭に特化した最新の脱毛機を開発しており、肌の負担を最小限に抑えながら脱毛することが可能です。

また通常早くても一年半ほどかかる髭脱毛を最短半年で完了させることができます。

またセルフで行う脱毛サロンのため、照射のレベルを自分で調整しながら痛みを抑えられます。

まずは体験申し込み!(30秒)

医療クリニックと提携しているため安心のアフターケア

一般的にサロンで行う脱毛は常駐の医師がついてないことが多く、アフターケアが整ってないことが多いです。

Men’s Selfはクリニックと医療提携しているため、万が一の場合でもいつでもオンライン診療を受けることができます。

そのためやけどをしても適切な対処を行うことが可能なため、安心して脱毛可能です。

提携クリニック:恵比寿ウエストヒルズクリニック

まずは体験申し込み!(30秒)

業界最安水準の価格を実現

「脱毛サロンに通いたいけど値段が高い」そのような方のために、Men’s Selfは業界価格最安水準の月額3980円での脱毛を可能にしました。

通常の脱毛サロンはスタッフの人件費が多くかかるので、施術の料金が高くなることが多いです。

しかしMen’s Selfはセルフで行う脱毛サロンのため、人件費を大幅にカットすることで価格を下げることができています。

さらに今だけ通常価格18,000円かかる脱毛体験を、初回限定の500円で受けることができます。

ランチ一回分の値段で脱毛効果を実感してみてください。

まずは体験申し込み!(30秒)

脱毛やけどの返金対応について

サロンやクリニックによって保証の対応が異なります。そのため契約書に、やけどなどの副作用が出た場合の時の返金保証があるのかをしっかりとチェックすると良いでしょう。

もしサロンに保証がない場合でも、以下の4つの項目は記録することをお勧めします。

  • 患部の写真
  • 医療費の領収書
  • 交通費の領収書
  • 医師の診察書

この4点を見せてもサロンやクリニックの何も対応してくれない場合は、弁護士に相談することで慰謝料を請求できる可能性があります。

脱毛やけど まとめ

今回は脱毛やけどについて詳しく解説しました。

脱毛でやけどする5つの原因
・レーザーの照射レベルが高い
・中古・旧式の脱毛機を使用している
・脱毛前に毛の処理を行ってない
・脱毛後に運動・入浴・飲酒をしている
・脱毛前後の日焼け
脱毛でやけどしやすい人の5つの特徴
・肌が黒い人
・乾燥肌の人
・光過敏症の人
・ほくろやシミがある部位を脱毛する人
・麻酔クリームを使用した人
脱毛によるやけどを予防する4つの方法
・紫外線対策を行う
・しっかりと肌を保湿する
・脱毛後に体温が上がるような行為を避ける
・脱毛当日の肌の調子によって施術を行うか決める
\今なら1,000円で脱毛体験/
Men’s Selfの体験申し込みはこちら!(30秒)
PAGE TOP