脱毛は白髪の髭にも効果がある?ツルツル肌になって髭剃りから解放!

白髪の髭って脱毛できるの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

脱毛をしようと思ってネットで調べていると、脱毛は黒い毛に反応していることを知った。白髪の髭がある自分は、脱毛ができないのかどうか心配になりますよね。

そのようなお悩みを抱えている方に「脱毛は白髪の髭にも効果があるのかどうか」について解説します。

また「白髪の髭を脱毛する方法」や「安くて早く脱毛できるおすすめサロンもご紹介」するため、日々の面倒な髭剃りから解放される方法を知ることができます

白髪に髭が脱毛できるかどうか知りたい方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

脱毛は白髪の髭にも効果がある?

白髪の髭

脱毛は白髪の髭にも効果があります!

しかし一般的な脱毛方法である以下の2種類は、白髪の髭に効果がありません。

■白髪の髭に効果がない脱毛
  • 光脱毛
  • レーザー脱毛

上記の脱毛方法は、髭のメラニン色素(黒い部分)を利用して、毛根に直接ダメージを与えて脱毛をしています。

しかし白髪の髭には、メラニン色素がありません。

そのため、光・レーザー脱毛は白髪の髭に効果がないのです。

実際、光・レーザー脱毛以外にも、脱毛の種類はあります。

次にご紹介する「2つの方法」で、白髪の髭を脱毛をすることができます。

ご紹介!白髪の髭を脱毛する2つの方法

白髪の髭を脱毛する方法は、以下の2つがあります。

  • ニードル脱毛 (美容電気脱毛)
  • SHR脱毛

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

美容電気脱毛

ニードル脱毛とは「電気が流れる針を、毛根1本1本に直接刺す」脱毛方法です。

毛根に針を直接刺し、毛を成長させる部分にダメージを与えることで脱毛をします。

メリット

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛には、以下の4つのメリットがあります。

■ニードル脱毛のメリット
  • メラニン色素に関係なく、白髪でも肌が黒い人でも脱毛できる
  • 火傷や硬毛化のリスクが少ない
  • 細い・薄い毛でも効果がある
  • 髭のデザインがしやすい

ニードル脱毛の1番のメリットは、光・レーザー脱毛ではできない「白髪」や「色黒の人」にも脱毛が行えることです。

また光・レーザー脱毛で起きやすい「火傷」「硬毛化(毛が濃くなる現象)」副作用もないことが特徴になります。

デメリット

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛のデメリットは、以下の3つがあります。

■ニードル脱毛のデメリット
  • 費用が高い
  • 痛みが強い
  • 脱毛前に髭を伸ばさないといけない

ニードル脱毛の1番のデメリットは、費用が高額になってしまうことです。

1本1本の毛に針を刺していくため、時間と労力がかかります。そのため、料金形態が「1本あたり○円」のようなことが多いです。

髭の総本数は平均で2万〜3万本と言われており、1本あたり100〜500円の費用がかかることが相場です。

つまりニードル脱毛で髭全てを脱毛する場合、総額で200万円以上もかかることになります。

また脱毛の痛みが、全ての脱毛の種類の中で最も痛いことも特徴です。

SHR脱毛

光脱毛

SHR脱毛とは、「メラニン色素を使わずに、毛の発育に重要な部分にダメージを与える」脱毛方法です。

毛の発育に関わる「バルジ領域」という部分にダメージを与えて、脱毛をしています。

メリット

SHR脱毛のメリット

SHR脱毛には、以下の3つのメリットがあります。

■SHR脱毛のメリット
  • 白髪や産毛にも脱毛の効果がある
  • ホクロや日焼け部分にも照射可能
  • 痛みが少ない

SHR脱毛の1番のメリットは、光・レーザー脱毛で処理できない、白髪や産毛、ホクロ部分などの毛も脱毛できることです。

また全ての脱毛の種類の中で、最も痛みが少ないと言われていることも特徴の1つです。

デメリット

SHR脱毛のデメリット

SHR脱毛のデメリットには、以下の3つがあります。

■SHR脱毛のデメリット
  • 脱毛の効果が弱い
  • 他の脱毛の種類より実績が少ない
  • 取り扱っている脱毛サロンが少ない

SHR脱毛の1番のデメリットは、脱毛の効果が弱いことです。

特に毛が濃い人の場合、光・レーザー脱毛よりも時間がかかると言われています。

またSHR脱毛は近年開発された方法であるため、実績が少ないことも特徴です。

白髪の髭の脱毛期間

白髪の髭を脱毛する期間

ニードル(美容電気)脱毛 SHR脱毛
脱毛期間 1年~2年半 1年半~2年

ニードル脱毛は「1年~2年半」、SHR脱毛は「1年半~2年半」の脱毛期間を要します。

また、白髪の髭の脱毛に通う頻度と脱毛回数は、以下のようになります。

ニードル脱毛:頻度は2ヶ月に1回,脱毛回数は8~15回
SHR脱毛:頻度は2週間~1ヶ月に1回,脱毛回数は12〜18回

光・レーザー・ニードル脱毛の効果などを詳しく知りたい方は、以下の記事をご参照ください。

安くて確実!白髪の髭も含めた全ての髭を脱毛する方法

白髪が髭の半分以上を占めている場合、脱毛の効果は弱いですが、費用を考えるとSHR脱毛を利用することがおすすめです。

しかし白髪の髭が半分以下の場合、以下のような方法をすることで、安く確実に脱毛ができます。

  • 白髪の髭だけをニードル脱毛する
  • 残りの黒い髭を光脱毛する

白髪の髭だけをニードル脱毛をする

白髪の髭が少ない場合、白髪の部分だけニードル脱毛をする方が、安く確実に脱毛ができます

一般的に、口の上や顎周りの髭の数は、3,100本近くあると言われています。

その内の2割くらいが白髪の場合、ニードル脱毛では6~30万円かかる計算になります。

残りの8割を光脱毛で安く確実に脱毛をすることで、24~100万円以上お得に脱毛をすることが可能です。

残りの黒い髭を全て光脱毛する

光脱毛はどの脱毛よりも安いことが多く、かつ脱毛効果があります

そのため、白髪以外の髭を脱毛する場合、光脱毛を行うことが効果的です。

そこでおすすめなのが、ヒゲ専門の光脱毛「Men’s Self(メンズセルフ)」です。

メンズセルフの紹介

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は最短5ヶ月総額72,500円〜と、業界最安値で顔全体の毛をツルスベ肌にすることが可能です。

ニードル脱毛と光脱毛を合わせて行っても、ニードル脱毛だけで脱毛するよりも「最大100万円以上安く済みます。

またMen’s Self(メンズセルフ)では、3億円かけて開発した最新の光脱毛機を取り扱っているため、本当に効果がある脱毛を実感できます。

医療クリニックとも連携しているため、万が一やけどなどが起きた場合でも、オンライン診療ですぐに対処することが可能です。

初回限定、先着で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、髭脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください。

Men’s Selfの特徴
  • 業界最安値の総額72,500円〜
  • セルフ脱毛のため、1回の施術が20分で終わり、最短5ヶ月でツルスベ素肌に
  • 痛みが少ない脱毛(5段階の照射レベル)
  • 顔全体の脱毛を行える

白髪の脱毛に関するQ&A

黒染めをしたら光・レーザー脱毛できないの?

黒染め

黒染めをしても、白髪の髭を脱毛することはできません

黒染めは、皮膚から出ている毛の部分だけを染めます

そのため、皮膚の下にある毛根部分の毛は、白髪のままです。

光・レーザー脱毛は、毛根までに続く「毛のメラニン色素(黒い部分)」を利用しています。

毛根部分の毛が白髪だと、毛根まで光・レーザーによる熱が毛根にまで伝わらないため、脱毛ができません。

白髪 髭 脱毛 まとめ

この記事では、「脱毛は白髪の髭に効果があるのか」「白髪の髭を脱毛する方法」「白髪の髭脱毛期間」「安くて早く脱毛する方法」をご紹介しました。

  • 脱毛は白髪の髭に効果はある。しかし光・レーザー脱毛は効果がない。
  • 白髪の髭を脱毛する方法は「ニードル脱毛(美容電気脱毛)」「SHR脱毛」の2種類
  • 白髪の髭の脱毛期間は、黒い髭と変わらず2年近くかかる
  • 安くて早く脱毛するには、光脱毛とニードル脱毛を合わせて脱毛する
  • 光脱毛のおすすめは「Men’s Self(メンズセルフ)

白髪の髭を早く安く脱毛するためには、ニードル脱毛と光脱毛を掛け合わせることがおすすめです。

メンズセルフの紹介

Men’s Self(メンズセルフ)の光脱毛マシンは、3億円かけて開発した「最新のヒゲ専用の脱毛器」であるため、出力の5段階調節で痛みと副作用を最小限に抑えます。

最短5ヶ月総額72,500円から始めることができ初回の場合「1,000円」から顔全体の脱毛体験が可能なため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

まずは体験申し込み!(30秒)

PAGE TOP