髭の毛周期はどれくらい?脱毛の頻度&期間と短期間で髭脱毛を終わらせる方法をご紹介

髭の毛周期ってどれくらいなの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

脱毛は毛周期の関係で毎日することはできないと目にし、髭の毛周期はどれくらいなんだろうと気になりますよね。

そのようなお悩みを抱えている方に「髭の毛周期」を解説します。

また「髭脱毛の適切な頻度」や「髭脱毛を早く終わらせる方法」もご紹介するので、効率的に脱毛サロンに通うことができます

髭の毛周期についてお悩みの方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

毛周期とは?

毛周期

毛周期とは「毛が生え変わるサイクル」のことで、大きく分けて「成長・退行・休止」の3つの段階があります。

毛の成長は、毛根にある「毛乳頭」と呼ばれる毛が生えるところから、毛の元となる「毛母細胞」が分裂することで起こります十分に成長した毛はその後分裂が止まり、毛乳頭から毛が抜けるようになります。

髪の毛などがふとした時に自然と抜けているのは、毛が成長期を終えて退行期・休止期のいずれかに入ったからです。

毛周期について
成長期:毛が生成し、成長している期間。
退行期:毛の成長が止まっている期間。毛が抜け始める時期。
休止期:毛の生成活動が休止している期間。

脱毛に最も効果がある時が成長期であり、その中でも上記の写真にある成長期2(成長の後期)が1番効果が高いです。

光・レーザー脱毛は、毛を通して毛乳頭に熱ダメージを与えています。そのため、毛乳頭に毛がついていない成長期以外では、脱毛をしても効果がありません

髭の毛周期はどのくらい?

 

成長期 退行・休止期
4ヶ月~1年 1~3ヶ月

髭の毛周期は「5ヶ月~1年3ヶ月」であり、その内成長期が「4ヶ月~1年」、退行・休止期が「1~3ヶ月」と言われています(個人差があります)。

実際、どの毛が成長期に入っているのかを1本1本見分けることは不可能です。その上、毛によって生えるタイミングが異なります。

そのため、「退行期と休止期を足し合わせた期間」で脱毛の頻度を決めると良いでしょう。

退行・休止期間以外は成長期であるため、「1~3ヶ月」周期で脱毛を行うと効率的に成長期を狙うことが可能です。

髭脱毛の適切な頻度と期間は?

光脱毛

上記のように、髭脱毛の適切な頻度は「1~3ヶ月」です。さらに正確な頻度を決めるには、肌の状態や毛の生え具合を見るといいでしょう。

肌の炎症が起きていたり、髭の生え具合が悪い場合は脱毛間隔を空けることをおすすめします。

脱毛の期間は脱毛の種類によって異なりますが、「早くて1年半」で終わることがあります。

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
効果がでる回数 8~10回 5~6回 5~6回
ツルツルになる回数 ~25回 ~13回 ~15回
脱毛期間 2年~2年半 1年~2年半 1年~2年半
痛み
弱い

強い(麻酔可能)
×
強い

一般的に脱毛の効果が強いほど短期間で終わりますが、痛みも強くなります。

髭脱毛を早く終わらせる3つの方法

髭脱毛を早く終わらせる方法は、以下の3つが挙げられます。

  • 毛抜きや脱毛クリームを使わない
  • 日焼け対策をする
  • 予約の取りやすい脱毛サロンに通う

毛抜きや脱毛クリームを使わない

毛を抜いている男性

毛抜きや脱毛クリームを使って脱毛をすると。肌が傷ついてまう恐れがあります

光脱毛などの脱毛は肌への負担がかかるため、元々肌が傷ついていると脱毛の出力を上げられず「脱毛の効果が弱く」なったり、「炎症を起こしやすく」なってしまいます

また髭を抜くことにより、毛を抜けた毛穴に皮脂汚れが蓄積されやすくなってしまい、肌トラブルを引き起こす可能性が高まります

そのため、毛抜きや脱毛クリームを使わないようにして、肌のダメージを最小限にしましょう。

日焼け対策をする

日焼け止め

光脱毛やレーザー治療は、毛穴のメラニン色素に反応させて脱毛をしています。

日焼けをしてしまうと「皮膚がメラニン色素を分泌をして肌を黒く」するので、照射レベルを上げられなかったり、日焼けが引くまで脱毛できない可能性があります。

そのため脱毛期間中は日焼け止めクリームなどを使い、日焼け対策を行うようにしましょう

日焼け止めクリームの選び方(成分について)
・屋内で過ごすことが多い方:「SPA20/PA++」
・日差しを浴びて過ごすことが多い方:「SPA20~50/PA+++」〜「PA++++」
(SPAの数とPAの+が多いほど、紫外線のカット率が高い)

予約の取りやすい脱毛サロンに通う

大手の脱毛サロンでは。施術をする人に対して1人1人脱毛をしていくため、1人あたりの時間が長くなってしまいます

また施術する人は何人もいるわけではないので、1時間あたりの脱毛の枠数も少なく、回転率も悪くなります。

そのため予約ができづらい状況になってしまうのです。

しかし脱毛サロン「Men’s Selg(メンズセルフ)」では、人手がかからないセルフ脱毛のため回転率が良く、予約が取りやすいことが特徴です。

一般的な脱毛サロンでは1回の脱毛時間に1時間近くかかるところ、Men’s Selfの脱毛はセルフ脱毛のため「15~20分」で終わります。

3億円かけて開発した「髭専用の脱毛器」は、脱毛の効果が高く、光の照射レベルを5段階調節できるため「痛みを最小限」にして脱毛を行えます。

Men’s Self(メンズセルフ)では顔全体の脱毛を、業界最安値の「月額3,100円」で最大38回まで行えます。初回限定で「500円」で体験脱毛を行えるため、脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください

Men’s Selfの特徴
・セルフ脱毛のため20分で脱毛が終わる上に、予約が取りやすい
・痛みの少ない光脱毛器(5段階の出力の調節ができる)
・髭だけでなく、鼻やもみあげなどの顔全体の脱毛を行える
・業界最安値の月額「3,100円」で最大38回まで脱毛を行える

毛周期に関するQ&A

Q&A

脱毛間隔が空いてしまうと脱毛効果はなくなるの?

脱毛間隔が空いてしまっても、脱毛効果はなくなりません

間隔が空いてしまうと、毛が生えそろってしまうため効果がなくなったと感じてしまうだけです。

毛根へのダメージはそのままであるため、長い期間脱毛の間隔が空いてしまっても大丈夫です。

毛周期を気にしない脱毛方法は?

SHR脱毛と美容電気脱毛の場合、毛周期を気にせず脱毛を行えます

2つの脱毛方法は「毛を作る組織に直接ダメージを与えている」ため、毛を利用して脱毛を行う光・レーザー脱毛とは違い、毛周期を気にする必要がありません。

しかしSHR脱毛は最新の脱毛方法なので、高額な上に確実な効果が不明です。また美容電気脱毛も費用が高額になる上に、脱毛の中でも最も痛いと言われています。

そのため費用と痛みを抑えられる光脱毛がおすすめです。

毛周期 髭 まとめ

この記事では、髭の毛周期や髭脱毛の頻度、脱毛を早く終わらせる方法などをご紹介しました。

  • 毛周期とは「毛が生えるサイクル」であり、成長後期が1番脱毛の効果が高い
  • 髭の毛周期は、成長期が「4ヶ月~1年」、後退・休止期が「1~3ヶ月」
  • 髭脱毛の適切な頻度は「1~3ヶ月に1回」、期間はツルツルになるまで「最短で1年半」で終わる(※個人差あり)
  • 髭脱毛を早く終わらせる方法は「毛抜きや脱毛クリームを使わない」「日焼け対策をする」「予約の取りやすい脱毛サロンに通う」

髭の毛周期を理解することで、効率的に脱毛を終わらせることが可能です。それに加えて、予約が取りやすい脱毛サロンに通うことで他のサロンに通う時と比べて脱毛期間をさらに短くできます。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は、人手がかからないセルフ脱毛のため、回転率が良いため予約が取りやすいです。

また施術時間も15~20分と、他のサロンと比べて4分の1近いスピードで1回の施術を終わらせることができます。

Men’s Self(メンズセルフ)の光脱毛機は、3億円をかけて開発した「髭専用の脱毛器」であるため、効果は最大限で痛みは最小限にする脱毛が可能です。

業界最安値の「月額3,100円」で顔全体の脱毛が最大38回行えます。初回の場合「500円」から体験ができるため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

まずは体験申し込み!(30秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP