カミソリ負けはオロナインで治せる?使い方、正しい髭の処理方法を紹介

カミソリ負けにオロナインを使用すると効果あるのかな?

そのようにお考えではありませんか。

髭剃りをして血が出た。カミソリ負けして肌が荒れてしてるので早く治したい。もし自宅にあるオロナインでカミソリ負けに効果があると理想的ですよね。

そんなあなたに朗報です!
オロナインはカミソリ負けに有効な成分が含まれています。
この記事を読めばそのことがよく分かります。

本記事ではカミソリ負けに対するオロナインの2つの効果、カミソリ負けしている時のオロナインの使い方をご紹介します。

またカミソリ負けを予防する髭剃りの方法、カミソリ負けを確実に防ぐ方法をご紹介するので、この記事を読めばカミソリ負けの悩みを解消できます。

カミソリ負けに悩んでる方に本記事がお役に立てれば幸いです。

カミソリ負けに対するオロナインの3つの効果

オロナインはカミソリ負けに効果的な軟膏薬です。今回はオロナインのカミソリ負けに有効な3つの効果を詳しくご紹介します。

  • 殺菌効果
  • 止血効果
  • 保湿効果

殺菌効果

殺菌効果

オロナインは「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という殺菌成分を含んでおり、傷ついた肌を雑菌から防ぐ効果が期待できます。

髭剃りは毛をそると同時に、肌の表面を削ってしまい肌を傷つけてしまいます。見てわかるほどの出血などではなくても、何度も髭を剃ることで肌の表面に小さな傷ができます。そのためこれらの傷に雑菌が入ると赤いブツブツができたり、膿を持った毛嚢炎(ニキビのようなもの)ができます。

そんな時にオロナインで傷ついた肌を殺菌することで、カミソリ負けによって肌が荒れるのを防げます。

またこの殺菌作用は一般的な傷やニキビにも効果があり、オロナインは傷口を殺菌する万能薬として広く使用されています。

止血効果

止血効果

肌が傷つき出血した時は、オロナインを使用することで血を止めることできます。

オロナインには止血薬にも使われる成分である「ラウロマクロゴール」と、ミョウバンの一種であり止血作用や肌を引き締める効果のある「硫酸アルミニウムカリウム」という成分が含まれています。

そのため髭剃りで血がでた際でも、オロナインを使用することで殺菌と同時に止血を行うことができるので、早く傷を治すことができます。

保湿効果

保湿効果

オロナインには「サラシミツロウ」や「ワセリン」など保湿成分が含まれており、カミソリ負けによって起きる肌の乾燥を防ぐことが可能です。

カミソリ負けは肌の角質層を削り取ってしまった状態なので、バリア機能が低下して乾燥しやすくなっています。肌が乾燥すると皮脂をより分泌するため、カミソリ負けが悪化していしまいます。

そのためオロナインの保湿成分はバリア機能が低下した肌の乾燥を防ぐことができるので、カミソリ負けに有効です。

カミソリ負けした時のオロナインの使い方

ここではカミソリ負けした時のオロナインの使い方をご紹介します。以下の手順となります。

  • 洗顔・保湿を行う
  • カミソリ負けの箇所を冷やす
  • オロナインを塗る

洗顔・保湿を行う

洗顔保湿を行う

オロナインを使用する際は肌を清潔にしておく必要があるので洗顔・保湿を行います。

洗顔ではカミソリ負けした肌に直接触れないように、泡立てた洗顔液でそっと汚れを落とします。

また保湿を行う際はカミソリ負けした箇所を手でふれるのは避けるべきです。手に雑菌がついている場合は炎症を悪化させる原因になります。そのため化粧水をコットンに浸して、肌にそっとおくことで保湿しましょう。

またカミソリ負けしている時は肌が傷ついているので、低刺激の洗顔料や化粧水を使用しましょう。

カミソリ負けの箇所を冷やす

カミソリ負けの箇所を冷やす

 

カミソリ負けで痛みや赤みがある場所を冷やすと、血管を伸縮させ症状を軽減することができます。

また毛穴を引き締める効果もあるので、雑菌が侵入を防ぎ、症状の悪化を予防できます

おすすめの方法は清潔で冷えたタオルを、そっとカミソリ負けしている箇所に当てることです。保冷剤などをタオルで包んで使用するのも良いでしょう。

オロナインを塗る

オロナインを塗る

オロナインはたくさん塗ると早く治るものではありません。

カミソリ負けしてない箇所にも使用してしまうと、殺菌作用によって肌の常在菌を殺してしまい余計肌荒れを起こす原因になります。また油分が多いので毛穴を詰まらせてしまう原因になりかねません。

そのためカミソリ負けでオロナインを使用するときは、炎症が起きている箇所だけに綿棒でちょこんとつけましょう。

カミソリ負けを予防する髭剃りの方法

肌に負担をかけない髭剃りを行えばカミソリ負けのリスクを下げることは可能です。

ここではカミソリ負けを予防する髭剃りのポイントを4つご紹介します。

  • 2週間ごとに替刃する
  • ウェットシェービングを行う
  • 順剃りの後に深剃りを行う
  • 髭剃りの後にスキンケアを行う

2週間ごとに替刃する

2週間ごとに替刃を行う

傷んだ刃や不衛生なカミソリを利用するとカミソリ負けが起きやすくなります。

傷んだ刃は肌を傷つけやすく、不衛生なカミソリは傷がある部分に雑菌が入り肌荒れを引き起こす原因なります。

そのため2週間ごとにカミソリの替刃を行うことをおすすめします。またカミソリは水気があるところに置くと刃が錆びてしまうので、湿気がすくない場所に保存しましょう。

ウェットシェービングを行う

ウェットっシェービングを行う

お湯で肌を濡らして毛穴を開き髭を柔らかくしてから、シェービング剤をつけて行う髭剃りの方法をウェットシェービングと呼びます。

ウェットシェービングは乾いた肌で髭を剃るよりも肌の負担を減らすことができ、滑らかな深剃りが可能です。

通常の髭剃りよりも多少時間がかかりますが、カミソリ負け予防とツルツルした肌になることができます。

順剃りの後に逆剃りを行う

順剃り後に深剃りを行う

順剃りは毛の流れに剃ってシェービングを行うのに対し、逆剃りは毛の流れに逆らってシェービングを行います。

逆剃りは順剃りに比べて深剃りが可能ですが、肌の負担が大きくカミソリ負けを起こしやすいです。

そのため逆剃りをしたい方はまず順剃りを先に行うこと良いでしょう。

そうすることで肌の負担を減らして、深剃りができます。

また必ず逆剃りをする際は、ウェットシェービングで行うようにしましょう。

髭剃りの後に保湿を行う

髭剃りの後に保湿を行う

シェービングを行うと角質が取れ、肌が乾燥しやすくなります。

肌の乾燥は余計な皮脂を発生させ肌荒れの原因になるので、保湿によって潤いを与える必要があります。

そのため髭剃りを終えるとすぐに、化粧水と保湿クリームを利用してください。またスキンケアに時間が取れない方は化粧水・乳液・美容液の全てが含まれているオールインワン化粧水を利用すると良いでしょう。

カミソリ負けしたくない方は髭脱毛がおすすめ

カミソリ負けしたくない方はサロンによる髭脱毛がおすすめ

肌の負担を減らすように髭剃りを行っても、確実にカミソリ負けを防ぐ保証はありません。

カミソリ負けにもうなりたくない方は髭脱毛をおすすめします。

髭脱毛を行うと髭の処理によって口元が真っ赤に荒れることや、血が出て見た目が悪くなることもなくなります。しかし脱毛は時間とお金がかかるので、避けていたかたも多いと思います。

しかしMen’s Selfの髭脱毛は3億円で髭に特化した業界初の脱毛機器を使用しているので通常1〜2年ほどかかる髭脱毛を最短半年で完了することができます。

また照射のレベルの5段階で調整できるので痛みを最小限に抑えることが可能となっています。

さらにMen’s Selfはセルフで行う脱毛のため人件費を抑えることでき、業界最安水準の月額2,778円で髭脱毛を行うことができます。

今だけ初回500円で脱毛体験を行ってるので、髭剃りをしてもいつもカミソリ負けお悩み方は、気軽に下記のリンクより申し込みください。

まずは体験申し込み!(30秒)

Men’s Selfの特徴
・3億円で開発した髭に特化した脱毛機器
・5段階の照射レベルから選べるため、自分の耐えられる痛みに合わせて脱毛できる
・セルフで行う脱毛サロン
・業界最安水準の月額2,778円

カミソリ負けはオロナインで治す まとめ

今回はカミソリ負けに対するオロナインの効果、使い方、カミソリ負けを予防する髭剃りの方法、髭脱毛について詳しく解説しました。

  • オロナインは殺菌・止血・保湿効果がありカミソリ負けに効果的
  • カミソリ負けでオロナインを使用する時は洗顔・保湿→カミソリ負けの箇所を冷やす→患部にオロナインをつけるの順番で行う
  • 肌に負担の少ない髭剃りを行うことで、カミソリ負けを予防できる
  • カミソリ負けしたくない方は髭脱毛がおすすめ

オロナインを使用することでカミソリ負けを治すことが可能です。また肌に負担をかけずに髭剃りを行えばカミソリ負けの頻度を減らすことができます。

しかし確実に防ぐことは難しいので、もうカミソリ負けに悩まされたくないない方は髭脱毛を受けることをおすすめします。

今だけ1回500円で脱毛体験を行っています。髭脱毛に興味のある方は下記のリンクから気軽にお申しこみください。

まずは体験申し込み!(30秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP