未成年は脱毛は可能!20歳未満が脱毛する条件と費用を抑える方法をご紹介

未成年でも脱毛ってできるの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

自分の毛が気になり始め、脱毛をしてみたいと思ったけれど、未成年は脱毛ができるのか分からない。もし未成年でも脱毛を行えたら理想的ですよね。

そのようなお悩みを抱えている方に朗報です。
何歳からでも脱毛をすることができます!

しかしある条件が必要になるため、この記事では「未成年が脱毛をする条件」について解説します。

また未成年が脱毛をするメリット・デメリットや、脱毛費用を抑える方法もご紹介するので、未成年でも安心して脱毛を行うことが可能です。

この記事が、未成年でも脱毛ができるかどうか分からない方のお役に立てれば幸いです。

  • 未成年が脱毛をする条件は「保護者の 同意書の提出」と「保護者への電話確認」
  • 未成年が脱毛をするメリットは「コンプレックスを解決」「肌が綺麗になる」「脱毛に通いやすい」
  • デメリットは「新しい毛が生えてくる可能性」「日焼けができない」「高額な脱毛費用」
  • 脱毛費用を抑える方法は「学割プランがある脱毛サロンに通う」「医療ローンに申し込む」「クレジットカードで分割」
  • 未成年におすすめな脱毛サロンは、業界最安値で学割20%offが使えるMen’s Self

\未成年でも脱毛可能!/
【先着30名】脱毛の体験申し込み!

未成年が脱毛をする2つの条件は保護者の「同意書」「電話確認」

未成年が脱毛をする条件は、主に以下の2つがあります。

  • 保護者の同意書の提出
  • 保護者への電話確認

未成年が脱毛をする場合「保護者の同意書の提出」と「親権者への電話確認」が必要になり、それらが満たされない脱毛をすることができません。

同意書と電話確認さえ済めば、脱毛時に保護者の同伴などが必要にならないことがほとんどです。

しかし脱毛サロンによって未成年者の扱いが異なる場合があるので、通いたいサロンのホームページを見るか、電話で確認するようにしましょう。

未成年が脱毛をする3つのメリット

ここでは、未成年が脱毛をするメリットを3つご紹介します。

未成年でも脱毛できることを知って、本当にするべきかどうかお悩みの方の判断基準になれば幸いです。

  • 毛の悩みを解決できる
  • 肌が綺麗になる
  • 脱毛に通いやすい

毛の悩みを解決できる

毛に悩む男性

特に思春期は「人の目が気になる時期」であるため、毛の悩みを解決することで学生生活がより楽しくなる可能性があります

脱毛ひとつでコンプレックスや悩みを解決できるなら、やってみる価値は大いにあると思います。

10代男性
10代男性
中学生の頃から毛が濃くなり始め、高校生になってからかなりコンプレックスでした。そこで思い切って親に相談をし、脱毛をさせてもらいました。
早いうちから脱毛の効果が出始め、今では毛の悩みのなく、周りを気にせず楽しく学生生活を楽しんでます!

肌が綺麗になる

肌が綺麗な男

毛がなくなることで肌が綺麗に見えるのはもちろんですが、脱毛によってニキビなどの肌トラブルを減らすことが期待できます。

ニキビなどは毛穴に皮脂汚れなどが溜まることが原因の1つです。そこで脱毛をすることにより毛穴が縮小し、汚れが溜まり辛くなり肌が綺麗になります。

また毛穴の開きや黒ずみも解消できるため、特に顔の脱毛が肌を綺麗に方法としておすすめです。

10代男性
10代男性
顔の脱毛をしてからニキビができる回数が明らかに減りました!髭もニキビもコンプレックスだったので、脱毛をして良かったです。

脱毛に通いやすい

光脱毛の光の照射

社会人になると仕事の関係で時間のゆとりがなくなるため、脱毛を終える期間が通常よりも長くなってしまいます。

高校生や大学生の場合、時間を取りやすいので脱毛に通いやすく、日常生活における脱毛の負担が少ないです。

そのため時間が取りやすい未成年の内に、脱毛をしておくといいでしょう

未成年が脱毛をする3つのデメリット

未成年が脱毛をするデメリットを3つご紹介します。

  • 新しい毛が生えてくる可能性がある
  • 日焼けができない
  • 高額な脱毛費用がかかる

新しい毛が生えてくる可能性がある

毛が生える

特に高校生の場合、毛が全て生えそろっていない可能性があるため、脱毛後に毛が生えてくる恐れがあります。

実際、毛がいつ生え揃うのかは個人差もあり、明確ではありません。

しかし体の成長が止まっている場合毛が生えそろっている場合が多いため、身長が止まった時を目安に脱毛を受けるといいかもしれません。

日焼けができない

日焼けした男性

光・レーザー脱毛の場合、日焼けをしてしまうと脱毛ができなくなる可能性があります。

通常脱毛をする際に、毛の黒い部分(メラニン色素)を利用して脱毛を行っているため、日焼けをしてしまうと肌が黒くなった部分にも反応してしまいます。

そのため火傷になりやすくなりため、日焼け止めクリームなどを使用して、脱毛期間中は日焼け対策をする必要があります。

高額な脱毛費用がかかる

お金

脱毛にかかる費用は、部位や脱毛の種類によって大きく異なりますが、合計で10万円以上かかることが多くあります。

未成年のうちに10万円を払うことは難しく、バイトでお金を稼ぐのに加え学業も両立させる必要があります。

バイトで脱毛費用を稼ぐ場合多くの時間を取られてしまうので、脱毛をする前に考える時間の使い方を考える必要があります。

未成年の脱毛費用を抑える方法3選|学割プランがおすすめ!

ここでは脱毛の費用を一括で支払いができない人に向けて、脱毛費用を抑える方法をご紹介します。

  • 学割プランがある脱毛サロンに申し込む
  • 医療ローンに申し込む
  • クレジットカードで分割払いにする

学割プランがある脱毛サロンに申し込む

学割

脱毛サロンの中には「学割プラン」がある場合あります。

学割プランは通常の料金から10~20%割引されることが多く、社会人と比べてお金がない学生にとってお得なプランとなっています。

そのため学割プランがある脱毛サロンにに申し込み、脱毛の費用を抑えましょう。

医療ローンに申し込む

ローン

レーザー脱毛をする場合のみ、医療ローンを申し込むことができます。

しかし収入がない方や高校生だけでは、医療ローンを組むことが難しいです。親権者が保証人になることで医療ローンを組める場合がほとんどです。

クレジットカードで分割支払いにする

クレジットカード

18歳以上の場合クレジットカードを持つことが可能なため、カード決済をする場合「分割で支払う」ことが可能です。

しかし、18歳未満はクレジットカードを作れないため、親のクレジットカードを使う許可を得て、代わりに払ってもらうしかありません。

一括での支払いは難しいけれど、バイトをして分割して返済できることが多いため、親に脱毛費用を肩代わりしてもらい親に「毎月返済」をするのも1つの手です。

未成年でも1,000円から脱毛できるおすすめサロン

\未成年でも脱毛可能!/
【先着30名】脱毛の体験申し込み!

Men’s Self(メンズセルフ)はどの年代の人でも脱毛することができます。

Men’s Self(メンズセルフ)の脱毛器は、3億円をかけて開発したヒゲ専用の光脱毛機であるため、脱毛の効果が高いだけでなく、痛みも少ないことが特徴です。

セルフ脱毛であるため「1回の施術が15~20分」と他の脱毛サロンと比べて4分の1近い時間で終わらすこともできます。

初回限定で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください

 
Men’s Selfの特徴
  • 最短9ヶ月で脱毛完了
  • セルフ脱毛のため、アンダーヘアも恥ずかしくない
  • 広範囲に連射で脱毛できるため、短時間かつ効果的に脱毛できる

 

未成年の脱毛に関するQ&A

成人だと嘘をついたらバレるの?

バレることがほとんどです。

脱毛サロンによって異なりますが、脱毛を受けるためには「身分証明書の提示」を求められることがあります。

その時にバレてしまうことがほとんどですし、そもそも学割を使うためには学生証の提示が必要なため、どちらにせよバレてしまいます。

仮に脱毛時に身分証明書の提示がない場合でも、顔立ちから未成年だと思われてしまうと、身分証明書を求められることがほとんどです。

そのため嘘をつかずに、保護者からの許可をもらい脱毛をするようにしましょう。

同意書なしに脱毛できるとこはないの?

ほとんどないと思われます

まともな脱毛サロンやクリニックは、お客様の安全を保証するために未成年者に同意書を必ず求めます。

もし同意書がない脱毛サロンがあるとしたら、脱毛の効果がほとんどなかったりなど「悪徳な脱毛サロン」である可能性が高いです。

誰でもできるように脱毛の入り口を広げ、お金儲けをしようとしている可能性があるので、未成年者に同意書を求めない脱毛サロンには行かないようにしましょう。

脱毛ってどれくらい期間がかかるの?

脱毛の種類によりますが、光脱毛の場合「2年~2年半」、レーザー脱毛は「1年~2年半」、美容電気脱毛は「1年~2年半」になります。

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
効果がでる回数 8~10回 5~6回 5~6回
ツルツルになる回数 ~25回 ~13回 ~15回
脱毛期間 2年~2年半 1年~2年半 1年~2年半
痛み
弱い

強い(麻酔可能)
×
強い

美容電気脱毛やレーザー脱毛の方が早い期間で脱毛を終わらせることができますが、その分痛みが強く、費用がかかってしまいます。

そのため時間がある未成年のうちは、安くて痛みの少ない光脱毛をおすすめします。

未成年の脱毛 まとめ

この記事では、未成年が脱毛をする条件、メリット・デメリット、脱毛費用を安くする方法などをご紹介しました。

  • 未成年が脱毛をする条件は「保護者の 同意書の提出」と「保護者への電話確認」
  • 未成年が脱毛をするメリットは「コンプレックスを解決」「肌が綺麗になる」「脱毛に通いやすい」
  • デメリットは「新しい毛が生えてくる可能性」「日焼けができない」「高額な脱毛費用」
  • 脱毛費用を抑える方法は「学割プランがある脱毛サロンに通う」「医療ローンに申し込む」「クレジットカードで分割」
  • 未成年におすすめな脱毛サロンは、業界最安値で学割20%offが使えるMen’s Self

未成年でも脱毛を行うことができますが、脱毛の費用が多くかかってしまうことがネックです。

しかし脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は最短9ヶ月と、業界最安水準で体全体の毛をツルスベにすることが可能です。

初回限定、先着で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、腕毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください。

 
Men’s Selfの特徴
  • セルフ脱毛のため、安くて早い
  • 広範囲に連射で脱毛できるため、短時間かつ効果的に脱毛できる
PAGE TOP