家庭用脱毛器を毎日使用しても効果はあるの?適切な使用頻度と脱毛を早く終わらせる方法をご紹介

家庭用脱毛器って毎日使っても効果はあるの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

家庭用脱毛器の説明書には、数週間に1回の使用頻度と書かれている。もし脱毛器を毎日使って早く脱毛を終わらすことができたら理想的ですよね。

そのようなお悩みを抱えている方に、「家庭用脱毛器を毎日使用しても効果があるのか」について解説します。

また「家庭用脱毛器の使用頻度」や「家庭用脱毛器による脱毛を早く終わらせる方法」もご紹介するので、脱毛を効率的に終わらせることが期待できます。

家庭用脱毛器を毎日使用して脱毛効果が早まるかどうか知りたい方にとって、この記事がお役に立てれば幸いです。

家庭用脱毛器を毎日使用しても効果はあるの?

疑問に思う男性

家庭用脱毛器を毎日使用しても、脱毛の効果はありません。

なぜなら毛周期と呼ばれる「毛が生え変わる周期」が関係しているからです。

【毛周期とは】
毛周期とは毛が変わる周期であり、「成長期」「後退期」「休止期」の3つのサイクルがある。
成長期:毛が生成され、成長している期間。
退行期:毛の成長が止まっている期間。毛が抜け始める時期。
休止期:毛の生成活動が休止している期間。

光・レーザー脱毛の場合、毛を通して毛根にダメージを与え、脱毛をします。しかし成長期以外は毛根に毛がついていないため、毛根にダメージを与えることができません。

そのため、毎日脱毛をしても効果がないのです。

むしろ、脱毛器を毎日使うことで肌にダメージを与えてしまい、ニキビや火傷などの原因になるため絶対にやめましょう

家庭用脱毛器の最適な使用頻度は?

部位 成長期 退行期+休止期
ヒゲ 4ヶ月~1年 1~3ヶ月
ワキ 4ヶ月 3ヶ月
3~4ヶ月 4~5ヶ月
背中 2ヶ月 3ヶ月
VIO 1~2ヶ月 3ヶ月
4ヶ月 6ヶ月

(部位ごとの毛周期の表)

家庭用脱毛器の最適な使用頻度は、個人差はありますが「退行期と休止期を足し合わせた期間の2分の1の期間」を目安に行うといいでしょう。

家庭用脱毛器を使った場合の脱毛頻度
・ヒゲ→2週間~1ヶ月半に1回
・ワキ→1ヶ月半に回
・腕→2ヶ月~2ヶ月半に1回
・背中→1ヶ月半に1回
・VIO→1ヶ月半に1回
・足→3ヶ月に1回

一般的に脱毛は、毛根に毛がついている成長期に行うのが1番効果的です。

しかし、毛によって生えるタイミングが違うため、どの毛が成長期に入っているかどうかを見分けることはできません

その上、家庭用脱毛器は効果が弱いため、脱毛サロンで脱毛するよりも短い間隔で行う必要があります。

通常「退行期と休止期を足し合わせた期間」で脱毛をしますが、家庭用脱毛器では脱毛サロンの脱毛器と比べて出力レベルが半分くらいの場合があるため、「退行期と休止期を足し合わせた期間の2分の1」の頻度で行うこといいでしょう。

実際、脱毛回数を多くしてしまうと肌に負担がかかる可能性があるだけでなく、効果が感じられないことが多いです。

家庭用脱毛器による脱毛はいつ終わる?

いつ?

家庭用脱毛器では、毛がツルツルになるまでに「3年近くの脱毛期間」を要すと言われています。

一方、脱毛サロンでは脱毛の効果が高いため「約2年」で終わることが一般的です。

家庭用脱毛器は光の出力が弱いため、脱毛サロンよりも脱毛期間がかかってしまいます。また家庭用脱毛器は産毛などの細い毛には効果が薄く、理想の脱毛とは異なる結果になる可能性も。

そのため脱毛の効果を早く感じたい場合や無駄なく脱毛したい場合は、脱毛サロンに行くことをおすすめします。

家庭用脱毛器で脱毛を早く終わらせる3つの方法

家庭用脱毛器で脱毛を早く終わらせる方法は、以下の3つが挙げられます。

  • 脱毛前にシェービングを行う
  • 脱毛後に保湿を行う
  • 日焼けをしない

脱毛前にシェービングを行う

シェービングを行っている男性

脱毛部位のシェービングをしてから家庭用脱毛器を使うことで、脱毛期間を最小限にすることができます。

毛が長いと家庭用脱毛器による熱が分散してしまい、毛根に十分な熱が伝わりづらくなります。その結果、脱毛の効果が弱くなってしまいます

特に家庭用脱毛器の場合「光の出力が弱い」ため、脱毛箇所をしっかりとシェービングをする必要があります。

また毛が長いと「熱を持った毛が肌に当たる」可能性が高まり、火傷などのリスクが起きやすくなってしまいます

そのため脱毛前にシェービングを行い、効率的に脱毛を行うようにしましょう。

※注意
毛抜きや脱毛クリームで毛の処理をする場合「毛根から毛が抜けてしまう」ため、メラニン色素を利用している脱毛器(光・レーザー脱毛)では、脱毛効果がなくなってしまいます。

脱毛後に保湿をする

肌の保湿をしている男性

脱毛後の肌は、家庭用脱毛器の熱によってダメージが与えられている状態です。

ダメージがある肌でさらに脱毛を重ねてしまうと、肌荒れや火傷になる可能性が高くなります。最悪の場合、脱毛を行えなくなることも。

保湿をすることで脱毛による肌のダメージが修復されます。その結果、肌のダメージによって脱毛ができなることを防ぎ、最短で脱毛が完了することができます。

※化粧水や保湿クリームのおすすめ
化粧水や保湿クリームは「敏感肌」タイプが肌には良いです。
男性用の肌のテカリを抑える成分を配合している化粧品は、肌への刺激があるため控えるようにしましょう。また脱毛後の肌は熱を持っているため、化粧水を冷やしてアイシング代わりにするのもおすすめです。

日焼けをしない

日焼け止め

日焼けをすると、紫外線の刺激から身を守るために肌がメラニン色素が生成し、肌が黒くなります。

脱毛器(光脱毛)は毛のメラニン色素を利用して脱毛を行っているため、メラニン色素である日焼け部分にも反応してしまいます。

そうすると火傷をする可能性が高まるため、光の照射レベルを落とす必要があります。最悪の場合、脱毛器を使えなくなる可能性もあります。

また家庭用脱毛器は脱毛サロンと違い、自分で日焼けの度合いや肌の状態を確認しなければなりません。そのため、火傷を負う確率が高くなってしまいます。

火傷を負う確率を下げるために、脱毛期間中は日焼け止めクリームを使用して、日焼けをしないようにしましょう

日焼け止めクリームの選び方(成分について)
・日常的に屋内にいることが多い人:「SPA20/PA++」
・日常的に屋外いて、日差しを浴びることが多い人:「SPA20~50/PA+++」〜「PA++++」
(SPAの数とPAの+が多いほど、日焼け止めの効果が高い)

家庭用脱毛器より早く脱毛が終わるおすすめ脱毛サロン

おすすめ脱毛サロン「Men ‘s Self(メンズセルフ)」では、最短半年で脱毛を終わらせることができます。

また一般的な脱毛サロンでは1回の脱毛に1時間近くかかるところ、セルフ脱毛のため15~20分で終わらすことが可能です。

また他の脱毛サロンとは違い「予約が取りやすい」上に、駅から最短1分の立地(渋谷店)にあるため、自宅で脱毛をするのと変わらない労力で脱毛を行えます。

3億円をかけて開発した「ヒゲ専用の光脱毛器」を取り扱っているため、脱毛の効果が高いのはもちろん、痛みを極力少なく(光の照射を5段階調節)して脱毛を行えます

Men’s Self(メンズセルフ)では顔全体の脱毛を、業界最安値の「月額3,100円」で最大38回まで行えます。初回限定で「500円」で体験脱毛を行えるため、脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください

Men’s Selfの特徴
・痛みの少ない光脱毛器(5段階の出力の調節ができる)
・髭だけでなく、鼻やもみあげなどの顔全体の脱毛を行える
・セルフ脱毛のため20分で脱毛が終わる上に、予約が取りやすい
・業界最安値の月額「3,100円」で最大38回まで脱毛を行える

 

家庭用脱毛器 毎日 まとめ

この記事では、「家庭用脱毛器を毎日使用した場合の効果」や「家庭用脱毛器の使用頻度」」「脱毛を早く終わらせる方法」をご紹介しました。

  • 毛周期の関係で、毎日家庭用脱毛器を使用しても意味がない
  • 家庭用脱毛器による脱毛は、早くても2年以上はかかる
  • 家庭用脱毛器の脱毛を早く終わらせる方法は「脱毛前にシェービング」「脱毛後の保湿」「日焼けをしない」
  • 家庭用脱毛器より早く脱毛を終わらせるには脱毛サロン「Men’s Self」がおすすめ

家庭用脱毛器は毎日使用しても効果が得られないため、脱毛部位ごとの使用頻度にあわせて脱毛をすることが重要です。

しかし家庭用の脱毛器では脱毛サロンと比べてプラス1年近くかかる上に、脱毛効果が十分ではありません。そのため脱毛サロンの脱毛がおすすめです。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」では、一般的な脱毛サロンで1回の施術に1時間かかるところ、セルフ脱毛のため15~20分でを終わらせることができます。

また他の脱毛サロンと違い予約が取りやすい上に、LINEで簡単に予約をすることも可能です。

業界最安値の「月額3,100円」で最大38回まで、顔全体の脱毛を行えます。初回の脱毛体験に限り「500円」から試すことができるので、ぜひ下記リンクからお申し込みください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP