ヒゲ脱毛の6つの副作用と対策!副作用が起きた場合の対処法もご紹介

ヒゲ脱毛に副作用ってあるの?
あなたは今、そのようにお考えではないですか?

ネットでヒゲ脱毛は痛いと目にし、痛み以外に火傷などのリスクがあるかもしれないと不安に。副作用を心配することなく、ヒゲ脱毛が行えたら理想的ですよね。

そのようなお悩みを抱えている方に「ヒゲ脱毛の6つの副作用」を解説します。

また「ヒゲ脱毛の副作用を防ぐ5つの方法」もご紹介するため、副作用を最小限にしてヒゲ脱毛を行うことができます

ヒゲ脱毛の副作用でお悩みの方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

ヒゲ脱毛の6つの副作用

ヒゲ脱毛には大きく6つの副作用があり、脱毛の種類によって副作用のリスクが異なります。

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
赤みやヒリヒリ感
肌のやけど
毛嚢炎
硬毛化 ×
埋没毛 ×
色素沈着

(○:リスクあり,△:ややリスクあり,×:リスクなし)
(※「美容電気脱毛>レーザー脱毛>光脱毛」の順に痛みが強いです。)

赤みやヒリヒリ感

首の炎症

ヒゲ脱毛の副作用として、皮膚の炎症反応による「赤みやヒリヒリ感」があります

全ての脱毛の種類で起きることがほとんどで、一般的にはすぐに治ることがほとんどですが、肌が敏感な方は数日間赤みやヒリヒリ感が残ることがあります。

主な原因として、脱毛による刺激と肌のコンディションがあり、脱毛の痛みが強いほど刺激が強く、肌が乾燥をしていたりすると副作用が起こりやすくなります

そのため肌の保湿をすることと、肌が弱い方は「痛みが弱い光脱毛」にすることがおすすめです。

肌のやけど

やけど

脱毛は「毛根に部分に熱を与える」ことで毛を生えにくくしているため、脱毛の種類や出力の強さによって、やけどをする恐れがあります

「レーザー脱毛」や「美容電気脱毛」は脱毛効果は高いですが、やけどなどの副作用になる可能性が高いです。

一方「光脱毛」は、光の照射レベルが低いためやけどになる確率は低くなります

もし万が一やけどになっても「ほとんどの場合は痕が残ることはなく」、1週間以内に治ることが多いです。

しかし水ぶくれになったり、やけどを放置していると痕になる可能性があるため、やけどになった場合は医師の治療を受けるようにしましょう。

毛嚢炎

白ニキビのように、細菌によって「発疹」や「膿」が皮膚の表面できることを「毛嚢炎」といいます

肌にはブドウ球菌という菌が常に存在しており、皮膚のバリア機能を保つ働きをしています。

しかし脱毛の熱刺激によるダメージにより、肌のバリア機能が低下し、ブドウ球菌が毛穴の傷ついた部分に張り込み「毛嚢炎」を起こしてしまいます

脱毛による刺激の他に、剃刀や毛抜きや肌の乾燥による刺激でも毛嚢炎が起こる可能性があります。

毛嚢炎は一時的なことが多く、軟膏や内服薬で治ることがほとんどです。

硬毛化

硬毛化

硬毛化とは「光・レーザー脱毛による熱刺激によって、産毛などの細い毛が硬く・細くなること」です。

詳しい原因はわかっていませんが、脱毛の部位や人によって硬毛化の発症確率は変化し、おおよそ10%程度の確率で発症すると言われています。

硬毛化によって、脱毛期間が伸びたり、脱毛前より毛が濃くなることがありますが、脱毛を重ねることで解消されることがほとんどです。

埋没毛

埋没毛

埋没毛とは「毛穴に埋まったまま、皮膚の中で成長する毛」のことです。

髭脱毛による熱ダメージなどによって毛穴が傷ついてしまうことが主な原因であり、その毛穴の部分の角質層が分厚くなることで、毛が皮膚の外側に出れなくなってしまいます。

埋没毛は、脱毛の回数を重ねると治ることがほとんどですが、毛抜きなどで無理やり引き抜いたりしてしまうと、色素沈着やシミの原因になる恐れがあります

色素沈着

色素沈着

色素沈着とは「脱毛によって炎症した箇所が、黒ずんだりすること」です。

やけどなどの症状が起きると、皮膚はメラニン色素を分泌し、肌を守ろうとします。

分泌されたメラニン色素が脱毛によって炎症を起こした箇所に沈着することで、肌が黒ずんだりしてしまいます。

色素沈着を起こし肌を元に戻すのは難しいですが、美容液によって肌のターンオーバーを促進したり、レーザー治療を行うことで元の肌に近づけることは可能です。

ヒゲ脱毛の副作用を防ぐ5つの方法

ヒゲ脱毛の副作用を防ぐ方法は、以下の5つになります。

  • 脱毛後に保湿をする
  • 日焼け対策をする
  • 髭を抜かない
  • 生活習慣を整える
  • 脱毛前にシェービングを行う

脱毛後に保湿をする

保湿

脱毛後に保湿をすることで、肌の乾燥を防いだり、熱ダメージによる肌の刺激を回復させることができます。

化粧水や美容液などは刺激が弱い「敏感肌」タイプの方が良く、男性用のテカリを抑える成分が入っている化粧品は刺激が強いので控えた方がいいです。

また脱毛後の肌は熱を持っているため、化粧水を冷やしてアイシング代わりにするのもいいでしょう。

日焼け対策をする

日焼けはNG

日焼けをしてしまうと、肌はメラニン色素を分泌し肌を黒くしてしまいます。

光脱毛やレーザー脱毛は、熱ダメージを毛のメラニン色素を通して毛根にダメージを与えているため、皮膚のメラニン色素にも反応してしまいます。

そのため脱毛によって皮膚に直接熱を与えていることになるため、やけどなどのリスクが非常に起きやすくなってしまいます

脱毛期間中は日焼けをしないように、日焼け止めクリームなどで紫外線対策をするようにしましょう

日焼け止めクリームの選び方(成分について)
・日に当たることが少ない人:「SPA20/PA++」
・日に当たることが多い人:「SPA20~50/PA+++」〜「PA++++」
(SPAの数とPAの+が多いほど、紫外線のカット率が高い)

ヒゲを抜かない

髭を抜いている男性

ヒゲを抜いてしまうと、毛穴に傷がついてしまい「毛嚢炎」「埋没毛」を引き起こしてしまいます

またヒゲを抜いた毛穴に皮脂汚れが溜まりやすくなり、ニキビなどもできやすくなってしまいます。

傷ついた状態の肌で脱毛を受けてしまうと、ヒリヒリ感が起こったり、やけどになる可能性もあるため、髭が気になっても抜かないようにしましょう

生活習慣を整える

睡眠を取っている男性

生活習慣が乱れてしまうと、肌の乾燥を引き起こしたり、バリア機能を低下させる恐れがああります

それに伴い脱毛による「皮膚の赤みやヒリヒリ感」「毛嚢炎」が起こりやすくなってしまいます。

そのため以下のように、生活習慣を整えて脱毛の副作用を防ぐことが重要です。

  • 7時間以上の睡眠
  • 栄養の偏りが無い、1日3食の食生活
  • 週3日以上の運動
  • ストレスを溜めない
  • 禁煙

また生活習慣を整えることで、肌のターンオーバーも促進されるため、「埋没毛」や「色素沈着」を改善することも期待できます

脱毛前にシェービングを行う

シェービングをしている男性

髭が長いまま脱毛を行うと、熱を持った毛が肌に当たってしまい、やけどになる可能性が高くなってしまいます

また毛が長いことで脱毛器による熱が分散してしまい、脱毛の効果も少なくなってしまいます

そのため脱毛前にシェービングを行い、副作用のリスクを抑えることが重要です。

副作用が起きた場合は?

question

脱毛を受けたサロンに連絡をし、副作用をどうするのかを対応してもらいましょう。

大手の脱毛クリニックやサロンの場合、病院と連携していたり、医師が在中していることもあるため、迅速に適切な処置を行ってくれる場合があります。

しかし粗悪なサロンの場合、アフターサービスがないこともあるため、自分で皮膚科に行く必要性があります

そのため脱毛の契約を結ぶ前に、副作用が起きた場合のことが契約書に記載されているか確認したり、契約担当者に質問したりしましょう。

副作用を抑えたい方はヒゲ脱毛のMen’s Selfがおすすめ

Men’s Self(メンズセルフ)では3億円をかけて開発した「ヒゲ専用の光脱毛器」を使用しているため、脱毛の効果は高いまま痛みを少なくすることが可能です。

また光の照射レベルを5段階に調節できるため、火傷などの副作用を減らすこともできます。

万が一副作用が出てしまった場合のアフターケアも充実しており、提携医へのオンライン診療をすぐに行うことできます(2021年4月末提携予定)。

Men’s Self(メンズセルフ)では、ヒゲ脱毛だけでなく顔全体の脱毛を「月額3,100円」で行うことができます。

500円での体験脱毛キャンペーンを行っているため、ぜひ下記リンクからお申し込みください

Men’s Selfの特徴
・痛みの少ない光脱毛器(5段階の出力の調節ができる)
・副作用が出た場合提携医とのオンライン診療が可能(2021年4月末提携予定)
・髭だけでなく、鼻やもみあげなどの顔全体の脱毛を行える
・セルフ脱毛のため20分で脱毛が終わる上に、予約が取りやすい
・業界最安値の月額「3,100円」で最大38回まで脱毛を行える

ヒゲ脱毛の副作用に関するQ&A

Q&A

脱毛をすると汗の量が増えるの?

汗の量は変わりませんが、毛がなくなることで直接皮膚に流れるため、汗の量が増えたと感じる場合があります。

毛がある時は毛がない時と比べ、毛を介して汗が流れていたため、スムーズに汗が排出されていませんでした。しかし毛がなくなると汗の排出を滞らせるものがないので、汗の量は変わらないけどスムーズに排出され、汗の量が変化したと感じるのです。

また脱毛をすることで毛穴が清潔になり、毛穴に潜む雑菌がいなくなるので、汗の臭いがなくなると感じることもあります

ヒゲ脱毛 副作用 まとめ

この記事では、ヒゲ脱毛の副作用と対策、万が一副作用が起きた場合の対処法についてご紹介しました。

  • ヒゲ脱毛の副作用は「赤みやヒリヒリ感」「火傷」「毛嚢炎」「硬毛化」「埋没毛」「色素沈着」
  • 副作用を防ぐ方法は「脱毛後の保湿」「日焼け対策」「髭を抜かない」「生活習慣を整える」「脱毛前のシェービング」
  • 副作用を抑えたい方はヒゲ専用の脱毛サロン「Men’s Self」がおすすめ

ヒゲ脱毛をすると副作用が起きる可能性はありますが、副作用を極力抑える方法はあります。

またMen’s Self(メンズセルフ)の光脱毛マシンは、3億円かけて開発した「最新のヒゲ専用の脱毛器」であるため、出力の5段階調節で痛みと副作用を最小限に抑えます

初回の場合「500円」から体験ができるため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

まずは体験申し込み!(30秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP