髭脱毛は痛いの?痛みが強い部位や痛みを軽減する7つの方法をご紹介

髭脱毛って痛いの?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

髭脱毛をしようと思い、脱毛に関して色々調べていたら髭の脱毛は痛いと書かれていた。もし髭脱毛に痛みがなかったら理想的ですよね。

そのようなお悩みを抱えている方に「髭脱毛の痛み」について解説します。

また「髭脱毛の痛みを少なくする7つの方法」もご紹介するので、痛みを極力気にしないで髭脱毛を受けることが可能です。

今回の記事では、「髭脱毛の痛みが強い部位」や「痛みが少ない脱毛の種類」についてもご紹介します。

髭脱毛の痛いのかを気になっている方々に、この記事がお役に立てれば幸いです。

髭脱毛は痛いの?

疑問に思う男性

脱毛の中でも、髭は特に痛みが強いと言われています。

なぜなら、顔の皮膚は薄い上にい多くの神経が通っているため、痛みを敏感に感じてしまうからです。

また光脱毛やレーザー脱毛と呼ばれる脱毛方法では「毛の黒い色素を利用して脱毛を行っている」ため、毛が太くて密集している髭に強く反応してしまい、痛みが強くなってしまいます

髭脱毛が痛い理由
・顔の皮膚が薄いから
・毛が太くて密集しているから

髭脱毛の痛みが強い部位

以下は、髭が生えている部位を「髭脱毛の痛みが強い順番」に並べた表です。

順位 部位
1位 鼻の下
2位 あご・あご下
3位
4位 もみあげ

部位別による痛みの順番は個人差が大きいですが、脱毛の痛みの原因である「皮膚の薄さ」や「髭の濃さ」に大きく関係しています。

実際の脱毛の痛みは、下記のように例えられることが多いです。

  • 輪ゴムで弾かれた痛み
  • 細い針でチクチク刺すような痛み
  • 静電気のような痛み
  • ヒリヒリするような痛み

初めは痛みが強いと感じる方もいらっしゃいますが、回数を重ねるうちに慣れてくる方も多くいます。

20代男性
20代男性
初めての脱毛だったので、鼻の下はびっくりするくらいの痛みがありました。しかしMen’s Self(メンスセルフ)の脱毛器は光の照射レベルを変えられるため、光の出力を下げて痛みを少なくして脱毛をしました。
一方であごの脱毛はそれほど痛くなく、少しチクチクするような痛みでした。脱毛を続けて髭剃りの手間が省けて良かったです。
脱毛部位:鼻の下・あご
30代男性
30代男性
あご下などの髭が多く生えるとこは元々も脱毛していたけど、頬などのフェイスラインが気になって脱毛をしました。頬やもみあげの脱毛は、初めの方は輪ゴムで弾かれる痛みがしましたが、回数を重ねるうちにストレスをほとんど感じずに脱毛をすることができました。
脱毛部位:もみあげ・頬

髭脱毛の痛みが強く出る人の特徴

髭脱毛の痛みが強く出る人には、以下のような特徴があります。

  • 髭が濃い
  • 肌が黒い
  • 乾燥肌・敏感肌

「髭が濃い人」に脱毛の痛みが強くでることは前述した通り、光・レーザー脱毛が毛の黒い色素(メラニン色素)を利用して脱毛を行っているため、髭が濃い人はより脱毛反応が出てしまうからです。

それと同様に「肌が黒い人」も、光・レーザー脱毛がメラニン色素に反応してしまうため痛みが人より強く現れます

また「乾燥肌・敏感肌」の方は、肌のバリア機能が弱くなりやすいため、脱毛の刺激に痛みを感じやすい傾向にあります。

痛みが少ない髭脱毛の種類

脱毛には「光脱毛」「レーザー脱毛」「美容電気脱毛」の3つの種類があり、それぞれ脱毛効果や痛みの度合いが異なります

光脱毛 レーザー脱毛 美容電気脱毛
痛み
弱い

強い(麻酔可能)
×
強い
効果がでる回数 8~10回 5~6回 5~6回
ツルツルになる回数 ~25回 ~13回 ~15回
脱毛期間 2年~2年半 1年~2年半 1年~2年半

「光脱毛」は脱毛の効果が現れるまでに時間がかかりますが、脱毛費用が安く、痛みも弱いことが特徴です。

一方「レーザー脱毛」や「美容電気脱毛」は、脱毛の効果が現れるのが早いですが、脱毛費用が高く、痛みが強くでてしまいます。

レーザー治療のみ医療行為と認められているため麻酔を使えますが、それでも光脱毛よりも痛いと言われています。

痛みが少ない順番に並べた3つの脱毛方法
光脱毛>レーザー脱毛>美容電気脱毛

脱毛の種類ごとの特徴を知りたい方は、下記の記事をご参照ください!

髭脱毛の痛みを少なくする7つの方法

髭脱毛の痛みを少なくする方法は、以下の7つが挙げられます。

  • 脱毛前にシェーバーで自己処理をする
  • 日焼けをしない
  • 肌を保湿する
  • 毛抜きや脱毛クリームを使わない
  • 脱毛前にアルコールとカフェインを摂取しない
  • 7時間睡眠を取る
  • 光線過敏症の副作用がある薬を服用しない

脱毛前にシェーバーで自己処理をする

髭を剃っている男性

脱毛前にシェーバーで髭を剃ることで、脱毛によって熱くなった毛が皮膚に当たることを防ぎ、痛みを少なくできます

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素(毛の黒い部分)に反応させて毛根に熱ダメージを与えているため、髭が長いと皮膚に熱い毛が皮膚に当たる確率が高くなります

またシェービングによって髭を短くしていると、毛が長い時と比べて熱が分散せず、毛根に十分な熱を与えられて効率的に脱毛を行えます

そのため脱毛前にシェーバーで自己処理をして、痛みを少なくするだけでなく、早く脱毛を終わらせられるようにしましょう。

肌に負担がかからない正しい髭剃りの方法
1.剃刀を滑らかに動かすために、洗顔をして顔の汚れを落とす
2.ホットタオルやぬるま湯を顔につけ、髭を柔らかくする
3.剃刀の滑りを良くするために、シェービング剤をつける
4.順剃りで大部分の髭を剃り、残った髭を逆剃りで剃る。逆剃りは肌に負担がかかるため、なるべく順剃りで髭を剃る。
5.シェービング剤を綺麗に流し、保湿をする

日焼けをしない

日焼けをしてしまうと人間の体はメラニン色素を生成し、紫外線から身を守るため肌を黒くします。

しかし光脱毛やレーザー脱毛は「メラニン色素」に反応させて脱毛を行っているので、肌の黒い部分に熱が直接与えられてしまい、痛みが強くなります

そのため日焼けをしないように、日焼け止めクリームなどで紫外線対策を行うようにしましょう

日焼け止めクリームの選び方(成分について)
・日中は屋内でいることが多い人:「SPA20/PA++」
・日差しを常に浴びる環境にいる人:「SPA20~50/PA+++」〜「PA++++」
(SPAの数とPAの+が多いほど、紫外線のカット率が高い)

肌を保湿する

保湿クリーム

肌が乾燥していたり、保湿が十分でない場合は「肌がダメージを持っている状態」なので、脱毛の痛みが感じやすくなる傾向にあります

乾燥肌や敏感肌の人は特に保湿をする必要があり、脱毛をする前から保湿を行うことが重要です。

また肌の保湿が十分でないと、強い照射レベルの脱毛に耐えられないため、脱毛完了までの期間が長くなってしまう恐れがあります。

そのため化粧水での保湿はもちろん、乳液を使って肌の深層まで潤いを持たせるようにしましょう。

毛抜きや脱毛クリームを使わない

毛を抜いている男性

毛抜きや脱毛クリームを使って髭を脱毛してしまうと、肌が荒れたり、ダメージを蓄積してしまいます

そのため、肌が脱毛による刺激に耐えられなくなり、痛みが強くなる恐れがあります

また髭を抜くことで、毛穴に皮脂汚れなどが蓄積されやすくなるため、肌の炎症を起こす確率が高くなってしまいます

脱毛による痛みを少なくするためだけでなく、肌の炎症を抑えるためにも「毛抜き」や「脱毛クリーム」を使うのをやめるようにしましょう。

脱毛前にアルコールとカフェインを摂取しない

アルコールとカフェイン

アルコールとカフェインを摂取すると「血行が良くなる」と言われているため、肌が敏感になり、痛みを感じやすくなります

また利尿作用で体内の水分を失ってしまうので、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

そのため脱毛前にはアルコールとカフェインを摂取しないようにしましょう。

アルコールが抜けるまでの時間:およそ9時間(ビール500mlを3本飲んだ場合)
カフェインの効果がなくなるまでの時間:5~7時間

7時間睡眠を取る

睡眠を取っている男性

睡眠が不足をしてしまうと、感覚や痛みが敏感になると言われています

ある研究によると、睡眠時間が削られたマウスは「熱さ」「冷たさ」「圧迫」などの痛覚刺激に敏感になることが分かっています。

また睡眠不足はホルモンバランスを崩し、肌の乾燥を引き起こしたり、髭を濃くしたりする恐れがあります。

そのため人間に必要な睡眠時間と言われている「7時間以上」の睡眠を取るようにしましょう。また睡眠の量だけでなく、質も重要です。

睡眠の質を高める方法
・寝る3時間前には食事を済ませる
・寝る1時間半前に、湯船に浸かり体温を上げる
・寝る1時間前からブルーライト(スマホの光など)を浴びない
・夜は照明を暗くする

光線過敏症の副作用がある薬を服用しない

薬

脱毛の光に反応してしまうため、脱毛前後に服用をしてはいけない薬があります。

  • 抗ヒスタミン配合の薬剤
  • 抗うつ剤
  • 向精神薬
  • 抗生物質抗がん剤
  • 降圧剤など

上記の薬は「光線過敏症」を引き起こしてしまい、痛みが強く感じる恐れがあります

そのため上記の薬を服用している場合は、担当の医師に相談するようにしましょう

痛みが少ないおすすめの光脱毛サロンはこちら

光脱毛は脱毛の中でも痛みが1番少なく、初めて脱毛をする方にもおすすめです。

脱毛サロン「Men ‘s Self(メンズセルフ)」では、3億円をかけて開発した「最新の髭専用の光脱毛器」を使用しているため、しっかりと脱毛の効果が期待できます。

また最新の髭専用脱毛器では、光の照射レベルを5段階に調節することができるため、痛みを感じた場合出力を下げて「痛みの調節」をすることも可能です。

Men’s Self(メンズセルフ)では髭脱毛だけでなく、顔全体の脱毛を「月額3,100円」で最大38回まで行えます。

初回限定で「500円」で体験脱毛を行えるため、髭脱毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください

Men’s Selfの特徴
・痛みの少ない光脱毛器(5段階の出力の調節ができる)
・髭だけでなく、鼻やもみあげなどの顔全体の脱毛を行える
・セルフ脱毛のため20分で脱毛が終わる上に、予約が取りやすい
・月額「3,100円」で最大38回まで脱毛を行える

髭脱毛 痛み まとめ

この記事では、髭脱毛の痛みについてや痛みの少ない脱毛の種類、痛みを少なくする方法などをご紹介しました。

  • 髭脱毛は「輪ゴムで弾かれたような痛み」
  • 「鼻下>あご>顎下>頬>もみあげ」の順に脱毛の痛みが強い
  • 「髭が濃い人」「乾燥肌の人」「色が黒い人」は脱毛の痛みが強い
  • 「美容電気脱毛>レーザー脱毛>光脱毛」の順に脱毛の痛みが強い
  • 髭脱毛の痛みを少なくする方法は「脱毛前に自己処理」「日焼けをしない」「保湿する」「脱毛前にアルコールとカフェインを摂取しない」「7時間睡眠」「光線過敏症の副作用がある薬を服用しない」

髭脱毛に限らず、脱毛は痛みがどうしても伴ってしまいます。しかし、「日焼けをしない」などの上記のような方法を取ることで、脱毛の痛みを少なくすることは可能です。

Men’s Self(メンズセルフ)では3億円をかけて開発した「最新の髭専用の脱毛器」を取り扱っています。この脱毛器では「5段階で光の照射レベルを調節できるため、痛みを極力少なくして脱毛することが可能です。

初回の場合「500円」から体験ができるため、気になる方は以下のボタンからお申し込みください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP