ヒゲの埋没毛の原因とは?治し方や予防法を詳しく解説します。

ヒゲの埋没毛ってなぜできるんだろう?

そのようにお考えではありませんか。

毎日髭剃りをしても黒いプツプツが残ってる。触ってもジョリジョリもしないけど、青髭みたいになっている。もしヒゲの埋没毛の原因がわかり解決できると理想的ですよね。

そんなあなたに本記事ではヒゲの埋没毛の原因や治し方を詳しく解説します。またヒゲの埋没毛を予防する方法をご紹介するので、ヒゲの埋没毛に悩みを解消することが出来ます。

今回は埋没毛とは、ヒゲの処理で埋没毛ができる原因、埋没毛の治し方、埋没毛を予防する方法3選をご紹介します。

ヒゲの埋没毛に悩んでる方に本記事がお役に立てると幸いです。

埋没毛とは?

埋没毛は毛穴に埋まったまま、皮膚の中で成長する体毛のことを指します。

肌のターンオーバーのサイクルが乱れて角質層が徐々に厚くなることや、外部からの刺激によって肌が硬くなることで、毛が皮膚の外側に出られなくなります。そのため皮膚の内側に埋没毛ができてしまいます。

埋没毛は毛が生えている箇所ならどこでも起きるものです。特に毛が太くて硬く、皮膚が柔らかい箇所に出来やすいとされています。また毛が黒いポツポツした点のように見えることも特徴の1つです。

埋没毛を毛抜きや針で無理矢理取り出そうとするのは避けるべきでしょう。しこりが残ったり色素沈着が起きてシミの原因になってしまう可能性があります。

ヒゲの処理で埋没毛ができる原因

今回はヒゲの処理後になぜ埋没毛ができるのかご紹介します。以下の3つの原因が考えられます。

  • 逆剃りでヒゲを剃っている
  • 毛抜きやブラジリアンワックスを利用している
  • シェービングフォームを利用していない

逆剃りでヒゲを剃っている

カミソリやシェーバーでヒゲを剃る行為は肌に負担をかけますが、特に毛の流れに逆らうヒゲの逆剃りはより大きな負担をかけます。

逆剃りはヒゲと一緒に皮膚の角質を削ってしまうため、肌を守るバリア機能が低下し肌荒れや乾燥が起きてしまいます。

傷ついた肌を保護するために角質を厚くし、角質が毛穴を塞ぐので毛が皮膚の表面に出てこなくなり、埋没毛となってしまいます。

毛抜きやブラジリアンワックスを利用している

 

毛抜きやブラジリアンワックスによってヒゲを抜くと一時的には毛が生えるスピードが遅くなりますが、肌や毛根に大きなダメージを与えます。

毛穴が一度ダメージを受けると、バリア機能が低下して乾燥を起こします。肌は乾燥するとターンオーバーのサイクルが乱れてしまうので、古い角質が残ってしまいます。結果として、角質層が厚くなり髭が皮膚の内側から出て来れなくなります。

そのため毛抜きやブラジリアンワックスを行うと、埋没毛が出来やすくなります。

シェービングフォームを利用していない

髭剃りの際に洗顔フォームをシェービングフォームとして利用すると、シェーバーやカミソリによる肌の負担を軽減できません。

シェービングフォームは肌と刃の摩擦を少なくする効果がありますが、洗顔フォームは髭剃り専用に作られていないため、肌のダメージが大きくなります。

またシェービングフォームには保湿成分が含まれていますが、洗顔フォームは肌の油分をとってしまうので乾燥の原因になります。

ヒゲの埋没毛の治し方

埋没毛ができると引き抜いてしまいたくなりますが、肌に負担をかけてより埋没毛を作る原因となります。

そのため埋没毛を直すためには適切な対処が必要です。今回はヒゲの埋没毛を治す3つの方法をご紹介します。

  • 化粧水による保湿を徹底する
  • スクラブやピーリングで角質をとる
  • 皮膚科を受診する

化粧水やクリームによる保湿を徹底する

肌の乾燥を防ぐことは、正常なターンオーバーに繋がります。

ターンオーバーが行われると肌の古い角質が剥がれ落ち、新しい角質が作れらます。古い角質が剥がれると同時に、成長が止まり毛根から抜けた埋没毛が皮膚の外に出てきます。

そのため化粧水やクリームによる保湿を徹底することで肌の乾燥を防ぐことが重要です。

しかしアルコールなどの刺激が強い成分を含む化粧水には注意が必要です。

肌のタイプにもよりますが、肌荒れを起こし逆にターンオーバーの乱れにつながる可能性があります。

そのため自分の肌にあった低刺激の化粧水を使用しましょう。

またスキンケアに時間をかけれない方はオールインワン化粧品がおすすめです。化粧水、乳液、保湿クリーム、美容液までのスキンケアをたったひとつでまかなうことができます。

スクラブ洗顔やピーリングジェルで角質をとる

スクラブ洗顔やピーリングジェルで古くなった角質をとり除き、ターンオーバーを促進することで、埋没毛を改善することができます。

スクラブ洗顔は洗顔料の小さい粒子によって肌の表面にある余分な角質・皮脂・汚れを除去してくれます。

またピーリングジェルは肌の表面を溶かして、古い角質や毛穴の汚れを取り除くことが可能です。

スクラブやピーリングはターンオーバーを促すために効果的ですが、使用頻度には注意が必要です。

頻繁に利用すると肌の乾燥に繋がります。

そのため1週間に1回の使用をおすすめします。

皮膚科を受診する

肌のターンオーバーを促しても埋没毛が全く出てこない場合は、皮膚科の受診をおすすめします。何らかの理由でターンオーバーが正常に起きていないことが考えられます。

埋没毛を放置すると、皮膚の内側で炎症を起こしてしまう恐れがありにます。そのため1ヶ月以上、毛が出てこない場合は皮膚科に相談すると良いでしょう。

ヒゲの埋没毛を予防する方法3選

埋没毛を繰り返さないための、3つの予防方法をご紹介します。

  • ヒゲのセルフケアを改善する
  • 生活習慣を見直す
  • 脱毛を行う

ヒゲのセルフケアを改善する

肌に負担をかけないヒゲ剃りを行うことで、埋没毛になるリスクを下げることができます。

そのためお湯で肌を濡らして毛穴を開いてから髭剃りを行うウェットシェービングがおすすめです。

乾いた肌で行うシェービングよりもダメージを少なくすることができ、また髭が柔くなるためより深剃りができるのが特徴です。

さらにウェットシェービングを行う際は、シェービングフォームを必ず使用しましょう。それによってシェーバーと肌の摩擦をより減らすことで負担を軽減できます。

深剃りをしないこともポイントです。

またカミソリを使用されている方は、2週間ごとに刃の交換を行ってください

劣化した刃は肌を傷つける恐れがあります。カミソリをお風呂場などの湿度が高い場所に保管すると、刃が痛むので注意が必要です。

 

埋没毛を予防するセルフケア
・ウェットシェービングを行う
・シェービングフォームを利用する
・逆剃りをしない
・2週間でカミソリの刃を交換する

 

生活習慣を見直す

 

 

生活習慣を整えると、ターンオーバーを正常化でき埋没毛を防ぐことができます。 

  • 7〜8時間の睡眠を確保する
  • バランスの良い食事をとる
  • 定期的に運動を行う
  • ストレスをためない
  • 喫煙しない
  • 紫外線対策を行う

上記のような生活習慣はターンオーバーを正常化することができます。

埋没毛は1度できると治るまでに時間がかかります。そのため生活習慣を見直すことで、埋没毛ができない環境を作ることが大切です。

ヒゲ専用の脱毛サロンに通う

どんなに正しいケアを行ってもヒゲは生えてくるので、埋没毛を完璧に防ぐことはできません。そのため埋没毛が生えないようにするには脱毛を行う必要があります。

サロンで行うヒゲ脱毛は毛根に光を照射してダメージを与え、毛をほとんど生えないようにすることができます。光脱毛は1回あたり3,000円程度です。髭がほとんど生えてこなくなるまでには、2年〜3年の期間をかけて15回〜25回の施術を行う必要があるため高額となります。

しかしヒゲは他の体毛に比べて太いので、普通のサロンの光の出力では効果が出ない可能性があります。そのためヒゲ専用の脱毛サロンがおすすめです。

MEN’S SELF(メンズセルフ)が3億円で開発したヒゲ脱毛に特化している特注の機械は、ヒゲに適した照射力をしており、最短半年で脱毛を完了することが可能となってます。

さらにセルフで行う脱毛サロンなので、他のサロンに比べて圧倒的低価格で行うことができます。

MEN’S SELFのヒゲを含む顔全体の脱毛は、月2,778円で最大38回まで利用可能となっています。

現在初回500円で脱毛体験を行っているので、興味のある方は以下のリンクよりお申し込みください。

 

ヒゲの埋没毛 まとめ

今回は埋没毛とは、ヒゲの処理によって埋没毛ができる原因、ヒゲの埋没毛の治し方、ヒゲの埋没毛を予防する方法について解説しました。

肌に負担がかかり、ターンオーバーが乱れることによって埋没毛はできます。そのため埋没毛ができてしまった方はターンオーバーを正常にするために化粧水による保湿や、スクラブ・ピーリングの使用をおすすめします。

また埋没毛を繰り返さないためには、ヒゲのセルフケアや生活習慣を改善することが大切です。

これ以上、埋没毛に関して悩みたくない方は脱毛をおすすめします。MEN’S SELFならヒゲ脱毛を含む顔全体の脱毛が月2,778円で最大38回まで利用可能です。

初回500円で脱毛体験をすることが可能となっています。髭脱毛を試してみたい方は下記のリンクよりお申し込みください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP