硬毛化とは?脱毛後に毛が濃くならない予防法を3つをご紹介!

硬毛化ってなんだろう?
あなたは今、そのようにお考えではありませんか?

脱毛の副作用に毛が濃くなる「硬毛化」というものを目にして心配になった。もし硬毛化について詳しく知れて、対策を行えたら理想的ですよね。

そのようなお悩みを抱えている方に「硬毛化の予防方法」をご紹介します。

また「硬毛化の原因」や「硬毛化が起きやすい部位・人」などもご紹介するため、安心して脱毛ができるかと思います。

硬毛化についてお悩みの方にとって、この記事がお役に立てれば幸いです。

  • 硬毛化とは、「光・レーザー脱毛によって毛が濃くなってしまうこと」
  • 硬毛化の原因は「光・レーザーによって毛根が活性化されているのではないかと言われている」
  • 硬毛化が起こりやす部位は「背中・肩・うなじ・フェイスライン」
  • 硬毛化が起きやすい人は「10~20代・毛が薄い人・毛密度がある人」
  • 硬毛化の治療方法は「光・レーザー治療を繰り返す」「ヤグレーザー脱毛」「美容電気脱毛」

\最短4ヶ月で脱毛可能!/
【先着30名】脱毛の体験申し込み!

硬毛化とは「薄い毛が硬く・濃い毛」になること!

硬毛化

硬毛化とは、光・レーザー脱毛器によって産毛や細い・薄い毛などが「硬く・濃くなる現象」のことです。

産毛などの毛が硬毛化してしまうと、以下のようなデメリットが起きてしまいます。

  • 脱毛期間が伸びる
  • 硬毛化した毛を脱毛するために追加費用が必要にになる
  • 脱毛する前より毛が濃くなる

毛が生えている部位や人によって硬毛化が起きる確率が変わり、硬毛化が起きる確率は10%以下と言われています。

硬毛化と似たような「増毛化」という、毛の量が増える脱毛による副作用に症状もあります。

硬毛化が起きる詳しい原因は解明されていない!

硬毛化が起きる詳しい原因は解明されていない!

現時点では、硬毛化が起きる詳しい原因メカニズムは分かっていません

しかし一説によると、以下のことが原因で硬毛化が起きているのではないかと推測されています。

  • 「光・レーザー脱毛の熱」が、発毛組織を活性化させてしまっている
  • 脱毛により、毛の成長サイクルが促進されてしまっている

なぜなら産毛や細い毛が硬毛化してしまうことがほとんどであり、それらの毛は「発毛組織が発達していない」ことが多いからです。

そのため、産毛や細い毛が「光やレーザー」にあたると硬毛化が起きてしまうのではないかと言われています。

硬毛化が特に起きやすい部位は「うなじ・背中」|他の部位も可能性あり

硬毛化が特に起きやすい部位は「フェイスライン・背中」|他の部位も可能性あり

硬毛化が起きやすい部位は、細い毛や産毛が多く生えている箇所です。

中でも特に「うなじ・背中」に起こりやすいと言われています。

その他に硬毛化しやすい部位は、以下が挙げられます。

  • フェイスライン
  • 二の腕

ただし硬毛化が起きる詳しい原因は分かっていないため、髭やすね毛などの部位でも硬毛化が起きる可能性もあります

硬毛化が起こりやすい人の5つの特徴|「体毛が薄い人」は特になりやすい!?

硬毛化が起こりやすい若者

以下の項目に当てはまる人は、硬毛化が起きやすい傾向にあります。

  • 体毛が薄い
  • 10~30代
  • 毛密度がある
  • 毛が色んな方向に生えている
  • 深い毛根が多い

先述したとおり、硬毛化が起こる原因は明確になっていません。

そのため上記の項目に当てはまった人が、必ずしも硬毛化になるとは限りません。しかし条件に当てはまらない人にも、硬毛化が起きることもあります。

硬毛化を防ぐ方法3選|理想のツルスベ肌を手に入れよう!

硬毛化の治療には、以下の3つの方法があります。

  • ヤグレーザー脱毛を受ける
  • 美容電気脱毛を受ける
  • 光・レーザー脱毛を繰り返し受ける

ヤグレーザー脱毛を受ける

レーザー脱毛

医療用のレーザー脱毛には、ヤグレーザーという通常のレーザーより脱毛効果の高いものがあります。

ヤグレーザーは硬毛化した毛や毛根の深い毛にも対応する強力なレーザー脱毛です。

その分痛みが強く、火傷などのリスクも高まってしまいます

美容電気脱毛を受ける

美容電気脱毛

美容電気脱毛は、発毛組織を活性化させる事がないため、硬毛化が起きることがありません

しかし美容電気脱毛は、1本ごとに脱毛料金がかかる上に、痛みが強いことが特徴です。

そのため早急に脱毛をしたい方は美容電気脱毛に切り替え、時間がある方は根気よく光・レーザー脱毛をすることがおすすめです。

光・レーザー脱毛を繰り返し受ける

光脱毛

硬毛化されたしまった毛は、細かった毛が太くなるだけなので、他の毛の濃さと大きな違いはありません

そのため光・レーザー脱毛を繰り返すことで、硬毛化した毛を脱毛することが可能です。

髭脱毛の場合、6~8回繰り返すことで硬毛化した毛が目立たなくなり始め、最大25回で脱毛を完了することができます。

セルフ脱毛Men’s Selfなら繰り返し脱毛ができる!|~初回1,000円で体験脱毛を実施中~

セルフ脱毛Men’s Self(メンズセルフ )は、光脱毛器を取り扱っている、セルフ脱毛サロンです。

自分で好きな部位を脱毛をするため、硬毛化した部位でも繰り返し脱毛することが可能です。

そのため万が一硬毛化してしまった場合でも、サラサラなつるすべ肌を手に入れることができるでしょう。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は最短9ヶ月と業界最安水準で全身の毛をツルツルにすることが可能です。

またセルフ脱毛なので硬毛化してしまった部位でも、脱毛できるまで繰り返し光を照射することができます。

医療クリニックとも連携しているため、万が一やけどなどが起きた場合でも、オンライン診療ですぐに対処することも。

初回限定、先着で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、脱毛したい部位がある方は、気になる方は下記のリンクからお申し込みください。

 

Men’s Selfの特徴
  • 初回限定「1,000円」で体験脱毛が可能
  • セルフ脱毛のため、硬毛化しても繰り返し脱毛できる
  • 広範囲に連射で脱毛できるため、短時間かつ効果的に脱毛できる

硬毛化Q&A

Q&A

硬毛化は放置したら治るの?

一般的には治らないケースがほとんどです。

なぜなら一度硬毛化されてしまうと、次の発毛サイクルでも同じ状態の濃い毛が生えてくることが多いからです。

そのため硬毛化は放置をするのではなく、硬毛化の治療方法でご紹介した「下記の方法」を行うことをおすすめします。

  • 光・レーザー脱毛を繰り返し受ける
  • ヤグレーザー脱毛を受ける
  • 美容電気脱毛を受ける

硬毛化っていつ起きてどのくらいで治るの?

脱毛後1ヶ月後~3ヶ月後くらいに起きることが多いとされています。

硬毛化した毛が自然治癒することは少なく、脱毛によって根本治療をする必要があります。

硬毛化した毛は、一般的な脱毛と同じで1年以上の脱毛の時間がかかることが多いです。

硬毛化 まとめ

この記事では、硬毛化についてや原因、硬毛化が起こりやすい部位・人、治療方法をご紹介しました。

  • 硬毛化とは、「光・レーザー脱毛によって毛が濃くなってしまうこと」
  • 硬毛化の原因は「光・レーザーによって毛根が活性化されているのではないかと言われている」
  • 硬毛化が起こりやす部位は「背中・肩・うなじ・フェイスライン」
  • 硬毛化が起きやすい人は「10~20代・毛が薄い人・毛密度がある人」
  • 硬毛化の治療方法は「光・レーザー治療を繰り返す」「ヤグレーザー脱毛」「美容電気脱毛」

硬毛化を防ぐことは難しいですが、硬毛化の治療方法の1つに「光・レーザー治療を繰り返して受ける」ことがあります。

脱毛サロン「Men’s Self(メンズセルフ)」は最短9ヶ月と業界最安値で全身の毛をツルスベ肌にすることが可能です。

セルフでの脱毛によって人件費がかからなため、業界最安値での脱毛を実現しています。

初回限定、先着で「1,000円」で体験脱毛を行えるため、腕毛が気になる方は下記のリンクからお申し込みください。

 
Men’s Selfの特徴
  • 初回限定「1,000円」で体験脱毛が可能
  • セルフ脱毛のため、硬毛化しても繰り返し脱毛できる
  • 広範囲に連射で脱毛できるため、短時間かつ効果的に脱毛できる
PAGE TOP