襟足(うなじ)脱毛とは?効果・目安回数・痛み・副作用・料金について解説します

襟足(うなじ)脱毛とは?

えりあし

施術目安時間 15分
目安回数 8回
痛み ★★★★☆
脱毛のリスク 毛嚢炎や火傷など

襟足脱毛とは、髪の生え際から首の根本までの範囲を脱毛することを指しており、「うなじ脱毛」とも呼ばれています。

襟足(うなじ)を脱毛すると言っても、髪の毛を脱毛できるわけではなく「産毛に近い毛」だけを脱毛することになります。

短髪が多い男性は、襟足(うなじ)部分を人目に晒すことが多いです。美容室に行くと「えりあしのムダ毛部分をバリカンで剃ってもらう」ことがあるかと思いますが、髭と同様にすぐに生えてしまい汚い印象を与えることがあります。

そのため清潔感を出したいという人が、襟足(うなじ)脱毛を多く利用しています。

襟足(うなじ)脱毛の効果

襟足(うなじ)脱毛を行うことで、以下の2つの効果が期待されます。

  • 清潔感のある印象になる
  • ムダ毛の処理が必要なくなる
  • 肌トラブルを改善できる
  • 首回りが細く見える

清潔感のある印象になる

えりあしを剃っている男性

襟足は自分から見えない部分ですが、人からは見えやすいです。

そのため襟足が無造作に生えていたり、整っていなかったりすると、髭と同様に汚い印象を与えてしまいます

一方えりあしが脱毛されていると、ムダ毛がなくなり「清潔感のある印象」を与えられます

ムダ毛の処理が必要なくなる

剃刀

美容院で髪を切るときだけに襟足の処理をする人もいますが、日頃から手入れをしている人もいます。

えりあしは体の背面にあるため、処理が難しいことが特徴です。そのため襟足(うなじ)脱毛を行うことで、面倒な処理をする必要がなくなり、日々の時間短縮にもなります

肌トラブルを改善できる

えりあし部分にニキビができるている人

首の後ろ部分は皮脂の分泌が多いため、毛穴に汚れが詰まり「ニキビなどの肌トラブル」が起きやすいです。

なぜなら、えりあし部分は自分では見えづらい位置にあるため、皮脂のお「洗い残し」や「洗い忘れ」が多く起きてしまうからです。

しかし襟足(うなじ)脱毛をすることで、毛穴に汚れが溜まりづらくなるため、肌トラブルを改善できます。

首回りが細く見える

襟足(うなじ)を脱毛することで首後ろの毛が綺麗になり、肌の色がワントーン明るくなります

それによって首回りがスッキリし、首回りが細く見えるようになります。

他にも首回りがスッキリすると「首が長く見える効果」もあり、スタイルが良く見え周りにいい印象を与えることが可能です。

襟足(うなじ)脱毛の完了に必要な回数

光脱毛

襟足(うなじ)の脱毛は、髭と比べて毛が柔らかいことが多いです。

そのため脱毛回数が髭と比べて少なく、光脱毛の場合6回目付近で脱毛の効果が出始め、10回目近くでえりあしが生えづらくなってきます

最終的にツルツルになるためには、20回近くの脱毛を要することが多いです。

襟足(うなじ)脱毛は完了までの回数が少ないですが、えりあしの濃さなどで脱毛回数に個人差があでてきます。そのため脱毛をして初めてどのくらいの脱毛回数が必要なのかが把握できるので、回数を後から追加でき脱毛サロンを選ぶといいでしょう。

Men’s Self(メンズセルフ)では、襟足(うなじ)脱毛を含む顔全ての脱毛が「月3,100円で最大38回まで」可能です。また追加脱毛を100円で行えるため、毛深い人でも料金を気にせず脱毛を行うことができます。

500円で体験脱毛ができるため、えりあし脱毛が気になる方は下記ボタンから体験のお申し込みをしてみてください

襟足(うなじ)脱毛の痛み

髭に比べて痛みは少ないですが、毛が濃い部分のえりあしを脱毛する場合は痛みを感じます。しかし産毛と似た毛も多くあるため、比較的痛みを感じずに脱毛をすることも可能だと思います。

光の強さによりますが、一般的に輪ゴムで弾かれ程度の痛みが伴う場合もあります。

Men’s Self(メンズセルフ)では5段階の光の強度調節ができるため、ご自身の肌に合わせた脱毛ができます。痛みが気になる方は、Men’s Selfでの脱毛がおすすめです。

襟足(うなじ)脱毛の副作用

硬毛化

炎症性浮腫
★★☆☆☆
毛嚢炎
★★★★☆
増毛、硬毛化
★★★★★
打ち漏れ
☆☆☆☆☆
火傷 ★★☆☆☆

襟足付近は毛質が堅いものから産毛に近い毛もあるため、増毛・硬毛化のリスクが高いです。1度硬毛化した毛はすぐに脱毛できるわけでなく、他の毛同様の脱毛回数が必要です。

そのため硬毛化になるリスクを考慮して、後から回数を追加できる脱毛プランを選ぶことをおすすめします。

またえりあし付近はもともとニキビができやすい部位であるため、毛嚢炎のリスクもあります。

しかし光照射により肌が熱を持つことが原因ですので、翌日には治ることがほとんどです。

襟足(うなじ)脱毛の体験談

20代男性
20代男性
えりあしが長いのともみあげが長いのが嫌で…
だけど優先度は低くて手入れ出来てなかったけど、今日脱毛で光を当ててもらいました。数回やったら効果が現れ始めて満足です!
意外と脱毛をしてよかったと思う人が多いのが背中や襟足といった自分で処理がしにくいけれど人から見られやすい部分ですよね。
30代男性
30代男性
まだ2回の施術ですが医療脱毛、凄いです、、。全然生えてきません。楽チンです。もっと早くやればよかったな。

 襟足(うなじ)脱毛の料金

Men’s Self R院 G院 T院
襟足脱毛 × ×
顔脱毛
回数 最大38回 3回 6回 6回
料金 月額3,100円 184,000円〜 58,600円〜 105,800円〜

*あくまで一例です。

襟足(うなじ)脱毛は、単体で脱毛できるサロンが少なく、他の部位とセットでの脱毛が多いです。そのため費用が高額になる可能性が高く、希望でない部位まで脱毛をする必要がでてきてしまいます

しかしMens’ Self(メンズセルフ)ならえりあしを含む顔全体の脱毛が月3,100円で最大38回まで利用可能です。さらに体験脱毛が500円で行えるため、初めて脱毛をされる方はぜひ下記ボタンからお申し込みください。

襟足(うなじ)脱毛をセルフで上手にするコツ

えりあし脱毛をセルフで上手にするコツは以下の5つになります。

  • 施術前にシェービングを行う
  • タオルを使い髪に光が当たらないようにする
  • 徐々に光脱毛の照射を上げる
  • 施術後は化粧水で保湿する
  • 施術後の紫外線を避ける

施術前にシェービングを行う

美容院でえりあしを剃っている男性

術前シェービングを行うことによって、脱毛効果がアップし、火傷などの副作用のリスクを下げることができます。

光脱毛は、毛の黒い部分(メラニン色素)に熱を持たせることで、毛根にダメージを与えています。

そのため毛が長いと、熱が分散してしまい毛根に十分な熱が行き届かなくなったり、熱を持った毛が皮膚に当たったりしてしまいます

十分に脱毛効果を高めたり、副作用のリスクを低下させるために、施術前にシェービングをするようにしましょう。

タオルを使い髪に光が当たらないようにする

タオル

髪の毛は毛が太くて長いため、光が当たってしまうと火傷になる可能性が高いです。

そのため、タオルやヘアバンドを使い、ムダ毛以外の襟(うなじ)足に光が当たらないようすることが重要です。

襟足(うなじ)部分を隠したら、鏡を使い「皮膚と照射面を垂直」に当て、隙間がないように光の照射漏れをなくします

この時、照射漏れがあると「脱毛効果」が大きく失われてしまいます。

徐々に光の照射を上げる

光脱毛の光の照射

光脱毛は、照射レベルを上げると脱毛効果も向上します。

しかし照射レベルを上げると、毛根に伝わる熱が強くなるためその分痛みが強くなってしまいます

初めから強度を強くしてしまうと、脱毛による皮膚のダメージがわからないので、痛みが強かったり、副作用がが出てしまう恐れがあります。

そのため初めは最小出力で脱毛をし、痛みの反応を考慮しながら徐々に光の照射レベルを上げるようにしましょう

施術後に保湿を行う

保湿クリーム

施術後の肌は熱を持っているため、そのままの状態にしておくと肌トラブルが起きる可能性があります。

それだけでなく、肌にダメージがある状態だと照射レベルを上げることができなくなる可能性があり、脱毛効果が下がり、脱毛完了までの期間が伸びてしまいます

そのため施術後には保湿を行い、肌ダメージ修復をする必要があります。

施術後の紫外線を避ける

えりあしの炎症

光脱毛は黒い部分(メラニン色素)に反応をして、脱毛を行っています。

紫外線による日焼けで肌が黒くなってしまうと、毛だけでなく「黒くなった肌」にも光脱毛は反応してしまいます。そのため肌に直接熱を当てることなり、火傷になるリスクが高まります

日焼けが酷い場合は脱毛ができないこともあるため、「日焼け止めクリーム」などを使って紫外線対策をするようにしましょう

■うなじ以外にも脱毛したい方はこちら
もみあげ、フェイスライン脱毛
眉脱毛
口下脱毛
鼻脱毛
おでこ脱毛
頬髭脱毛
首脱毛
鼻下脱毛
顎下脱毛
PAGE TOP