口下脱毛とは?効果・目安回数・痛み・副作用・料金について解説します

口下脱毛とは?

口下の髭

施術目安時間 15分
目安回数 8回
痛み ★★★★☆
脱毛のリスク 毛嚢炎や火傷など

口下脱毛は、下唇からあごのくぼみまでを範囲とした脱毛のことです。

唇下の髭をすっきりさせたい方や、髭の形を整えたりデザインを意識する方に人気の脱毛部位となっています。

一般的にあご髭とセットで脱毛する人が多く、施術時間は15分程度と気軽に脱毛ができます。

口下脱毛の効果

口下の脱毛を行うことで、以下の4つ効果が期待されます。

  • 肌が荒れにくくなる
  • 清潔感のある印象になる
  • 時間とお金の節約
  • 青髭が目立たなくなる

肌が荒れにくくなる

口下のニキビ

口下(唇下)はニキビなどの肌トラブルが起きやすい部位です。なぜなら口下は洗顔時の洗い残しが多く、毛穴の皮脂や汚れなどが酸化して肌トラブルが発生しやすいからです。

そこで口下の脱毛をすることにより、髭がなくなったことで毛穴が引き締まり、皮脂や汚れが溜まりにくくなります。

毛穴の汚れがなくなるため肌トラブルの原因である酸化現象がなくなり、その結果「肌荒れを防ぐ」ことが可能になります。

清潔感のある印象になる

清潔感のある男性

口周りの髭全体にも言えますが、口下の髭がなくなることで清潔感のある印象になります

口下の髭は唇の影に隠れがちですが、ふとしたときに自分で気付いてしまうことが多いかと思います。また口下の髭は他人にも気付かれやすい部位であるため、職場の人やクライアントに悪い印象を与えてしまうかもしれません。

そのため鼻下やあごだけでなく「口下脱毛」も行うことで、悪い印象を与えずに清潔感の溢れる印象をもたらしてくれます。

時間とお金の節約

時間とお金

口下脱毛を行うことで、日々の時間とお金の節約をすることができます。

1日の髭剃りの時間を5分とすると、10年間で12日分も使用しており、貴重な朝の時間を無駄にしてしまいます。

また剃刀やシェービング剤など、髭剃りにかかる費用が1ヶ月で3,000円とすると、10年で360,000円ほどです。

そのため口下の脱毛を行うことで、時間とお金を大きく節約することが可能です。

Men’s Self(メンズセルフ)で口下脱毛を行う場合、顔全体の脱毛も含めて月額3,100円で、最大で25回の施術を行えば脱毛が完了することがほとんどです。またセルフ脱毛のため施術時間が通常の「1/3」程度であり、時間とお金の負担が少ないです。

青髭が目立たなくなる

口下の毛は青髭が目立つ原因の1つであり、青髭は他人から良い印象を持たれません

ある企業が行ったアンケートでは、20~39歳の女性のうち85%が「髭のない男性が好き」であると回答しています。また50%以上の女性が「青髭に悪い印象」と感じているそうです。

そのため青髭は他人に良い印象を与えないため、口下脱毛をして青髭脱毛をして目立たなくすることが重要です。

口下脱毛の完了に必要な回数

光脱毛器

口下の脱毛は、あごや鼻下の髭と同じで「毛が太く」「濃い」ことが一般的です。

そのため少し脱毛回数が多く、光脱毛の場合、8回目付近で脱毛の効果が出始め、15回目近くで髭が生えづらくなってきます

最終的にツルツルになるためには、25回近くの脱毛を要することが多いです。

口下脱毛は完了までの回数が多く、髭の濃さなどで脱毛回数に個人差があります。そのため実際に脱毛してみないと「何回の脱毛が必要なのか」が分からないため、回数を後から追加できる脱毛サロンや料金プランを選ぶことがおすすめです。

Men’s Self(メンズセルフ)では、口下脱毛を含む顔全ての脱毛が「月3,100円で最大38回までの脱毛」が可能です。また追加脱毛が100円で行えるため、髭が濃い人もお金の心配なしに脱毛を受けることができます。

500円で体験脱毛ができるため、気になる方は下記ボタンを体験申し込みをしてみてください

口下脱毛の痛み

痛がっている男性

口周りの髭は太く濃い毛であるため、髭脱毛の中でも比較的痛みが強い部位です。

光の強さによりますが、一般的に輪ゴムで弾かれ程度の痛みと表現されることが多くあります。

Men’s Self(メンズセルフ)では5段階の光の強度調節ができるため、できる限り痛みを抑えた脱毛が可能です。痛みが気になる方は、Men’s Selfでの脱毛をおすすめします。

口下脱毛の副作用

口下の炎症

口下脱毛のリスクに、施術後に顔が赤みを帯びたり、炎症などがあります

炎症性浮腫
★★☆☆☆
毛嚢炎
★★★☆☆
増毛、硬毛化
☆☆☆☆☆
打ち漏れ
★★☆☆☆
火傷 ★★★☆☆

顔の肌は薄く弱いため、光照射によってダメージを受けてしまいがちです。特に男性は毛が濃いため、光の出力を上げることが多く、火傷や毛嚢炎などが起こりやすくなってしまいます。

そのため自分にあった光の出力レベルで脱毛をして副作用を減らすようにし、脱毛後は照射部を冷やすようにしましょう。

 口下脱毛の体験談

20代男性
20代男性
ワキの脱毛をしているときにお店の人とスキンケアの話をしていて、口の下にニキビができやすいという悩みがあると言ったら、口下脱毛をオススメされました。脱毛のスキンケア効果はワキで十分わかっていたので、アリかも?と思って早速やってみることに。
本当にニキビが出来にくくなって感動してます!脱毛のおかげで毛穴がきれいになってるってことなんですよね~。チョコレートもナッツも、たくさん食べても、もう怖くありません!
30代男性
30代男性
毛が薄く、口下の毛を気にすることが少なかったんだけど、顔全体の毛の状態のチェックで意外と多いことが判明。お店の人いわく「口に隠れて処理が甘くなりがち」だそう。あまり気にしていなかったとこだったけど、他人から見たら気になるポイントらしいので口下の脱毛をしました!
実際、大きな変化はありませんでしたが、口の下の影が薄くなったように感じ、知らず知らずのうちに毛が生えていたんだなあと実感しました。

口下脱毛の料金

Men’s Self R院 G院 T院
口下脱毛 ×
顔脱毛
回数 最大38回 3回 6回 6回
料金 月額3,100円 44,800円〜 36,000円〜 105,800円〜

*あくまで一例です。

口下単体で脱毛を行うサロンは少なく、あご髭や口周りの脱毛に含まれていることが多くあります。

また一般的な脱毛サロンは、回数制で脱毛部位が限られていることが多いです。

しかしMens’ Self(メンズセルフ)なら口下を含む顔全体の脱毛が月3,100円で最大38回まで利用可能です。また500円で脱毛体験ができるため、口下の脱毛に興味がある方はぜひ下記のボタンから体験のお申し込みをしてみてください!

 

口下脱毛をセルフで上手にするコツ

 

口下脱毛をセルフで上手にするコツは以下の4つになります。

  • 施術前にシェービングを行う
  • 徐々に光脱毛の照射をあげる
  • 施術後は化粧水で保湿する
  • 施術後の紫外線を避ける

施術前にシェービングを行う

口下の髭剃り

施術前にシェービングをすることで、脱毛効果のアップが期待できます

光脱毛はメラニン色素(毛の黒い部分)を利用して毛根に熱ダメージを与えているため、毛が長いと熱が分散されてしまいます。

そのため事前にシェービングを行うことにより、毛根に十分な熱を与えることができ、効率的に脱毛することができます。

徐々に光の照射をあげる

光脱毛の光の照射

光脱毛に使われる光は、照射レベルが強いほど痛みが強くなります。そのため照射レベルを強くするほど脱毛効果は上がりますが、火傷などの副作用が起きやすくなってしまいます

そこでセルフ脱毛を行う時は、最小の照射レベルから始め、痛みを感じるかどうかを確かめながら光の照射レベルを上げることが重要です。

施術後に保湿を行う

保湿クリーム

施術後に保湿をすることで、脱毛によるダメージを軽減することが可能です。

肌の保湿をすることでダメージが修復し、保湿をしない時と比べて強い照射レベルでの脱毛ができます。それに伴い脱毛効果が上がり、脱毛完了までの期間を短くすることも難しくありません。

また脱毛後の肌は、日焼けのような状態になっているため熱を持っています。そのため肌の水分が不足している状態になっているため、炎症を防ぐためにも保湿が必要になります。

施術後の紫外線を避ける

日焼け

施術後の肌はダメージを受けているため、紫外線によって日焼けをしてしまうことでさらなるダメージを肌に与えてしまいます。また日焼けをしてしまうと、メラニン色素が生成されてしまい肌が黒くなる可能性が高まります。

光脱毛はメラニン色素を利用して脱毛をしているため、黒くなった皮膚にも反応してしまい、肌への負担が大きくなり、最悪の場合は施術ができなくなってしまいます。

そのため脱毛期間中は、日焼け止めクリームを塗るなどをして紫外線対策をするようにしてください。

まずは体験申し込み!(30秒)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP