青髭の原因と対策とは?髭をツルツルにする方法をご紹介します。

青髭の原因ってなんだろう?

そのようにお考えではありませんか。

朝しっかり髭を剃っても皮膚が青く見える。また少し時間がたてば青髭が濃くなりジョリジョリする。もし青髭の原因がわかり悩みを解決できたら理想的ですよね。

そんなあなたに本記事では青髭の原因について詳しく解説します。また青髭に効果のある対策青髭のNG対策、青髭を治す方法をご紹介するので青髭の悩みを解決することができるようになります。

今回は青髭の原因、青髭の対策4選、青髭のNG対策3選、青髭を治す方法について詳しく解説していきます。

青髭にお悩みの人に本記事がお役に立てると幸いです。

青髭の原因

青髭の原因

青髭の原因は大きく分けて3つあります。青髭の方は以下の3つの原因に当てはまっている方は多いです。

  • 遺伝により毛穴が多く毛が太い
  • 顔の皮膚が薄い
  • 男性ホルモンが過剰に分泌している

遺伝により毛穴が多く毛が太い

遺伝により毛穴が太く多い

毛穴の数が多いほど、髭の密度が高くなるため青髭になりやすいです。毛穴の数は遺伝によって決まっており、母親の胎内の中で妊娠初期6ヶ月間で作られます。そのため成長過程で毛穴が増えることはありません。

また毛の太さも同様に遺伝によって決定します。毛の太さが太いほど、皮膚の下から髭が見えやすくなるため青髭になりやすくなります。

毛穴の数や毛の太さが遺伝する確率は明らかになっていません。

顔の皮膚の薄い

顔の皮膚が薄い

深剃りしても青髭が解消されない方は、顔の皮膚の薄さが原因となっている可能性があります。

顔は体に比べて皮膚が薄いので、肌内部にある毛根が透けて見えることがあります。そのため髭を剃っても肌の表面の毛しか処理することができずに青髭になってしまいます。

皮膚の薄さが原因で青髭になっている方は、髭剃りでは青髭を解決することはできません。

皮膚が薄い方は、髭を薄くして皮膚の下から毛根が見えないようにする、または脱毛により毛根をとり除くことで青髭を解決できます。

 

男性ホルモンが過剰に分泌している

男性ホルモンが過剰に分泌している

髭の濃さに大きく関係しているのが男性ホルモンのテストステロンです。

テストステロンは生殖の向上や男らしい身体を作る上で欠かせないホルモンであります。しかしテストステロンは体毛の成長を促す役割もあるため、過剰に分泌すると青髭の原因になってしまいます。

テストステロンは生活習慣の乱れによって過剰に分泌されます。以下のような生活習慣がある方は青髭の原因を作り出している可能性があるので、注意が必要です。

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 運動習慣がない
  • 喫煙
  • ストレスをためている

青髭に効果のある4つの対策

青髭に効果のある4つの対策

青髭に効果のある4つの対策について詳しく解説します。

  • ウェットシェービングを行う
  • コンシーラーで青髭を隠す
  • 抑毛ローションを利用する
  • 家庭用脱毛器を利用する

ウェットシェービングを行う

ウェットシェービングを行う

青髭の方が髭を剃る際にはウェットシェービングを行うことがおすすめです。

ウェットシェービングとはお湯で髭を濡らし、毛穴を開かせてからシェービングする方法です。

乾燥時に髭を剃るときに比べてより深剃りが可能で、剃った後の断面も綺麗に整えることができます。また肌を濡らして髭を剃ることで肌の負担も軽減することができます。

ウェットシェービングの手順は以下のようになります。

  1. 温水で洗顔して髭に水分を与え、毛穴を開かせる
  2. フォームやジェルを用いて髭を柔らかくする
  3. カミソリで髭が生えている方向に順剃りする
  4. カミソリで髭の流れと反対方向に逆剃りする
  5. 髭剃りの後に化粧水やアフターシェーブでスキンケアを行う

手順を守りシェービングを行うことでより深剃りでき、肌の負担を抑えることができます。シェービングで青髭対策したい方はウェットシェービングをおすすめします。

コンシーラーで青髭を隠す

コンシーラーで青髭を隠す

コンシーラーとはシミ、ホクロ、赤みなどファンデーションでは隠しきれない肌の色のムラをカバーできる化粧品です。

現在はメンズの青髭向けに作られているコンシーラーも多く販売されており、気軽に購入することができます。

コンシーラーは塗るだけで青髭を隠すことができる上に、コンパクトなためどこでも利用できます。コンシーラーの使用は1メートル範囲くらいでしか周りの人に気づかれることはなく、夜などの暗い時間なら気づかれる心配はありません。

メンズコンシーラーは以下の手順で使用します。

  1. 洗顔・髭剃り・スキンケアを行う
  2. コンシーラーを少しずつ肌に塗る
  3. 全体に広げて青髭との境目をぼかす

青髭を隠すために便利な商品ですが、水で顔を洗ってしまうとコンシーラーが落ちてしまうので、一時的に青髭を隠したい方におすすめの商品です。

抑毛ローションを利用する

抑毛ローションを利用する

抑毛ローションは毛の発育を抑制することができるローションです。

シェービングや毛抜きなどの髭の処理と違って肌にやさしく、敏感肌の方でも使用することができます。

また美容成分が含まれているローションもあり、化粧水などの保湿液として利用することもできます。安いもので500円から、美容成分を豊富に含む高いものは5,000円〜6,000円でドラッグストアや通販で購入可能です。

抑毛ローションの使い方は以下の手順となっています。

  1. 入浴または洗顔を行う
  2. 髭剃りを行う
  3. 抑毛ローションを髭が生えている部分につける
  4. 染み込んだことを確認して、重ね塗りを行う

抑毛ローションは毛の発育を抑えることができますが、脱毛効果はありません。また即効性は期待できず、毛が剛毛の方にはあまり効果はありません。

そのため毛が剛毛ではなく青髭の方で、髭を薄くしたい方におすすめの商品です。

家庭用脱毛器を利用する

家庭用脱毛器を利用する

青髭を薄くしたい方は家庭用脱毛器の利用をおすすめします。

家庭用脱毛器は自宅で気軽に脱毛を行うことが可能です。脱毛サロンに通うのが難しい方や、忙しい毎日を送っている方でも脱毛することができます。脱毛サロンで使用されている機器より照射出力が弱いので、痛みが少なく使用できるところがポイントです。

しかし家庭用脱毛器は照射出力が弱いため、青髭を完全になくすことは難しいです。そのため青髭を完全に治したい方は脱毛サロンに通うことをおすすめします。

青髭のNG対策3選

青髭NG対策3選

青髭対策には様々な方法が紹介されていますが、間違った情報が存在してます。

正しい対策を行わなければ逆にデメリットしか存在しない場合もあります。今回は青髭の3つのNG対策についてご紹介します。

毛抜きで髭を抜く

毛抜きで髭を抜く

毛抜きで髭を抜くと一時的に毛が生えて来なくなりますが、脱毛効果はありません。

しかし毛抜きで髭を抜くことには様々なデメリットが存在します。

毛抜きで髭を抜くと肌に負担がかかり、ニキビのような炎症を起こしてしまうこともあります。また髭を抜いて開いた毛穴に皮脂や汚れが溜まることで肌が黒ずんで見えるようになります。さらに髭を抜く際にかかる肌の刺激によってメラニン色素が発生し、色素沈着が起きることもあります。

このように毛抜きで髭を抜くことはデメリットが多いので、青髭対策として行うべきではないでしょう。

 

脱毛クリームを利用する

脱毛クリームを利用する

除毛クリームはタンパク質を溶かす強い成分が含まれており、毛を処理することができます。そのため比較的、刺激に強い足や腕などの体毛の処理によく使われます。

しかし顔の皮膚は他の部位と比べて刺激に弱く、除毛クリームを利用すると肌荒れを起こしてしまう危険があります。また成分によって肌と合わずにアレルギーを起こす恐れがあります。そのため除毛クリームを青髭に用いるのは避けるべきでしょう。

日焼けで青髭を目立たなくする

日焼けで青髭を目立たなくする

日焼けで青髭を目立たなくする方法は一時的に、青髭を隠す効果があります。

しかし紫外線を浴び続けると、外部の刺激から肌を守るために髭が濃くなってしまうことがあります。また紫外線はシミシワの原因になります。

さらに肌が黒くなると、脱毛サロンに通っても脱毛の効果が下がります

光脱毛やレーザー脱毛は黒い毛根に照射を合わせ脱毛しますが、肌が黒いと照射が反応しずらくなります。そのため日焼けすると広範囲に光やレーザーの照射を行う必要があり、肌の負担が増え、脱毛効果の低下すると言われています。

そのため日焼けで青髭を目立たなくする方法は、一時的な効果しか期待できないので控えましょう。

青髭を治したい方は脱毛サロンがおすすめ

青髭を治したい方は脱毛サロンがオススメ

一回あたりにかかる費用 3,000円
青髭が解消されるまでの回数 5〜8回
ほとんど髭が生えて来なくなるまでの回数 15回〜25回

青髭を根本から治したい方は脱毛サロンに通うことをおすすめします。

脱毛サロンが行う髭脱毛は光脱毛を用いています。光脱毛は毛根に光を照射しダメージを与えて、毛を取り除く方法です。

サロンで行われる光脱毛は効果的な方法ですが、一回あたり3,000円程度の費用がかかります。

光脱毛は青髭が解消し髭剃りがラクになるまで5〜8回、ほとんど髭が生えなくなりツルツルになるまでに15〜25回程度の施術が必要です。よって複数回の施術を受ける必要があるため、費用が高額になります。

Men’s selfの光脱毛はセルフで光の照射を行うため、通常の光脱毛の価格より安く他の脱毛サロンと同じ効果で施術することができます。

Mens’ Self(メンズセルフ)では髭脱毛を含む顔全体の脱毛が月額2,728円で最大38回まで利用可能です。

現在500円で脱毛体験を行っています。脱毛を試してみたい方は、下記のリンクからお申し込みください。

青髭 まとめ

今回は青髭の原因、青髭に効果のある4つの対策、青髭のNG対策3選、青髭の治し方について解説しました。

青髭はほとんどのケースで遺伝要因が大きく生まれた時に決まっていることが多いです。しかし正しい対策を行うことで青髭を目立たなくする方法や、薄くすることは可能です。しかし根本的に青髭を治したい方は脱毛をおすすめします。脱毛することで青髭に悩みを確実に解消することができるので、ぜひ一度脱毛サロンを利用してみてください。

Mens’ Self(メンズセルフ)では髭脱毛を含む顔全体の脱毛が月2,728円で最大38回まで利用可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP