脱毛すると同時にシミ取りもできる!メカニズムや一時的に濃くなる理由をご紹介

「脱毛すると同時にシミ取りもできる?」

このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

もし、脱毛とシミの関連性について詳しく知ることができたら安心ですよね。

そこでこの記事では、

  • 顔を脱毛すると同時にシミ取りもできるメカニズム
  • 脱毛するとシミが一時的に濃くなるワケ
  • 脱毛することによって新しくシミができることはある?
  • 脱毛後にシミができるのを予防するアフターケア
  • 万が一脱毛後にシミができた場合の対象法

について徹底的に解説していきます。

この記事を簡単に説明すると…
  • ・脱毛するとシミのメラニン色素に反応してシミが薄くなることがある
  • ・脱毛後シミが一時的に濃くなることがあるが薄くなる前に表皮に浮かび上がっているだけなので問題はない
  • ・脱毛に使われるレーザーや光には紫外線が含まれないので基本的にシミが新しくできることはない
  • ・ごくまれにシミができたという人もいる

\1,000円の脱毛体験でツルツルに!/
脱毛の体験申し込みはこちら

  • 脱毛後にシミが新しくできるかすぐに知りたい方はこちらをクリックして飛ばしましょう!

顔を脱毛すると同時にシミ取りもできる理由|施術後に消える?

脱毛は光やレーザーを毛の黒いメラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えます。

シミやほくろは肌の内部でメラニン色素が沈着したり増殖したりすることが原因でできてしまいます。

そのため、顔脱毛をすると毛だけでなくシミやホクロのメラニン色素にも反応して毛と同時にダメージを受けます。

ダメージを受けると次第にシミやホクロが薄くなっていきます。

脱毛直後にシミが一時的に濃く見える原因

脱毛直後にシミが一時的に濃く見えるという報告があります。

しかし、これは光やレーザーによってダメージを受けたメラニン色素が皮膚の表面に押し出されはがれ落ちる前兆です。

そのため、肌の表面の細胞が生まれ変わっていくと同時にシミやホクロも薄くなっていきます。

脱毛と同時に肌を綺麗にしたいならメンズセルフの1000円でできる脱毛体験がおすすめ

Men’s Self の脱毛器はIPLという美肌にも効果がある機械を使用しています。

実際にシミが薄くなったり、膝やデリケートゾーンの黒ずみがなくなった方がたくさんいます。

また、光を拡散させながら脱毛を行うのでやけどのリスクが非常に低いのも特徴的です。

まずは、1000円でできる脱毛体験に申しこんでみましょう。

\1,000円の脱毛体験でツルツルに!/
脱毛の体験申し込みはこちら

脱毛することによって新しくシミができることはある?考えられる原因を徹底解説

脱毛に使用する光やレーザーには、紫外線は含まれていないので基本的にシミができることはないです。

しかし、可能性は低いもののごくまれに脱毛を受けた後にシミができてしまう人もいます。

この記事では、脱毛後にシミができる考えられる原因と予防法について徹底的に買解説していきます。

脱毛することによってシミができる原因は以下の4つが考えられます。

  1. 軽度のやけど
  2. 脱毛後の敏感な肌に紫外線を浴びてしまった
  3. 脱毛の刺激によるメラニンの過剰生成が起きた
  4. 肌に合っていなかった

軽度のやけど

基本的に脱毛でやけどをすることはほとんどありません。

しかし、まれに脱毛サロンやクリニックの施術者の技術が低かったり、脱毛機器が肌に合わなかった場合、軽度のやけどを起こす場合があります。

やけどが起きてしまった場合、適切な治療を行わないと跡が残り、シミになってしまうことがあります。

脱毛後にやけどになってしまったと気づいたらすぐにサロンやクリニックに連絡をとりましょう。

脱毛後の敏感な肌に紫外線を浴びてしまった

 

脱毛の施術を受けた後の肌は、自己処理や光、レーザーによって肌にダメージが加わっているため非常に敏感になっています。

そのような繊細な状態で紫外線を浴びてしまうといつも以上に肌を守ろうとしてメラニン色素を作り出してしまいます。

さらに、光やレーザーによって色素沈着を起こす可能性も高くなってしまうため、脱毛を受けた後は紫外線を浴びないようにしましょう。

脱毛の刺激によってメラニンの過剰生成が起きた

脱毛の自己処理や光、レーザーのダメージは普段肌が受けないようなダメージです。

そのため、脱毛をすると肌はいつも以上に肌を守ろうとする防御反応を示すことがあります。

その結果、メラニン色素を過剰に生成してしまったり色素沈着を起こしてシミになってしまうことがあります。

肌に合っていなかった

ごくまれに、脱毛の光やレーザーが肌に合わず施術後に炎症を起こしてしまう人がいます。

炎症が起きた後に、放置しているとシミや色素沈着を起こす可能性があります。

肌が弱く心配な方は、サロンやクリニックの方に相談してテスト照射してもらうようにしましょう。

脱毛後にシミができるのを予防するアフターケア5選

脱毛後にシミができるのを予防するアフターケアは以下の5つです。

  1. 炎症している部位をアイシングする
  2. 施術後にしっかりと保湿する
  3. 紫外線対策をする
  4. 施術した日は湯船、運動、アルコールは控える

炎症している部分をアイシングする

施術後に、炎症している部分がある場合、すぐにアイシングをしましょう。

ドラッグストアやスーパーなどで売っている保冷剤を炎症している部分にあててみたり、濡れたタオルを冷蔵庫に入れて冷やしてから患部に当てるなどしましょう。

施術後にしっかりと保湿をする

肌が乾燥してしまうと、肌を修復するサイクルが遅れてしまい、シミや傷の修復が遅れてしまい跡が残りやすくなってしまいます。

そのため、脱毛後はクリームやローションを使ってしっかりと保湿をするようにしましょう。

紫外線対策をする

脱毛後の通常より敏感になっている肌はしっかりと紫外線対策をして守るようにしましょう。

紫外線対策のポイントは以下の2つです。

  • 日焼け止めをこまめに塗る
  • UVカットができる日傘や、帽子を着用する

施術した日は湯船、運動、アルコールは控える

脱毛後に体温が上がる行為をしてしまうと赤みやかゆみなどの炎症を起こしてしまいます。

特に、以下の3つの行動はとらないように注意しましょう。

  • サウナや湯船に入浴するのは避ける
  • 筋トレなどの激しい運動はしない
  • お酒は飲まない

万が一シミができてしまった場合の対処法

脱毛後に万が一、炎症や痛みが起きてしまった場合はすぐに施術したサロンやクリニックに連絡をしましょう。

素早く適切な処置をすることによってシミにならない場合があります。

また、施術後にすでにシミになってしまった場合も相談しましょう。

サロンやクリニックによっては皮膚科を紹介してくれたり治療代を負担してくれる場合もあります。

そのためにも医療機関と提携している安心できるサロンやクリニックを選ぶようにしましょう。

施術後の肌トラブルが心配な方はまずはメンズセルフの脱毛体験がおすすめ

Men’s Selfの脱毛は照射の強さを5段階で選ぶことができるため、肌が弱い方はまずは一番弱い照射から行うようにしましょう。

また、自分の肌が脱毛に合うか確かめるためにもいきなり複数回の契約を結ぶのではなく脱毛体験で肌に合うか確かめるのをおすすめします。

Men’s Selfは医療提携サロンであるため万が一、炎症や赤み、シミが出てしまった場合、提携医にすぐにオンライン診断を行うことができるので安心です。

\1,000円の脱毛体験でツルツルに!/
脱毛の体験申し込みはこちら

脱毛 シミ まとめ

この記事をまとめると…
  • ・脱毛するとシミのメラニン色素に反応してシミが薄くなることがある
  • ・脱毛後シミが一時的に濃くなることがあるが薄くなる前に表皮に浮かび上がっているだけなので問題はない
  • ・脱毛に使われるレーザーや光には紫外線が含まれないので基本的にシミが新しくできることはない
  • ・ごくまれにシミができたという人もいる

この記事が脱毛とシミの関連性に関して気になっている方のお役に立てれば幸いです。

PAGE TOP